昨日転職活動の一環として人材紹介会社へと登録に行きました。

この前新しい仕事を見つけるために人材会社へと登録に向かいました。

数日前転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に向かいました。そのときカウンセリングをするために現れた担当の人が見たところ入社間もない新入社員で、こちらが説明をしていることの5割もわかっていない感じ。にもかかわらず「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておくことが大事でしょう」とか、一丁前の話を横柄にのたまうから大変嫌な気分になりました。カウンセリング担当者はそれなりに社会人経験がある人にするべきです。

転職に先立って現在勤めている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが…

転職を行うにあたって、現在働いている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もしあなたの側から退職届を書いて退社する、いわゆる自己都合退職のケースでは失業保険をすぐに受け取れません。手続きをしたのち、失業したことが認められてから3か月経ってやっともらえるのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると思っている人がいますが、この規則をわかっていない人が、本当はもらえるはずだと言い張ってハローワークの職員さんと揉めているのを見たことがある。例外として、自己都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定されて直ちに失業保険をもらえます。

転職活動では、「年収」が話題に上がります。

就職活動において、年収はとても大事な要素です。面接において、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、多額の年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。源泉徴収票が必要となるため、仮に一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、遅かれ早かれウソはバレてしまうからです。ときにはトラブルになることもあるので、現職での年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。なお、年収400万の人が転職後に500万円となる可能性は極めて小さいです。現在が430万円の年収であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが良いでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのに退職に追いやられる事態になることもあるので、注意しましょう

転職エージェント、そして転職サイトを用いて、転職活動する人は年々増えています。

転職エージェントと転職サイトを使用して、転職活動する人は少なくありません。さらに、より確実に良い仕事を探したいのであれば、並行して転職フェアに行くのがよいでしょう。多くの企業が一堂に会することから、参加することで複数の企業に関する情報に触れることができ、さらに、説明担当の企業スタッフから、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。転職フェアに行くときには、面接に行くつもりで良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。それが功を奏してフェアの期間中に企業側に必要な人材と思わせることができれば、正式に応募して面接に進む際に大きなアドバンテージになるでしょう。

転職する場合、転職後の年収について気にしすぎる人が案…

転職というものをする場合、その職場の自分の年収ばかりを気にする人は、そこそこいるようです。もちろん大部分の方は仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を稼ぐために仕事を選択するでしょう。とうぜん自分の価値を測る指標という面もありますからとうぜん大切なものとして扱うのは無理もありません。しかし、ひどくもらっている年収の額ばかりを固執しすぎる生き方というのも考えものです。それより年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的に満たされる可能性が多々あるからです。

失業保険の給付は、職探しをしていることが条件になります。

きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職探しをしていることを理解してもらわなければいけません。としても、現実は「今まで忙しすぎたので、とりあえずは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」というのが現実でしょう。なので、真剣に就職活動しているように見せることができるので教えておきます。月に一度ハローワークに行って担当職員と面談するのは当然ながら必要として、その場で求人票を閲覧することが最低限やってください。真摯に探す気が無い時には、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、ハローワークスタッフとの面談の際に、「労働条件のいい仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が残念ながら今回はありませんでした」と相手に言い、次の機会まで待つという方法もあります。

求人に関する情報をチェックする折、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人は、…

求人をチェックする際、例えば、「デスクワークがしたい」という人ほどはなから製造業をあまりチェックしていませんが、そのような人というのは、「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と間違って解釈しているケースもあります。現に、製造業の求人であったとしても、経理、総務といった人材募集に加え、購買、営業管理といった「事務系」に準ずる仕事がとても多いです。ですが、製造業の職場自体、オフィス街でないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。そうした事には自身のこだわりを捨てることで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

楽しく過ごしつつ、転職と向き合っていけば、メンタル面での重荷も少ないので、…

将来に目を向け、楽しみつつ、再就職に向けての転職活動と向き合えれば、精神的な重荷も少ないので、結果として転職活動の間に堕落しないで済みます。メンタル面が良好な状態のままであれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つけられるはずです。一番の理想は、スムーズな隙間のない時間で転職先を見つけることが大事です。一番は働きながら新たな仕事を探すのがベストです。そのうえ、休職期間をなくすことで、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そうすることで、仕事をしていない空白の期間がなく、今後に響きません。要するに、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来的な展望を踏まえつつ、スムーズに転職活動を進めてみましょう。

職を変える際の面接についてですが会社側からクールビズでお越しくだ…

転職の面接において企業側からクールビズ可とと連絡が来る場合もあります。ですが、なかには、クールビズで面接を受けるのは実際は良くない印象になるのでは?と感じてしまう人もいます。そのような思いを抱え込んでしまっている方々に進言したいのは、企業側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接なのであれば、伝えられた内容をそのまま実行したほうが正しいです。疑心暗鬼になり、明らかに暑い時期にスーツをびしっと着ると面接担当者に不自然な印象を与えてしまいますから、会社側からクールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズで行く方が好ましいのです。

派遣の仕事が決定しました。勤務1日目に派遣会社の営業担当…

派遣の仕事が決まりました。勤務の初日に営業の担当の人と派遣先の会社近くのコンビニエンスストアで落ち合うと約束をしていたのですが、営業担当者がどういうわけか店の前にいないから店の中にいるのだろうと思いコンビニエンスストアの中に入ってみたら営業担当者は雑誌コーナー前の通路に座り込んで卑猥なグラビアページを開いて読んでいるのを発見!こんな担当者の仕事なんてまっぴらごめんと考えて、声をかけることもなく店を出てすぐさま派遣会社に辞退をする旨の連絡をしました。