転職における採用面接に転職希望の会社へ行ったときのことです。

転職のための採用面接を受けに転職したい会社へ出向いたときのことです。

  • 転職の採用面接を受けに行きました。たまたま会社にある部屋が空いていないということで外部の場所で面接官と待ち合わせをして面接を行って、その場で解散ということになり、面接をした方も会社に帰らず直接自宅に向かうとのことでしたが、偶然にも下りる駅が私と一緒だったのです。そのため電車の中でも面接官と一緒に話をしながら帰宅することになり、その結果打ち解け面接しているよりも話が弾み、それが奏功したからなのか何の問題もなく採用を獲得することができました。
  • もしも転職することが、今働いている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、…

  • もし転職することを、今勤めている会社の人たちがあなたの転職を知ると状況が大きく変わるおそれがあります。周囲との付き合い方によっては、意地悪ややっかみのおそれもあります。ひどいケースでは、残業時間を意図的に増やされる仕打ちも考えられるので、むやみに転職のことを口にするのは注意が必要です。そういった状態を回避するため、今の仕事場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。充分に警戒しておけば、良い関係をギリギリまで残したまま、最高の形で会社を去れるはずです。さらには、何の問題もなく円満退職できれば、転職後にも、あなたが何かあったときに相談できるはずです。規模や業種に関係なく、何処の会社も人とのつながりはとても大切であるため、辞める際のトラブルは、なるべく回避しておきましょう。
  • 女性が転職する際、一昔前と今とで若干、違いがあります。

  • 女性が転職する場合、数年前と近年とでは少なからず、違いがあるようです。一昔前は、「結婚観」や「出産後の仕事」など、ごく当たり前に女性たちへ質問していました。ところが、今現在はそういった内容は「セクハラ」の恐れがあるとして、聞かれないことのほうが多くなってきています。そして、名の知れた大きな会社の場合は、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。ただし、会社側は、はい・いいえ、の2択ではなく、その女性の価値観「結婚後も働きたいのか」出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを漠然とは知っておきたいとは思っています。自身の考えをわかっておいてもらうためにも、自己PRや志望の動機と併せて言い表すことで、会社側にも認識してもらえ、また、疑問も解消できると考えられます。というワケで、聞かれていない箇所についても、先にあなたから会社にとっては必要な情報と捉え、答えてみることを考えてみてください。
  • 転職をするとき、前もって、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を閲覧したり・・

  • 転職を行うにあたっては、予め、ネット上で求人サイトを閲覧したりしてその会社のことを調べるでしょう。しかし、その会社が情報を載せる際には、コンサルタントが主導している場合が多いです。コンサルタントは、会社にとって都合の悪い情報を隠す能力に長けています。たとえ公開したとしても差しさわりのない表現をします。そのような社長の方針や社員の感想については、額面通りではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。仮に美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、あれこれ言いがかりをつけて辞めさせないように画策しています。その手の、いわゆる「ブラック企業」の求人にはよくよく注意しておきましょう。
  • 転職しようと考えている会社での見学に参加すると良い勉強になります。

  • 転職候補先の見学ができれば、たいへん勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」さんがいる会社では、職人技を近い距離で見られるので楽しくなります。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ例外なく、本当の仕事現場を見せてくれることはまずありません。例を挙げるとブルーワーカーなどの分野です。この業種では、個人のプライドが強いので入社した後までは本来の姿は伺えません。ですから、仕事は見学で見たものだけだと考えないことが大切です。また、会社見学時に実際に仕事体験させてくれる会社はとてもキケンですし、正直言って、「論外」です。雇用契約を結んでいない人にはもし何かトラブルが発生しても、それに対する保証も一切ないので、仕事体験ができる、と言われても丁寧に断ることが大事です。
  • 転職活動をしているなら、気になる求人(あるいは業界)…

  • 今後転職活動をされるなら、気になった求人(OR 業種)を見付けるたびにしっかり「〇〇業、ブラック」でネットで調べておくべきです。求人票・転職エージェントの言葉からはその業界に関するマイナスとなる面は、アドバイスはないものと思っていてください。インターネットで調べればネット検索でいとも簡単に実態を知ることができます。そういう面を知らずに入社した場合、後々にしっぺ返しを食らう可能性が高いです。そもそも求人が出ている理由が、「仕事内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」といったケースも多いので、目に留まった案件・業種については、下調べをし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。
  • 再就職先を探している間は、無意識のうちに時間があるため、…

  • 転職期間では無意識のうちに時間があるため、気が緩んでしまい、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。けれども、そんな風な過ごし方は危険です。なぜかというと、だらけてしまった生活を続けると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも問題が出てくるからです。だんだんと、仕事をしようとする気力がなくなり、お金に困ってしまうかもしれません。そのまま、生活も仕事も悪循環になり次の職場がきちんと見つけられなくなります。再就職先をハッキリ決められないのは、もらえるお金を一番に考えるようになるからです。もらえるお金を第一に転職先を探すことになるとやりがいを求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラダラした生活は、転職活動中には必要ないのです。
  • 転職をしようとするときに、まずは今の会社を辞めてから…

  • 職を変える際に、まずは今の会社を退職してからと考える方もいますが、そういった場合ボーナスをもらえる日について考えておきましょう。社員にボーナスを支給する企業はたくさん存在しますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスをもらえる日がもう少しのときには、ボーナスが振り込まれたのを確認してから退職するというのも賢明な方法です。ボーナスはってかなり多くもらえるはずなので、手に入れておいた方がいいとも分かりますから、会社を辞める決意をしたならいつまで待てばボーナスが入ってくるのかを確実に頭に入れておく方が賢いやり方です。
  • 好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は気をつけた方が良いです。

  • 好きなことを仕事にしたいと思っている人は要注意です。これは、私の体験に基づいたことなのですが、私自身、食べることが大好きでそれが理由で、以前は、飲食店で仕事をしていたことがあります。そのレストランでの仕事内容は、そのレストランで私が任されていた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。けれども、職場の人間関係にすごく疲れてしまいました。そのことが原因で、職場を離れたのですが、その結果、食べること、そしてその飲食店で提供されていた食べ物も嫌いになってしまい、類似の店には現在も行くことができません。当時の店のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事に就いた当初、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分自身の好きな分野の仕事に就きたいと願い、実現できるのは本当にステキだと思います。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、冷静に問いただした上で行動するべきです。
  • 安定した生活基盤を希望して正社員として働きたいと思っている人…

  • 安定性を送ろうと正規の雇用社員になりたい人はかなり多いのが現実だと思います。が、役立つスキルを身に着けたりして相当に頑張っているのに正社員として雇い入れてもらうことが難しいこともあるでしょう。派遣社員の求人情報は結構あるのに正規雇用の求人に執着し、応募しない人も多いでしょう。しかしあなたが、中々正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、非正規雇用者の求人募集にも目を通してみましょう。契約社員や派遣社員の募集を掛けている企業でも、実力次第で、2,3年で契約社員から正社員への転身が図れることもあるからです。ですので面接の最後に「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかを尋ねておけば、将来設計も組みやすくなります。