仮に再就職を考えたとしても、あらゆることが首尾よく運…

転職を目指そうとしても、何もかもが都合よく運ぶという確証はありません。

  • 仮に転職を考えたとしても、あらゆることが首尾よくいく確証はどこにもありません。どうせするなら、いつか、転職しようと思っているなら出来るだけ早い時期に行動に移すべきでしょう。一般的には、20代の若いあいだは良い展開を期待できますが、残念なことに、30代後半~40代になってしまうと転職自体がかなり厳しいものと理解しておくべきです。要職を担当している場合、転職を考えていても現在の会社にとどまることも選択項目に含めておくべきです。ようするに、退職後に転職活動をするよりも、現在の仕事は続けながら堅実な未来を模索しておいた方が賢明といえます。
  • 就労中は可能なかぎり周囲にバレないよう(私の例です…

  • 就労であるのなら、できたら、バレないよう(私のときは)在職中に「転業するかも」という考えのみ早期に社内で知らせたことがありました。が、その後に求人をあれこれ見ていったものの、働く先も仕事を変えるタイミングも無計画なまま決まらないまま、ズルズル時が過ぎてしまい、会社のほうは、業務の引き継ぎや手続き、退職予定日などが段々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失業期間を経たあと、次の就職先を探す流れになりました。
  • 転職をする時に面接でほぼ必ず聞かれるのは前に働いていた会社を退職し…

  • 転職時の面接でほとんど質問されるのは会社を辞職した理由についてです。この質問に回答する際には前職に話題の中心を当てない方が好ましいです。会社を辞めるに至った経緯を的にしてしまうと絶対にマイナス要素を取り込んだ話題になってしまいます。この話の良い進め方は、なぜ前の職場を辞めたのかという事をこの職場に絶対に入りたかった理由があるという感じの話に進めていくということで、今、自分が入りたい会社に話の内容を向けていくべきなのです。転職理由でも、自分が行きたい会社の話になるのでマイナス面を消しプラス面を印象づける辞職の事情にすることが可能です。
  • 派遣で会社で働いています。派遣法の関連で長期間勤務していた…

  • 派遣で働いています。派遣法とか労働契約法のからみでずっと働いていた派遣先での勤務があと数週間で終了します。仲間の派遣社員の中には派遣先で直接雇用の待遇を獲得した方もいるのですがそれははっきり言うと仕事ぶりというよりは派遣先の上司へのあしらい方がうまい人でそのおかげでお引き立てがあったとしか考えられません。仕事の能力よりおじさんに媚びる能力の方が必要なんだねーと派遣仲間の同僚と職場で愚痴る日々です。
  • クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接にチャレンジする際に…

  • クールビズの格好をして転職の面接会場に行こうとする際には、ジャケットは着込まなくても良いとはっきりとしています。ですが、ネクタイはつけて行った方が良い印象を与えてくれるのでお勧めです。タイの着用はなくても大丈夫だと考える企業もある場合もあるにはあります。ですが、ことネクタイだけは例えクールビズであろうと必ず着用するべきだと思っている企業がまあまああります。そのような訳で、例えクールビズ(軽装)が許可されていてもネクタイに関しては着用いく方が良いというのはわかっておいてください。
  • 初めて転職を行うのであれば、頭に入れておくべきなの…

  • 初めて転職する場合、気を付けるべきことはなぜ現職を辞めたいかをはっきりしておくことだと断言できます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくのが無難でしょう。その上で問題を解消してくれそうな会社を決定することになります。転職活動は、在学中の就職活動とは異なり、今の仕事を勤めながら転職活動しなくてはならないことから、時間と体力が必要です。ゆえに理由を明確にせず転職しようとした場合、途中で挫折してしまうおそれがあります。是が非でも転職したい、現状を変えたいという強固な情熱がないのであれば、転職活動を始めるのは、待っておいたほうが良いでしょう。
  • 再就職をする時に閲覧することになる募集要項の情報というの・・

  • 転職をする際に注視する求人内容については通常のものとして掲載されている、という可能性も少なくはありません。ですから、記載されている情報は100%正しいことだとはあてにするのはやめておいたほうがよろしいでしょう。とりわけ報酬の金額などに関しては、一般的な金額なのか?それとも最低限の金額なのか?最高額なのか?という評価ができない人のほうが多く適当な判断で決め込んでしまうと、後からそのことを悔いる事も少なからずあるでしょう。そのため、そんな風にならないためにも、求人に掲載されている情報はだいたいのものだと考えて、そういった重要な内容は会社に直に確かめてみた方がベストです。
  • 転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接官から「転職理由をお聞かせください」…

  • 転職時の面接の時に人事から「転職理由は?」と100%の確率で質問されます。この時、いくらあなたが正しくとも、以前の職場の労働環境や人間関係に関しての愚痴ともとれる返答などは、出来るだけ避けましょう。というのも、仮にそういった不満を回答すると、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを無駄にしてしまいかねません。面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることが大事です。事実とは異なっていても、「新しい職場では自分のキャリアを十分生かし、御社に貢献していきたいと考えています。」といったような未来形での話ぶりが良い結果につながるのです。
  • 働く中で精神的な負担が増え、転職しなくてはいけない状況に至ったなら、…

  • 仕事をするにあたって心的な負担がかなり増え、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そんな時は、相談するのは会社の人にするより家族などの近しい存在の人と相談しながら会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。なぜかというと、働くということは自分のためでもありますが、身内の問題が第一にあるからです。どんなに高給をもらっていたからといって、精神が追い込まれるまで我慢して働くことは、好ましい状況とはいえません。現在の社会では、物質的なことよりも、働きやすさが優先で前提にする生き方も徐々に認められつつあります。ですから、あなたの家族、あなた自らの心も大切にしましょう。
  • 古来より”石の上にも3年”という諺がありますが、昨今、…

  • 「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、現在の社会では「終身雇用制度」は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、一般的な事柄となってきています。ですが、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、やたらとそれを選択するのは考えものです。転職しようと考える場合、タイミングを捉える必要があります。初歩として、今やっている職場、や仕事内容について、不満に思っている点を5~10個ほど、リストアップしてみてください。そうしておくことで、転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、できるだけ早急に今より良い仕事ができるように努めることも大切です。