転職活動をするにあたっては、「履歴書」「職務経歴書」が必需品です。

転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が必須だとされています。

  • 転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が必要不可欠になってきます。多数の企業は履歴書だけでなく職務経歴書に記載されている内容を考慮した上で面接するかどうかを決めるため、とにかくこの2枚の書類の作成が大切といえます。単に記入するだけでなく、内容を充実させることが大切です。職務経歴書は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書きます。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。部門の残業時間を何%減らしました、などわかりやすく記しましょう。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、上手な文章を引き出したりしてブランディングのために転職エージェントを利用するのも満足のいく転職をするための有益な方法です。
  • 転職サイトに一旦登録すると、電話やメール連絡が嫌になるぐらい入ります。

  • 転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が何度も来ます。これに関して初めて利用する人は大変びっくりするケースがよくあります。転職エージェントは転職させることが仕事だといえるので、本当に積極的な姿勢を見せます。特に大手エージェントは、転職を成功させることによって企業から報酬を受け取るシステムといえるので、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先的に考えることが珍しくありません。加えて、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定が出るとすかさず、「入社されてはどうでしょうか?」と説得を図ります。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように気をつけることが大事です。
  • 近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、…

  • 今日はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増えてきました。特許権を取得した経歴のある人は、ヘッドハンティングされることが期待できます。彼らは、特許権を獲得した人以外にも、研究開発で論文を出したことのある人や、テレビで紹介された人など、何かで有名な人をターゲットに、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのための理由にしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングらしい誘いを受けたなら、心当たりを考えてみてください。めったにないことですが、ヘッドハンティングと称して、登録料を請求する業者もありますが、そのような会社は完全なサギであるので無視しておくのが無難です。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が支払うものではありません。
  • 何年か前までの求人誌では、募集要項の中に「性別」について…

  • 今までは求人誌には、必要とする人材の「性別」まで当たり前のように書かれていました。しかし今では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、男女差別が雇用の際にあってはならない事が決まり、求人情報の中身に「性別」が記載されなくなりました。そのような変化があったのですが、求人情報を出す側は、性別に拘らず採用するとは限らないのです。実際問題、実は男性希望の会社に募集に女性がやってきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が応募してきたり、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。仮に、「女性が活躍できる職場です」という内容の求人募集は、雇用側が働き手は女性を必要としている、と読むのが良いです。
  • 転職活動中の面接での多数の人が考え違いをしているので…

  • 転職候補となる面接では、多数の人が考え違いをしているのですが良い印象を与えたいと必要以上に猫かぶりしていると、正直なところ逆効果になります。そうならないために思い切って面接の際は「育休」といったような、通常はかなり質問しにくい内容を勇気を出し質問しておいた方が、結果的に自身のためになります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮な質問をすると、面接結果に落とされるのではないか」と不安になる人もいるかもしれませんが、ですが、相手からの印象もいいことは最終的にはいい場合が多いようです。これらのことはお金・労働環境に関する内容は、実のところ、誰もが聞きたい事項ではあるのに、それなのに、面接結果に影響するのを恐れ、なかなか聞けないものです。そこで、逆手に取って、「正直な人だな」と自己アピールになるのです。
  • 友人による紹介で転職の先を見付ける人がいます。

  • 知人の紹介をキッカケにして転職する先を見付ける人がいます。そうはいっても転職した先の労働環境やそれから労働条件などを紹介者からの口コミ情報をあまり信用しすぎると後々トラブルになるおそれがあります。口コミの中でも一人の個人の口コミというのは、客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。紹介者的には、心地よい働く場所だったとしても、あなたには、イライラするだけの環境があります。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、最終的には自分の目でチェックしておくようにしましょう。
  • 転職での面接などの時に面接担当者が名刺を差し出してきた場合…

  • 再就職の面接などにおいてもし名刺を手渡されとしたら、こちらとしても名刺を相手側に渡すべきであるのか?と対応の仕方に悩んだ際は、ほとんどは差し出す必要はないと覚えておきましょう。転職のための面接は仕事の一環ではなく、職に就くための就職活動の一環なわけですから、普通一般的には名刺をやりとりする時ではないのです。重ねて、会社の者として出向いているのではなく、あなた個人のことでこの場にいるわけです。そのため、相手から名刺を差し出されても、こちらにおいては受け取るだけで大丈夫で、相手にあげる必要性はまったくないと思われます。
  • 看護師という職業の人の違う職に「転職しよう」と思う原…

  • 看護師のそれと違う仕事に転職を決断する原因は、人それぞれではないでしょうか。どういう理由が多いかというと看護師でありながらの転職するには「職場に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚することで家庭環境の変化によって出産、子育てそれに親の介護など、仕事環境のさまざまな変化など、これまでのようには仕事が難しくなってしまった」「今の収入に大きな不満がある」というような悩みが解消したいために転職されるのかもしれません。でも、転職を決断する前に、「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と思うに至った理由を静かに現状を客観視することも忘れずにやっておきましょう。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考し、決断されることを強くお勧めします。
  • 今のご時世では、株や不動産投資等の不労所得のほか、起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

  • 現在は、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生計を立てたり、独立といった生き方も社会的に人気を集めています。あながち「起業はキケンだ」といった今までの常識も変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長時代には、どう転ぶかわからない株式投資・自営業よりも組織の一員のほうが安定性にすぐれていました。人生の正しい道として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に認識されてはいました。そのような社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、今は、「成熟期」などと付けられています。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。
  • 一般的に見て一流企業は定期採用中心で、転職で入る事は簡単ではありません。

  • ほとんどの場合大きな会社は定期採用中心です。ですから、転職希望者には向いていません。それに、都会の外だとその見込みがとても小さくなります。でも、「製造業」の企業の場合あれば、地方の工業団地等に製造工場を置いていることも少なくありません。さらに、そういう地方の工場は、事業拡大にあわせて途中採用する事がよくあります。この好機に転職を検討してもいいかもしれません。そのためには、地方の工場での転職を希望される場合は、転職を希望する企業についての予備知識を事前に仕入れておきましょう。その会社のホームページをチェックし、人員募集の予定がないか定期的にチェックしてみましょう。