転職時の面接にとある会社に伺いました。

転職の採用面接に希望先の会社へ行ったときのことです。

  • 転職における採用面接にある会社に向かいました。会社内の面接に使える部屋が空きがないということで外のとある場所で面接官と待ち合わせて採用面接が行われて、そのまま解散して、面接官も会社に帰らずそのまま帰宅するとのことでしたが、ビックリしたのは自宅からの最寄駅が同じ。ですから電車の中においても彼と一緒に話をしながら帰ることとなり、結果として緊張がほぐれて面接しているよりも話が弾み、それが功を奏したからなのか運良く採用を掴むことができました。
  • もし転職することを、現在の職場の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまう…

  • もし転職することが、今勤めている会社の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと雰囲気が一変することがあります。周囲との付き合い方によっては、問題はないこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。さらに、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、うかつに「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。上記トラブルを避けるためにも、今現在の職場では、真面目を装いましょう。充分に警戒しておけば、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、晴れやかに会社を辞められるはずです。また、何の問題もなく円満退職に至れば、転職後、相談ができるはずです。業種などに関係なく、どのような企業であっても、人とのつながりは大切なので、仕事を辞める前のトラブルには警戒しておきたいものです。
  • 女性の転職に関しては、今現在と数年前では多少の変化があるようです。

  • 女性の再就職において、今と数年前では少なからず、変化があるといいます。以前は面接のなかで会社側から、既婚者なら出産の予定などに関して、普通に質問されることが珍しくありませんでした。ですが、現在の流れとしては、結婚や出産などについては、「セクハラ」と捉えられ、質問されないことが多くなってきています。そしてまた、世間に名の知れた大きな会社ほど、この手の質問を全面的に避ける傾向にあります。ただ実際、会社側としては、YES・NO、だけでなく、その女性の考え結婚後・出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを把握しておきたいとは思っている事でしょう。自分の考えをわかっておいてもらうためにも、志望の動機や自己PRと一緒に伝えることで、企業側も考えがわかり、安心できると考えられます。そういうわけで、たとえ、質問されていない箇所も先にあなたの側から気遣って話をしてみると良いでしょう。
  • 転職活動を始める場合、まず第一にインターネット上で求人サイトを閲覧したり・・

  • 転職をする場合、予め、求人票・パンフレット・ウェブサイトなどで関心のある会社を調査するとは思います。とはいっても、当該会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントからアドバイスを受けている可能性が高いです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す特徴があります。不都合な内容を公表する場合も、表現に神経をとがらせています。そのような類のそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、それをすべて事実だと捉えるのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。もしも言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「聞いていた話と違うじゃないか」と後悔することになりかねません。たちの悪い会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、様々な文句をつけて辞めさせないよう仕向けてきます。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。
  • 転職したいと考えている会社で見学しておけば、すごく参考になります。

  • 転職しようと考えている会社での見学に参加するとたいへん勉強になります。会社見学できる会社の中でも、技術を必要とされる業種なら、職人技を近い距離で見られるので楽しいものです。そのような「職人」がいる会社見学は、見学者には絶対、普段の姿を見せてくることは少ないのです。例えると、ブルーワーカーなどのジャンルです。個人のプライドも高い業種なので、入社した後でないと、本来の姿がわかりません。ですから、仕事は見学で見たものだけだと思わないことが大切です。加えて、会社見学時に仕事を体験させる会社は、倫理的にアウトですし、言語道断といえます。入社してもいない人にはもし何かあっても、保障がないので、進められても丁寧に断るほうが良いでしょう。
  • 将来転職活動をするのなら、気になる求人(もしくは業界・・

  • 今から転職活動をするという時は、良いと思う求人(職種)を見た際に逐一、「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントからはまずその業界のマイナス面などは知ることは不可能です。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、ネット検索を通じて瞬時に実態を知ることができます。そういう実態を理解しないまま、入社した場合、のちに入ったことを後悔してしまうかもしれません。だいたいその求人募集が出ている理由が「仕事の内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」といったケースが多くを占めるため、気に入った案件や業種については、しっかりチェックし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。
  • 転職期間ではついつい気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。

  • 転職期間ではどうしても、時間に余裕があるため、緊張感のない、ダラダラとした生活になりやすいですよね。けれども、そうした生活はできるだけ避けたほうが良いです。なぜかというと、ダラけた生活が普通になると、「精神的」にも問題が出てくるからです。徐々に、働く意欲を失い、お金に困ることにもなるでしょう。そうなってしまうと、悪いサイクルにはまり転職先がきちんと見つけられなくなります。再就職先が決められなくなるのは、給料を第一に考えるからです。お金を一番に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そのため、お金に縛られないように暮らしていくためにダラけた姿勢は、止めておきましょう。
  • 新しい仕事を探すのに、まず今勤務している会社を辞職した…

  • 転職活動を行うのに、とにかく今勤務している会社を辞職した後でとする人たちもいますが、そのような場合にはボーナスの支給日について確かめておきましょう。ボーナスが支給される企業はたくさん存在しますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが振り込まれる時がもうちょっとならば、支給日を待って退職するという手も得をする方法です。ボーナスと言うものは随分大金なので、もらっておかないともったいないとも分かりますから、会社を辞めるときには会社がいつボーナスを支給するかについて確認するのを怠らないようにするのがボーナスをもらうのを忘れないと思います。
  • 自分自身の大好きなことを仕事にしたいと思っている方は注意した方が良いです。

  • 大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は気をつけた方が良いです。これは、私の体験に基づいたことなのですが、私は、もともと食べることが本当に大好きでそれが高じて、以前は、料理店(レストラン)で勤務していた期間があります。その飲食店での業務内容は、その飲食店で私が担当していた業務は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しかったのですが、職場の人間関係に悩まされました。ということが理由で、仕事をやめましたが、そのせいで、食べることやそのレストランで提供されていた食べ物すら苦手になってしまい、似たような飲食店にはしばらく経った今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事に就いた当初、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分自身の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと夢をみるのは本当に素敵ですよね。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、じっくり冷静に自分自身に尋ねる必要がありそうです。
  • 安定性を希望して正規社員として働きたいと考えている・・

  • 安定した生活基盤を送りたいと正規社員になりたいと思っている人は多数だと思います。ただ、努力しても、中々正社員としての転身がうまくいかない可能性もあります。非正社員の求人募集がかなり目につくのに正社員の求人情報以外には目もくれずエントリーしない人も少なくないでしょう。しかし、転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、準社員の求人募集もチェックしてみましょう。会社のなかには、その人の頑張りにより、2,3年で非正規雇用から正規雇用への転身を狙えるところもあるからです。ですから面接を受ける際に、「正社員登用」の機会があるかどうかを質問しておくと良いでしょう。