私たちの労働環境は、この先、今以上に考えなくてもできる作業…

私たちの社会的環境において、将来的に段々と簡単な作業…

  • 今後の社会では一段と短絡的な労働は機械化が進行し、当然の結果として労働人口はどうしても縮小していきます。そのワケは、シンプルな仕事はヒトよりも機械を稼働させたほうが圧倒的に分があるからです。数を数えたり同一の動きをずっとリピートしたりすることは機械には何の苦もないのです。もちろん人と違って文句も言わない、疲れないし、不正行為をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できるメリットもあります。そして、人と違って「人件費」も発生しません。こういった点から、労働力として人を使う理由が無いので機械化されるのは無理はありません。

  • 違った企業につきたいと転職を希望するときの場合は「1日でも早く、…

  • 違った職場がいいと転職活動をする場合には「一刻もはやく採用通知をものにしたい」と考えてしまいがちです。しかしながら、それで通知を欲しいばかり、自分自身の能力を必要以上に大きく見せたり、また反対に自分を安売りするようなことは、なるべく避けるべきです。焦る気持ちをぐっと抑えて、冷静に客観的に考えながら自分の能力にあった職場を探すことに専心しましょう。これまでの経歴が生きるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く選択してみましょう。

  • 失業保険の給付を受けたことがない人は、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人…

  • 生まれて初めて失業保険を受けるときに、何もしなくても受け取れると考えている人がとても多いですが、それは間違いです。現実には、失業保険の給付をきちんと「就職活動」をしていることが必須で、それに加えて、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。一か月おきに担当者に求職活動の状況をきちんと説明して「この人は、まじめに就職活動をしているな」と認められれば、翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。なお、きちんと仕事を探そうとしていないとみなされたり、毎月の職員との面談に不参加な場合は、情け無用で給付の一時停止に至ったり、酷い場合は以降の給与資格をなくしかねないので、十分気を付けましょう。

  • 失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業中でない人はもらえませんが、…

  • 失業時の助けになる「失業保険」は、失業していることがもらうための必要条件ですが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。失業時までに働いていた期間に応じて変動し、3か月とか1年とかが決まるのだが、世の中にはこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業中である限り給付されると勘違いして「失業保険をもらえるあいだは遊んでいよう」という人をたまに見かけますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦りつつ職探しをしてもよい会社を探すのは難しいです。転職候補となる会社の面接官もアホウではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といったことくらいはほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。場合によっては、面接の際に何をしていたか質問されることになり、返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、採用は極めて難しくなります。

  • 派遣会社に登録をしています。サイト上でよさそうな仕事を…

  • このところ私は派遣会社に登録して働いています。ウェブサイトを見ていてふと自分にぴったりの仕事を探し出して応募しようとすると「そのお仕事はすでに別の方に決まりました」と断られてしまい一時的にサイト上からも仕事情報がなくなるのですが、どういうわけか次の日になれば元通りに掲載されています。これは結局私ではダメと言いたいのですね。それであれば最初から変に隠さないくらいに正直に伝えてくれれあありがたいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。それとももしかすると偽のお仕事なのでしょうか?

  • 転職を成功させるためには、最初から行動をするようにしましょう。

  • 良い転職する先を見つけるためには、戦略を立てながら行動をしましょう。それには今では例えば小さな会社の意地でか公式ホームページで企業を紹介している会社がほとんどですから、インターネットで色々と必要事項を手に入れるとまたその企業について疑問点をチェックしておくと相手の会社を知るのが容易です。加えて公式ホームページの他に、「転職サイト」をチェックしておくのも良いかもしれません。そのほか、インターネット以外の方法として転職の候補にしている企業を自身の目で判断するのも大事です。

  • そのうち転職を考えているのなら、現在の仕事・業務の何に対して不満を感じているのか・・

  • そろそろ転職を考えているのなら、今いる仕事での不満に思う部分をリストアップしてみましょう。当然と思われますが、意外とできてないです。もともと気に入らない点にガマンできないから転職しようと思っているはずです。しかし「ちゃんと現在の仕事・業務の客観的に考えた不満なことを挙げる」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあとに、仕事を変えることで「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職したあとのモチベーションの急激な低下は高確率で防げますから、失敗しないのはできるでしょう。

  • 転職を進めるには、準備は必要です。

  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必要不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に見えるファッションは気にしている人は多いはずです。…が、近年の面接については、私服で良い会社もあるため、スーツで決めて面接に赴く必要がないケースもあります。会社の設立したての企業などは、フレクシブルな考えをしていることが多く、私服の方が相手に好印象を与えられます。そして、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすくなります。また、私服であれば面接中、服装の話題に発展しやすいですから、もしかしたら担当者と仲良くなれる期待ができます。というわけで、転職は企業の設立した年で決めることが、(ベンチャー系企業の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人・・

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ覚えていただきたいポイントがあります。なんとなく派遣に対して、データの入力、お茶出しなどの雑務、雑用等をといった業務をぼんやりと考えてしまった方が少なくないでしょう。実は私自身もそのように思っていました。今、働いている会社に入社するまでは「電話対応が主な業務」と採用の際に派遣会社の担当者からも聞いていました。ですが、実際に業務に掛かると、なんと「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を任されてしまいました。知識もないので毎回てんてこまいですし、当初の説明とはかなり違っていたので毎日全くわからないような内容でしたので、とりあえず、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

  • 転職する際は、いろんな手段で情報を収集することが多いと思います…

  • 転職活動を行うとき、いろんな方法で情報を収集することが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトはぜひとも利用すべきです。以前、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めた(辞めさせられた)社員の報復としてその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、異なる視点から見ると、書き込みの内容が嘘であれば、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。または、本当のことが書いてあるので会社側としては、「このままではマズイと考え、一刻も早く火消ししたい」という話かもしれません。口コミサイトも炎上によってアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、それだけ入社してからトラブルに遭遇する可能性が高くなる、と判断するのが妥当だと思います。何より、いい会社だったらトラブルとは無縁です。