新しく就いた勤め先でこれまでに培ってきた能力を存分に発揮できれば…

再就職した会社でそれまでに培ってきた資格やキャリアを存分に発揮できれ・・

  • 新たな職場で過去のキャリアが生かせれば、即戦力として扱われ、早々に職場にも馴染めるはずです。人を募集している会社側も、そういった即戦力となる人材は常に必要なので、雇い主側が判断しても即戦力となる転職はそんなに難易度は高くありません。それに加えてかつての業務内容と似た業務内容なら転職は非常にカンタンになるでしょう。とは言っても、即戦力になれるとはいっても大手の事務職、公務員(国家・地方ともに)などは、いつの時代も、かなりの競争率を勝ち抜く必要があるので楽観視は禁物です。
  • 長きにわたって接客関係で務めていたのですが、年齢を重ねるに・・

  • 長きにわたって接客関係で仕事をしていたのですが、歳をとると共に立ち続ける仕事は体力的につらく、座って仕事ができるオフィスワークへ転職することを志して行動しました。事務未経験の場合わりと難しく、それなら接客経験も活かせる受付兼医療事務をしようと資格を取得して個人クリニックに転職することができました。ベテランの先輩ばかりに囲まれて人間関係も難しい。夜のシフトばっかりさせられ、接客業時代よりも帰宅も遅いのですが、初めはキャリアの形成時と受け入れ頑張ります。
  • 派遣会社に登録して仕事をしている人が過去の規制緩和以降…

  • 派遣会社を通して働く人がだんだんと増えています。派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでどのくらいの金額(割合)、自分のもとに入ってくるかをなるべく面接の際に質問しておいた方が無難でしょう。派遣会社は、社員を必要な会社に派遣してその見返りに手数料を徴収するシステムで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが大半です。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらされない派遣業者も多く、ひどいものだと労働者に3割しか還元しなかった、というケースも多いといえます。なお、面接のときに答えてもらえないような会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、できる限り違う派遣業者を利用されることを推奨します。
  • もしも転職したいと考えているなら、転職する前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

  • 転職される場合は、事前に資格を取得することで有利に事が運びます。また、職場に籍をおいているあいだに、資格を取っておくのがベストです。転職時に有利に働くので転職の幅がグッと拡がります。ですから、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においてのベストなタイミングといえます。もしもあなたがキャリアアップを考えているなら、このあとに役立つ資格をとっておくと、現在の会社を辞めたあとも後悔することなく前に進めるはずです。そのうえ、資格を取ることができれば、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接で戦力になると判断してもらえ、今までの職場より待遇も良くなる可能性があります。
  • 新卒で入社した会社を去り、思い切って転職しました。

  • 新卒として入った会社を辞めて、一歩踏み出して転職をしました。実際に行動する前は、しばらくの間大丈夫だろうか、と悩みました。ですが、数年で会社を辞めて、中途採用として働いている人が大半であると転職活動をしていく中で学びいつの間にか安心しました。また1度、転職したことでなにか肩の荷が下りる気持ちを実感し、自分の好きな仕事を再確認できて毎日が見違えるように変化しました。なかには「続けてこその仕事」という転職に対するマイナスイメージもありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私の場合は転職を経験して良かったと思います。
  • 大規模な転職エージェントは、多数の案件があるという長所があるといえますが、…

  • 大手の就職エージェントに限って、たくさんの案件を取り扱っているといえますが、反面、転職希望の登録者(ライバル)も多くいます。だから応募希望の会社があっても、転職エージェントの担当スタッフが無理だと判断すると応募してくれないことも少なくありませんし、企業から見て自分より高く評価されるライバルがいれば、そちらの人を優先することもあります。要するに大規模な転職エージェントの場合、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱い意外と駄目で、発想を変えて中小規模のエージェントに対し、希望している企業・案件を伝え、応募できないか話しをすると転職希望者の利益を考えて行動してくれることもあるので、そういった活用も良いかもしれません。
  • 今ある自分のスキルや資格を有効活用しつつ、転職活動を検討しているな・・

  • 自分のスキルを活かしつつ、転職活動する場合、再就職し易い業界と比較的、転職が難しい業種がある事を大まかに知っておきましょう。再就職がカンタンといわれる業種は、たえず人手不足になっている医療や介護系の業種が代表的といえます。医療・介護は、看護師や介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。今現在、医療従事者として勤務している人が、仕事に対しての不満によって、異業種に転職したいと考えているのなら、すぐに動いてしまうのは危険です。「医療」「介護」以外のスタッフの流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。容易に考えない事が必要です。再就職を本気で考えるのであれば、「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、理解しておきましょう。
  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、…

  • ほんの2ヶ月まえに、転職したというのに、早期に退職してしまうケースがとても少なくないのです。何故かと考えてみると私の思うところはリフレッシュな気持ちで転職先の仕事を見つけたものの、「自分の想像していた職場環境と堪えられほどギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気が受け入れられず・・」ということが原因で退職してしまうことが珍しくないといいます。こういった転職における失敗を未然に防ぐためには、とにかく事前の情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。通勤に掛かる時間、昇給システム、などあれこれ前もってチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。
  • 再就職時の面接では、小規模業者だったら大体が「人事」が面接官となりますが…

  • 再就職のための面接では、小企業クラスの場合その社内の「人事」担当者が面接官ですが、場合によっては違うこともあるようです。実際に一緒に仕事をする管理職、という具合に管理職である部長や課長が面接場にいあわせることも決して少なくありません。中でも事務職や営業職に再就職する場合は資格による人の評価が難しいのでしっかり自分自身をアピールしていくことが必要であります。面接官から「この人はしっかり主張するし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大事です。
  • 「シフト制」の仕事に関する話です。

  • これはシフトがある仕事についての話です。特定の曜日に働ける人を募集している求人を頻繁に見ますが、もし、応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方について、面接時にチェックしておきましょう。それはどうしてかというと、私自身、出産のため休む人の代理として正社員の仕事をはじめたのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った女性が「土曜、日曜」に必ず出られたので、私自身も同じような人として扱われてしまいました。実際「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変更してもらわなくてはならず、上司に「代わりに出ていただけませんか?」と自分でお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日は一人だけなんて・・・。思い出す度、「よく耐えた」と自分でも驚きです。