将来的に、労働力という観点においてみるみるうちに簡単な仕事は…

私たちの社会的環境において、将来的に着実に思考を必要としない労働…

  • 私たちの労働環境は、近い将来ますます思考を必要としない仕事は機械によってその変化によって労働力はどう考えても縮小させられてしまいます。そのワケは、短絡的な労働という観点では人の手を借りるよりも機械で作業するほうが圧倒的に強いからです。数量を計測したり、同一の動きをずっと繰り返したりすることは機械なら何の苦もないのです。当たり前のことながら人間とは違って泣き言は言わないし、疲れることもないし、誤魔化すこともないし、何より正確ですし、均一だし、付け加えて、給料を渡す必要もありません。こういった点から、労働力として生身の人間を使う意味が無いため、機械化の流れは当然といえます。
  • もっと良い会社がいいと転職をする活動をしている場・・

  • 違った会社がいいと転職で活動している場合、「ほんのちょっとでも早く、採用通知を手に入れたい」と思ってしまうはずです。ですが、そういう気持ちで吉報ほしさのばかり、自分自身をより大きく見せたり、あるいは逆に安売りしてしまう売り込みはなるべく避けましょう。大事なのは焦る感情にブレーキを掛けて、冷静に、そして客観的に、自分に最適の職場を見つけることに専心しましょう。これまでの経験が活かせるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる会社を賢く見極めていきましょう。
  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、何もしなくてももらえると思っている人…

  • はじめて「失業保険」をもらう際に、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人が多数派ですが、それは誤りです。実際には、失業保険を受け取るためには、仕事を探していることが必要で、加えて、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月スパンで職員に求職活動の状況をきちんと説明して真剣に仕事を探していることを信じてもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。残念ながら、真剣に就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、毎月のスタッフとの面談に不参加な場合は、情け無用で給付の一時停止の措置を取られたり、ケースによってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないよう十分注意しましょう。
  • 失業時にもらえる「失業保険」は、失業状態でない人はもらえませんが、…

  • 失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業中でない人はもらえませんが、この給付には「期間」があります。それまで勤務していた期間に応じて異なり、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、この現実を理解していない人がいます。失業中である限りもらえると思い込んで「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから大急ぎで就業先を探しても好条件のところを探すのは難しいです。転職先の面接官も無能ではないので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたか位は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。もしかすると、失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、受かりません。
  • このところ私は派遣の会社に入っています。

  • 今、私は派遣の会社に入っています。インターネットサイトの中で気の向くままによさそうな仕事を見つけ聞いてみると「その仕事はすでに他の方でお話が進んでいます」と返答され瞬間的にサイトからお仕事情報が消えるのですが、なぜか翌日にそのページを見るともう一度載っています。これって結局は私だとよくないのだって意味ですよね。そういうことならばプライドを傷つけない程度にはっきりと教えてくれれば助かるのですが、そうするのは難しいのでしょう。はたまた架空の仕事を載せているのでしょうか?
  • 後悔しない転職を目指すのなら、最初に情報収集を徹底してみましょう。

  • 満足できる転職するを希望しているのなら、行動する前に行動をするようにしなくてはいけません。ですからこの頃は名前も知らないような中小零細企業の意地でか公式ホームページが用意されている場合がほとんどですので、インターネットを使って自分の気になる点をチェックしておくとまたその会社の疑問をチェックしておくと転職に役立ちます。公式サイトに加え、転職サイトなどを上手く利用することも良いかもしれません。実際に転職を考えている希望の職場を自分自身で見て判断するのも大事です。
  • そのうち転職することを考えているのなら、今いる業務での不満に思う部分・・

  • 来週からでも転職活動しようと考えるのなら、今の業務の何に対して不満を感じているのかを洗い出しておきましょう。そもそも気に入らないことが限界に達しているから転職しようと思っているはずです。でも「存在する会社の不満点を挙げる」ことが出来ている人は少ないものです。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあと、仕事を変えることで「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確化してみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後の急激なモチベーションの低下は抑えることはできるでしょう。
  • 再就職する場合、それなりの準備が必要です。

  • 転職活動にあたって相応の準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ「服装」を重要なことだと感じてしまいます。しかしながら、現在の企業面接に関しては形式ばらない服装が多い会社があるので、スーツでなくては、と考えて赴く必要がない場合もあります。会社の創設して間もない企業などは、お堅いマニュアルもないことが多く、スーツでいかないほうが印象が良くなります。また、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすいのもメリットといえます。さらに私服であれば、時には面接時に洋服について、話題が広がることがあります。ですから、もしかしたら担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。今から転職活動をするつもりなら、企業の「創業年数」に注目してみて、(ベンチャー系の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • 転職する場合、「派遣社員」を選択しようと考えている人…

  • 転職を、派遣社員という勤務形態を考えている方に注意していただきたい箇所が複数あります。なんとなく派遣に対して、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」といったものをぼんやりと想像する人がおそらく多いはずです。本音を言うと私自身もかつてはそう思っていました。今、勤めている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「お願いしたい業務は電話対応になります」と派遣会社から伝えてもらっていました。ところが、業務に掛かると、「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、任されてしまいました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、入社前の説明とはかなり違っていたので毎日とても困惑しています。今はただ「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。
  • 転職活動を行う際、いろんな方法で情報を収集することが多いと思いますが・・

  • 転職活動をするとき、様々な方法で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトの利用を強くおすすめします。少し前に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めさせられた社員の腹いせによってそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、異なる視点から見ると、口コミの内容が嘘であれば、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。でも、実際は『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、はやく炎上をしずめよう」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い口コミが多いと言う事はそれだけトラブルに遭遇する覚悟をする必要があると判断して問題ないでしょう。そもそも、善良な会社にはトラブルなど起こりません。