先週人材バンクへ登録に向かいました。

この前転職活動の一環として人材紹介会社へ登録に行きました。

  • 先日新しい仕事を見つけるために人材会社へ登録に向かいました。登録するときのカウンセリングをしに現れた担当者が見た感じ入社してから間もない新入社員で、私が話したことの50%ほども彼はわかってはいない様子です。それでいて「キャリアデザインが緩いですね」とか「自分の強みをはっきりと知ることが必要でしょう」等、経験豊富なベテランのように横柄にのたまうので非常に嫌な気分になりました。カウンセリングを担当する人は多少は社会人を経験している人にするべきです。
  • 転職の際に現在勤務している会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけません…

  • 転職をするために現在働いている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もしあなたの意志で退職届を書いて会社を去る、いわゆる「依願退職」の際には直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月の期間が必要なのです。そのため、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると勘違いしている人がいますが、この規則を知らない人が、ハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってその結果ハローワークの職員さんともめ事を起こしているのを見たことがあります。加えて、労働者側の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けてから即座に失業保険をもらえます。
  • 就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

  • 就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。面接の時、現職の年収と希望年収は必ず聞かれます。このとき実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、高額な年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、仮に一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、どのみちウソがバレてしまうためです。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、現在の年収が300万円の方が転職して500万円となる可能性は通常あり得ません。現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくことをおすすめします。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのにその後、退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。
  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用…

  • 転職エージェントや転職サイトなどを活用し、転職活動を行う人はかなりいるはずです。ですが、よりよい転職先を探すには、加えて転職フェアに行くのがよいでしょう。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、一度足を運べば複数の企業について知ることができ、同時に、その場にいるスタッフ(説明員)から、企業の雰囲気を感じられるはずです。今後、転職フェアに参加する機会があれば、面接を受けるつもりで自身をしっかりアピールしていきましょう。それによってフェアの中で、企業に好感を持ってもらえたら、後で面接等に進む時に非常に有利になると予想されます。
  • 転職を考える際、そこでの給与について気にしすぎる…

  • 転職というものをしようと考えたとき、転職後の自分の給与について気にする人がかなり多いものです。たいていの人はだから生活費を給与としてもらうべく仕事するのでしょう。したがって年収の額は自分自身の評価という見方もできるから、大切なものであることは当然ではあります。それにしてもあまりに年収の額に執着しすぎるのも悲しい気がします。それより年収に反映されない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性がゼロではないからです。
  • きちんと失業保険を給付してもらうためには、職探しをしていることの証明が必要になりますが・・

  • きちんと失業保険を給付してもらうためには、職探しをしているという証明が必要となります。でも、現実は「久しぶりに仕事から解放されたし、少しの間でものんびりと過ごしたい」というのが本音でしょう。そこで、真剣に働き先を探しているように見せることができるので教えておきます。毎月、「ハローワーク」に行くのは不可避ですが、その場で求人票のチェックは最低限やっておく必要があります。本腰を入れて探す気力がないときは、閲覧だけしてハローワークスタッフとの面談にて、「やっていけそうに思える仕事が残念なことにありませんでした」と相手に報告し、次の機会を狙っておけば大丈夫です。
  • 求人サイトを見る場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほ・・

  • 求人情報をチェックする際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そうした人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と早合点しているこ可能性が高いです。現に、製造業での求人でも、現場に出る仕事だけでなく経理、人事、総務などのスタッフ募集から、資材、購買、営業管理のような「事務系」に類するお仕事も結構多くあります。ただ、製造業の職場はオフィス街から離れているのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそこがマイナスに感じられるかもしれません。ただし、自らのこだわりを捨てることで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。
  • 将来に目を向け、楽しみつつ、再就職と向き合えば、メンタルに負担を感じることもないので…

  • 楽しみつつ、再就職に向けての転職活動をすることができれば、精神的な重荷も少ないので、結果として転職期間中に堕落しないで済みます。しかもメンタル面が良好な状態のままであれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つけられるはずです。そうするには、やはり、休職期間を作らずに新しい勤め先を見付けることが重要です。現在の会社に勤めながら、次の勤め先を見つけるのがもっとも良いです。そのうえ、隙間をつくらなければ退職後もすぐに働けます。そのように予定を組んでおくと、働いていない空白の期間がなく、履歴も傷がつきません。要するに、再就職の際に不利になることがないということです。将来を踏まえながら、スムーズに転職活動を進めてみましょう。
  • 再就職の面接に関してですが企業側からクールビズでも大丈夫です・・

  • 転職の時に行われる面接時に会社側からクールビズでも大丈夫ですよと言われることがあります。しかし、なかには、クールビズの格好で面接するのは実際は社会人として常識に欠けるのでは?と思いがちです。そういう悩みを持っている人に伝えたいのは、クールビズで良いとされた面接なのであれば、言われたことを守った方が正しいです。悩みすぎて、夏の真っ盛りの時期にスーツをびしっと着ると相手に不自然に思われますから、企業側からクールビズで来てくださいと言われたらクールビズで良いのです。
  • 派遣として働く会社が決定しました。

  • 派遣での仕事が決まりました。就業の初日に派遣会社で営業を担当している人と就業先の近所のコンビニで落ち合うことになっていたところ、彼がなぜか約束をした店の前にいないので中にいるのだろうと思い店内に入ったところ、営業担当者はなんとまあ雑誌コーナーのところで座りいかがわしいグラビアのところを開けて読んでいるのを発見!こんな人に担当されるなんて絶対嫌だと感じて、その場で声をかけることなく店の中から出て即刻派遣会社へ辞退の連絡をしました。