新しい勤め先で、それまでのスキルを生かすことができれば…

新たな仕事で今までに培ってきたスキル・キャリア生かすことができた・・

  • 新たな仕事で過去のスキル・キャリア生かせれば、即戦力として周囲から迎えられ、割と早く仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。また会社側としても、そのような人材は常に必要なので、タイミングさえ良ければ、そこまで難しいものではありません。しかも、今までの業務内容と同じ業界であれば見通しはおおいにあります。ですが、即戦力となる能力があったとしても大手企業の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)の募集などは、今も昔もかなりの難関を突破する必要があります。
  • ずっと接客関係で勤め続けてきたのですが、加齢のせい・・

  • 長きにわたって接客業でお勤めしてきましたが、歳をとると共に立ち続けるお仕事は体力的にハードで、座って仕事ができる事務の仕事へ転職することを目指して行動しました。事務の経験がなければなかなか難しく、そうであれば接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務をしようと資格も獲得し個人クリニックに転職しました。周囲は超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係が苦痛。夜のシフトばかり押し付けられて、接客業で働いていた時より帰りも遅いのですが、まずはキャリアの形成時期と腹をくくり頑張ります。
  • 派遣社員として仕事をする人が近時は多くなっています・・

  • 派遣会社に登録した上で働く人が最近では多くなってきています。派遣先が派遣会社に支払う時間当たりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(割合)、自分のもとに入ってくるかを面接のときに聞いておくべきでしょう。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その見返りに、手数料をもらうシステムです。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが少なくありません。半分以上を派遣労働者へ還元しているなら、良いのですが情報をひた隠しにする業者も多く、ひどいケースでは、労働者に2割しか還元しなかった、ということも多いといえます。なお、面接の際に答えてもらえない様な会社は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、できる限り違う派遣業者で登録されることをおすすめします。
  • もし近い将来、転職するのなら、転職前に資格を取得することで選択肢が増えます。

  • もしも将来、転職をするつもりなら、あらかじめ資格を取得することで選択肢が増えます。また、職場に籍をおいているあいだに、資格を取っておくのがベストです。転職時に有効に使えるので、新しい仕事を探すのも楽になります。といったわけで、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階で資格取得をするのがもっとも良いタイミングといえます。あなたが再就職を考えているなら、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、退職後も悔やむことなく次に進めます。それにプラスして、資格を取得できれば転職先の面接の時には即戦力になる人材だと判断され、以前より待遇アップも期待できます。
  • 新卒採用で入社した会社に別れを告げ、悩んだ結果、転職すると決意しました。

  • 新卒採用で入社した会社を辞め、転職に踏み切りました。最初は想像以上に不安で悩みました。ですが、数年で会社を辞めて、中途採用で働いている人がほとんどだということを転職活動を通して気付き、自然と悩みが消え、気が楽になりました。転職を経験したことにより何か、気持ちが楽になった気がして、「自分のやりたいこと」を探すのが前向きに過ごせるようになりました。やはり「一通り経験してから」という転職する行為を咎める意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私自身、否定的な意見を真に受けないで良かったみたいです。
  • 大手の「就職エージェント」ほど、たくさんの案件を扱ってい…

  • 転職エージェントは大手に限って、潤沢な案件を取り扱っているという魅力があるといえますが、同時に転職を希望する競合者も大勢いる可能性が高いです。だからあなたが気になる企業を見つけたとしても、担当スタッフが無理だと判断すれば応募してくれないこともザラですし、企業から見てあなたよりも有能な人がいれば、そのライバルを優先したりもするのです。大手の転職エージェントは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っており大変難しいので、方針を変更して中小クラスのエージェントに対し、希望する会社や案件について相談し、応募できませんか?と問い合わせてみると自分の利益を考えて動いてくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも一つの手でしょう。
  • 自分のスキルや資格を活かしつつ、転職活動を考える場合…

  • 今ある自分のスキルを有効活用しつつ、就職活動する際は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と比較的、転職が難しい業界がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、人手不足が問題視されている医療・介護業界がとても有名ですね。医療・介護の分野ではそれぞれ看護師・介護士資格が必要であるため、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。今、看護師や介護士として活躍している人が、仕事のきつさから、他の業界へ再就職したいと思っているのなら、すぐに決めないほうがいいです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性は少なくなります。ですので、簡単に考えない事が必要です。異業種への転職を希望するなら、異業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、覚悟しておいたほうがよさそうです。
  • ほんの3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、数ヶ月しかたっていない・・

  • 2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、わずかしかたっていないのに辞めてしまうことを決断する人が思いの外多かったりします。おそらく新たな気持で自分自身に合った会社を見つけたものの、「想像していた仕事とかなりギャップがあって幻滅した」「職場環境が受け入れられなかった」という理由で退職を決意することが珍しくないといいます。こういった、転職先選びで後悔しないためには、まずは前もっての情報収集を徹底しておく必要があります。職場環境、通勤に掛かる時間、などいろいろ事前にチェックしておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。
  • 再就職時の採用面接では、零細企業クラスの場合概ねその社内の「人事」担当者が面接官です…

  • 転職の際の採用面接では、小企業だったらおおよそは、その社内の「人事」担当が面接官ですが、100%ではないのです。実際、一緒に仕事をする現場の責任者、一言でいえば管理職である部長や課長が面接をしてくれることもあります。とくに営業や事務に転職する際は、資格だけでは人の評価が難しいので自発的に自分をアピールしていくようにするべきです。面接担当の人たちに「この人はしっかり自己アピールできるし、戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大切です。
  • これはシフト制がある仕事についての話です。

  • 「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や休む手順については、前もって聞いておいたほうが良いでしょう。過去に私は産休で休む人の助っ人として、正社員の仕事をはじめたのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。前にいた人が土日は必ず出勤できる人だったので、私自身もそう思われていたみたいです。ですから「土日」に休まざるを得なくなると、シフト変更を出す必要があり、上の人に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自ら交渉しないといけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を1人の人に任せるって・・・冷静に考えると、本当に異常な職場だったんだと思います。