転職の準備をしようと人材会社に登録に向かいました。

先日転職のために人材紹介会社へと登録に出向きました。

  • 転職先を探すために人材会社に登録に向かいました。そこで私のカウンセリングのために出てきた担当者が見たところ社会人経験の少ない社員のようで、私が説明したことの5割もその社員はわかってはいない感じです!さらに「キャリアデザインが全然ですね」とか「きちんとと自分の強みと弱みを理解しておくことが重要です」等、一人前のように横柄に言うから大変不快な気分になりました。カウンセラーはそれなりには社会人を経験している人にしてほしいものです。
  • 転職を目前にしているなら、現在勤めている会社を辞める時に…

  • 転職を予定しているのなら現在勤めている会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、もしも自分のほうから退職願を出して会社を去る、いわゆる依頼退職においては即座に失業保険が出るのではなく手続きをした後に失業が確認されてから3ヶ月経ないといけないのです。よく勘違いして辞めた次の日から3か月経てば給付されると誤解している人がいますが、この規則について誤解している人が、ハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってその結果ハローワークの職員とトラブルになっているのを見たことがあります。ですが、自己都合ではなくリストラなど会社の都合で退職する場合は、失業認定されて即座に失業保険をもらえます。
  • 就職活動において、年収は大変大切な要素です。

  • 就職活動において、年収はとても重要な要素です。面接の時、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実にもらっている年収よりも多めに申告し転職先での年収を増やそうと画策するのは辞めておきましょう。というのは、「源泉徴収票」が必要なため、一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、現在の年収が400万円の人が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえば通常あり得ません。今の年収が430万円だとすると、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが無難です。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、その後、退職しなくてはいけなくなる状況も考えられます。
  • 転職エージェントと転職サイトを通じて、転職活動する人は年々増えています。

  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを使って、転職活動する人は少なくありません。とはいっても、より転職の可能性を高めたいなら、転職フェアを利用するのがいいでしょう。転職フェアは、数多くの企業が一堂に会するイベントです。参加することによっていろんな企業について知ることができますし、それだけでなく、その場にいるスタッフ(説明員)から、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。仮に、転職フェアに行く機会があれば、1次面接を受けるつもりで自分をアピールする準備をしておきましょう。それが奏功してフェアを通じて、企業側から欲しい人材と思われれば、後に応募して面接に進む際にとても有利になると期待できます。
  • 転職について考えた場合、転職先となる職場における自分の給与について気にする人…

  • 転職というものを考える際、その職場の年収を気にしすぎる人が意外と多いように思います。大半の人は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給料として得るために精を出しているはずです。ですから自身がどのくらい評価してもらえるか、としての側面もあるから当然大切なものであることは否定できません。しかし、あまりにもらっている年収額に異常にこだわりすぎるのも人生を損してしまう気がしませんか?それより年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的に満たされる可能性がゼロではないからです。
  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、仕事を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。

  • 失業保険の給付については、職を探していることの証明が必要になりますが、しかし、「会社に行かなくて良いし、しばらくはのんびりと過ごしたい」と思うのが現実だと思います。ですので、本当に仕事探しをしているように、見せる方法があるので紹介します。月に一回ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは不可避ですが、その場で求人票を閲覧することが最低限しておきましょう。真剣に探す気が無い時には、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、面談の際に、「やっていけそうに思える仕事が意に反してありませんでした」と言って、次に期待しましょう。
  • 求人に係る情報をチェックする時、例えば、事務系の仕事がしたいからと・・

  • 求人を見るとき、例えば、事務系の仕事が希望だからと、はなから製造業に目を通さない人がいます。そんな人のほとんどは「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と誤解しているケースもあります。現に、製造業での求人でも、現場作業者だけでなく、経理、総務などの従業員募集から、資材、購買、営業管理のような「事務系」に類する仕事がかなりの数あります。でも、製造業の職場自体、ビジネス街から離れているので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そこがマイナスに感じられるかもしれません。ただし、自らのこだわりを捨ててみることで仕事の選択肢が拡がるはずです。
  • 将来に目を向け、楽しみを見出しながら転職と向き合えれ・・

  • 楽しく過ごしつつ、転職と付き合っていけば、メンタル面への負担も軽減されるので、転職活動の間の堕落も避けられるでしょう。おまけに精神的な箇所が良好な状態であれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つかるはずです。理想的なのは、休職せずに転職先を見付けることです。今の会社を退職せずに次の仕事を見付ける形が理想といえます。それに、ブランクをつくらなければ今の仕事を辞めたあと、すぐに働けます。そういった形にしておくと、仕事をしていない空白の期間がなく、将来に響くこともありません。すなわち、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。先を見据えて、円滑に転職活動を進めていきましょう。
  • 転職の時にする面接での身なりはクールビズでもOKとと書いてあるケースもあるようです。しかし…

  • 転職の面接において企業側からクールビズでも大丈夫ですよと伝えられる場合もあるようです。ですが、なかには、クールビズの格好は減点対象になるのでは?と考えてしまいます。クールビズに関する不安を心に抱いている方に伝えたいのは、クールビズでも大丈夫だと言われている面接なら、伝えられていることをそのまま実行したほうが間違いないです。迷いすぎて、暑苦しい最中しっかりとスーツを着ていくと相手側に不自然に思われますから、会社側からクールビズでお越しくださいと伝えられたらクールビズで行く方が好ましいのです。
  • 派遣でのお仕事が決定しました。

  • 派遣でのお仕事が決まりました。就業の初日に派遣会社で営業を担当している方と勤務先の近くのコンビニエンスストアで合流する約束だったのですが、営業担当者が約束の店の前にいないので店の中にいるのだろうと思いコンビニの中に入ってみたら営業担当者はこともあろうに雑誌売り場でしゃがみ込んでいかがわしいグラビアのところを開けてじっと見ているのを発見しました。こんな担当者のお仕事なんて人間としてプライドが許さないことだと感じて、その場で声をかけることなくこっそりとコンビニの外へ出て即刻派遣会社に辞退の連絡をしました。