転職したい会社の採用面接に転職希望の会社へ出向いたときのことです。

転職の採用面接に希望先の会社へ伺ったときのことです。

転職の採用面接を受けにとある会社に赴いたときのことです会社で会議室がすべて他の客でつまっているということで外部のある場所で面接担当の人と待ち合わせて採用面接を行い、そのまま解散して、面接官もそのまま自宅に直帰されるとのことだったのですが、なんと自宅最寄駅が私と一緒。それで電車の中でも面接担当者とずっとおしゃべりしながらいっしょに帰ることになって、そのため緊張がほぐれ面接よりお話が弾み、それが原因か何事もなく採用を掴むことができました。

もし転職することが、今勤めている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと、…

転職することが、今の会社にいる人たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の雰囲気が一変するかもしれません。働く環境によって問題はないこともありますが、意地悪される可能性もあります。ひどいケースでは、残業時間をわざと増やされてしまうことも考えられるので、軽率に「転職します」と口にするのは考えものです。上記トラブルを避けるためにも、現在の職場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうしておけば、良い関係を最後まで保ちつつ、最高の形で会社を去ることが出来ます。さらには、何の問題もなく円満に退職できたなら、退職後であっても、あなたが困った際には相談できるチャンスにも恵まれるはずです。規模や業界に関係なく、どこの会社も、人とのつながりはとても大切なので、会社を辞める時のトラブルは、可能な限り控えましょう。

女性が転職する場合、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近とで・・

女性の再就職は、数年前と近年とでは多少の変化があるといいます。一昔前は、結婚の予定や出産後の考え方など、自然に質問されることもありましたが、今の社会では、そのような内容は、セクハラと捉えられるのを恐れて、聞かない企業、が増加傾向にあります。そしてまた、特に大きな会社の場合は、タブーとして神経を尖らせているようです。ただし実際、面接する側としては、YES・NO、で返答するのではなく、その人が、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいとは思っている事でしょう。自らの考えをわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望動機と混ぜながら話すことで面接官にも考えが伝わり、安心できると思います。というワケで、たとえ、聞かれていない内容でも、先にあなたから配慮し、答えておくのが良いでしょう。

転職活動を始めるにあたっては、最初に、ウェブ上の求人サイトを見たりして…

転職活動を始めるにあたっては、はじめに、求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したりして転職したい会社を調べるはずです。ですが、当該会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントからアドバイスを受けていることが少なくありません。彼ら(コンサル)は、会社に不利益となる情報を隠す傾向があります。仮に公表するとしても遠回しな表現に徹します。その類の会社や社員に関連する情報については、そのままを信じるよりも、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。鵜呑みにして入社した場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとで後悔するかもしれません。悪意ある会社は、素直な人間を取り込み、その後は、いろいろと言いがかりをつけていかにして辞めさせないようにするか画策しています。いわゆるブラック企業に多い例です。

転職候補に挙がっている会社で見学などがあるととても参考になります。

転職候補先での会社見学に参加するとたいへん勉強になります。そのなかでも「職人」さんがいる会社では、職人技を間近で見られるので楽しくもなります。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほぼ見学者には、いつもの仕事現場を見せてくれることはまずありません。その傾向が強いのはブルーワーカーなどの業種です。個人のアクが出やすい業種なので、実際に入社してみないと、本来の姿は伺えません。なので、会社見学で見たものをすべてだと考えないことがとても重要なのです。また、見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社は、かなり問題なので正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。正規雇用が結ばれていない場合、もし何かトラブルが発生しても、保障も一切ないので、担当者から勧められてもやんわりと断るようにしましょう。

これから先、転職活動をするのなら、良いと思う求人(あるいは業…

将来転職活動をするのなら、気になる求人(もしくは業界)を見つけたときにマメに「〇〇業、ブラック」でネット検索を掛けてみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントからはまずその業界に関するマイナス部分について教えてはもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、ネット検索を通じていとも簡単におおまかな実態を理解できます。そういう手間を惜しんで会社に入ると、後々に落胆してしまう可能性もあります。そもそも求人が出されていた理由が「内容がキツイからスタッフの出入りが激しい」といった場合も多くあります。気になる業種や案件に関しては、下調べをし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

転職活動中は、そういう風にしたいわけではないのに時間が有り余っているた…

転職期間中は、つい時間に余裕がある分、緊張感のない、ダラダラとした生活になりやすいですよね。けれども、そんな生活を習慣にしてしまうのはかなりキケンです。というのも、緊張感のない、だれた生活を続けると、「メンタル面」も不健全な状態になるからです。気づけば、働く気力がわかず、お金が回らなくなって困る事態となりかねません。そうしているうちに、負のサイクルができてしまい、再就職先をうまく見つけられなくなります。将来の決断ができないのは、もらえるお金を第一に考えるためです。給料を最優先に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そのため、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラダラした生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

転職をするのに、まず今働いている会社をきちんと退社してか・・

転職活動を行うのに、まず働いている会社の退社手続きを終えてからと思っている人もいるでしょうが、そういった場合には会社がいつボーナスを出すかを事前に確認しておきましょう。ボーナス支給がある会社はそこら中に存在しますが社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが入る日がもう少しのときには、その日の後で辞めるというやり方もおすすめです。ボーナスはそれなりにたくさん入るので、もらわないのはもったいないとも明らかなわけですから、会社を辞めようと思ったらボーナスの時期を最初に調べておいた方がボーナスをもらい損ねないと思います。

自分の得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は注意が必要です。

趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意が必要です。これは、私が体験したことなのですが、私は、食べることが大好きだったのですが、過去には、料理店に勤めていた期間があります。そのお店での業務は、そのお店で私が任されていた業務内容は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていたのですが、人間関係に疲れてしまったのです。ということが原因で、職場を去ることにしたのですが、その結果、大好きだった食べることやその店でメニューとして扱っていた食べ物も苦手になり、その系列の店にはしばらく経った現在も行くことができません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事を始めたばかりの頃は、大好きだった店が嫌いになってしまいました。得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと夢をみるのは本当に素敵なことですが、ですが、あなたの「好き」の度合いはどの程度のものか、じっくり自分に問いただした上で行動するべきです。

安定性を求めて正社員を目指している人は多いのが現実だと思います。

より安定した暮らしを願って正規社員になりたいと思っている人はかなり多いのが現実だと思います。だが、即戦力として働けるようにかなり頑張っているのに正社員としての転職が叶えられないケースも少ないはずです。派遣社員の求人募集があるのに正規雇用の求人に拘り、エントリーしない人も多いでしょう。万一あなたが正規雇用での転職が厳しいのなら、契約社員や派遣社員の求人募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。契約社員や派遣社員を募集している企業であっても、その人の手腕によって、数年で正社員へのキャリアアップを図れるようにしている所があるからです。ですので採用面接時に、「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかを訊いておくようにすれば将来設計にも役立ちます。