将来的に、私たちの労働環境においてぐっと簡単な労働…

私たちの労働環境は、近い将来ぐんぐんとシンプルな労働…

  • 今後ぐんぐんと考えなくてもできる作業は機械化が進歩していきそれに伴い、マンパワーは縮小させられてしまいます。というのは、単純作業という観点では人より機械を稼働させたほうが圧倒的に利便性にすぐれているからです。例えば、数をカウントするとか、同じ手順を延々と繰り返すことは、機械には何の苦もありません。人間とは違って文句は言わないし、疲れ知らず、不正行為をすることもないし、何より正確ですし、均一化できるメリットもあります。加えて、報酬が発生しないのもメリットといえます。こういった点から、労働力として生身の人間を使う意味が無さすぎるため、機械化されるのは必然といえるでしょう。

    違った会社に入りたいと転職をする活動をする人の大半・・

  • 違った会社につきたいと転職活動をする場合、「ちょっとでもはやく、採用通知をもらいたい」と思っているはずです。ですが、その気持ちが強くて採用通知が欲しいあまり、自分自身の能力について、嘘の申告をしたり、あるいは反対に自分を過小評価につながる言動は出来るだけよしましょう。焦る気持ちはぐっと抑えて、冷静に客観視しつつ、自分にふさわしい職場を探すことに専念することが重要なのです。それまでの自分の経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く探していきましょう。

    生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人・・

  • 生まれて初めて失業保険をもらうときに、じっとしていれば給付されると思っている人が極めて多いですが、それは誤りです。現実には、希望通りにもらい続けるためには、仕事を探していることが必要で、さらには、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。毎月職員に就職活動の状況をきちんと説明して真剣に就職活動をしていることをわかってもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。一方、真面目に就職活動をしていないとみなされたり、月に一度の職員との面談に不参加な場合は、有無を言わさずに給付をストップされたり、酷い場合はその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないよう注意が必要です。

    失業者が受け取れる失業保険は、失業のあいだが給付の条件です・・

  • 失業時に受け取れる「失業保険」は、失業していることがもらうための必要条件ですが、もらえる期間が決まっています。離職時までに働いていた期間に応じて変動し、90日とか120日とか設定されるのですが、驚くことにこういった現実を知らない人が一定数います。期間の制限がないと勘違いして「失業保険が給付される間は遊んでいよう」という人をたまに見かけますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き慌てて就職先を探しても好条件の仕事を探すのは困難です。会社の面接官もアホウでは無いので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった内容は大よその想像が付く。状況によっては、面接時に失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、受かりません。

    このところ私は派遣会社に登録して働いています。

  • このところ私は派遣会社に入っています。ウェブサイト内で何の気なしに興味を引かれる仕事を探して問い合わせを行ってみると「その仕事はすでに別の方が採用されました」とお断りされてしまい一時的にサイト内からも仕事の情報がなくなるのですが、次の日になると再掲載されています。それって要するに私ではダメだってことですよね。そういうことならば初めからカドが立たないようにはっきりと教えてくれれば助かるのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。あるいはひょっとして偽のお仕事なのでしょうか?

    後悔しない転職を目指すのなら、計画的な行動するようにしましょう。

  • 転職することをスムーズなものにするには、行動する前に情報を収集することをしておきましょう。昨今は会社の名前を聞いたことのない中小零細企業らしくもなく公式サイトを作っているところがたいていなので、インターネットの機能を駆使してあれこれを手に入れるとそれとその会社についてよくわからない点をチェックしておくと転職に役立つはずです。また、公式サイトに加え、「転職サイト」をチェックしておくのも良いかもしれません。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何よりも転職の候補にしている企業を自身で判断してみましょう。

    これから転職活動しようと考えるのなら、現状の業務の何に対して不満を感じているのか・・

  • 明日からでも転職することを考えているのなら、現状の業務や業務の何が気に入らないのかを明確にしておいた方が良いです。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。もともと気に入らないことが大きいから転職しようと思われているはずです。しかし「いまの職場・業務の問題なことを書き出す」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そして、もしも転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職したあとのモチベーションの急激な低下は防ぐ事ができます。

    転職する場合、相応の準備は必要です。

  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、然るべき準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、目に映る「服装」は、大事な部分だと感じてしまいます。…が、ここ数年の、面接については、私服が多い企業があるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて面接に臨まなくても良いケースもあります。会社の創立したての新規の企業などは、柔軟な考えをしていることが多く、スーツでいかないほうが相手先に良い印象をあたえます。また、正装ではないので、ざっくばらんに話をしやすくなります。さらに私服だと、面接の際に、ファッションで、相手との話が広がる可能性もありますから、担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、今後、転職は企業の「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系の)面接時には正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

    これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている・・

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人にぜひチェックしてほしいことが数点あります。なんとなく派遣社員と聞くとお茶出し、その他雑用等をといったものをイメージされることが多いとは思います。はじめはかく言う私もそう勘違いしていました。今、勤めている会社に入るまでは「電話対応がメインです」と面接で派遣会社からも説明も受けてました。ところが、仕事に就くと、まさか「電話対応」以外に、足りない正社員の業務の穴埋めを任されてしまいました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、はじめに説明された内容とは全く違うので日々非常に参っています。とにかく、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

    転職を始める際、様々な経路で情報を得ることが多いと思います・・

  • 転職活動をするとき、いろんな経路で情報を収集することが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは非常に役に立ちます。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。辞めた社員の報復としてそういった口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、異なる視点から見ると、ウソの書き込みなら、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。または、本当は『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、火消ししなくては!」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も囃し立てることで注目されるので黙認しますが、好ましくない口コミが多いというのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇するリスクが高い地雷企業であると判断して問題ないでしょう。人もそうですが、本当に善良な会社であれば煙は立ちません。