転職したい会社の採用面接にとある会社に出向いたときのことです。

転職の面接を受けに転職したい会社へ赴きました。

転職のための面接を受けに転職したい会社へ訪ねました。たまたまその会社にある会議室が空きがないとのことで会社外部で面接担当の人と待ち合わせて面接が行われて、その場所で解散をして、面接担当者も会社には帰らず直接帰宅するとのことでしたが、偶然にも自宅の最寄駅が同じだったのです。なので電車の中でも面接を行った人とずっとおしゃべりしながら帰ることとなって、そのため緊張がなくなって面接の時よりも話が弾み、それが原因か無事に採用を勝ちとることができました。

もし再就職の前に、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと・・

転職することを、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の空気が一変するおそれがあります。働いている会社の環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。また、残業時間を増やされてしまう事があるので、軽率に「転職します」と周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。そういった状態を回避するため、在籍中は、真面目に誠実に振る舞いましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い雰囲気のまま気持ちよく仕事を辞めることができます。しかも、何の問題もなく円満退職になれば、退職後も、相談ができる機会も出来ます。業種や規模に関係なく、どういった企業であっても、人とのつながりはとても大切であるため、仕事を辞める前のトラブルだけは、できるだけ起こさないようにしたいものです。

女性の転職に関しては、数年前と現在と若干の変化があるといいます。

女性が再就職するに当たり、今現在と一昔前では多少の変化があります。かつては面接の場で会社側から、結婚観や出産予定などについて、自然に質問されることがほとんどでしたが、現在はそのような内容は、セクハラと捉えられるのを恐れて、聞かない企業、が増加傾向にあります。特に大きな会社の場合は、この手の質問に神経質になっています。ですが実際、面接する側としては、〇か×といった形ではなく、その人の姿勢結婚後・出産後は時短で働きたいなどを知っておきたいとは思っているはずです。自らの価値観を伝えるためにも、志望動機・自己PRと並行して話すことで企業側のモヤモヤも解消できると思うのです。ということで、聞かれていない箇所についても、先にあなたの側から気遣って話をしておくのが良いです。

転職をするにあたっては予め、ウェブ上の求人サイトを見たり…

転職活動をするいあたっては、はじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりして働きたい会社について調べるはずです。ですが、当該会社が情報を公開する際には、コンサルタントに相談をしている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す傾向があります。たとえ公開するとしても差しさわりのない表現をします。そういった社員の声や社長のインタビューについては、それを鵜呑みにするのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。仮に心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「こんなはずじゃない!」とあとでガッカリすることになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、様々な文句をつけていかにして辞めさせないようにするか謀略を練っています。このようなブラック企業には注意しましょう。

転職候補に挙がっている会社の見学は、すごく勉強になります。

転職候補に挙がっている会社で会社見学しておけば、非常に参考になります。とくに、「職人」がいる会社での見学は、職人技を近い距離で見られるので楽しくなります。そんな会社の見学では、間違いなく見学者には、実際の働き方を見せてはくれないものです。典型的なのは、ずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので入社しないと、実際の働き方が出ません。そのため、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは決めつけないことがとても賢明です。さらに、見学時に実際に仕事体験させてくれる会社は問題がありますから言語道断です。雇用契約を結んでいない人には仮に何かトラブルが発生しても、保障が一切ないため、仮に、勧められたとしても角が立たないように断るとこが大切です。

将来的に転職活動をするという時は、気になる求人(OR 業・・

転職活動をするという時は、良いと思う求人(職種)を見るたびにきちんと「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索したほうがいいです。求人票・転職エージェントでは、まずその業界に関するマイナス面について教えてもらうことは不可能です。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、インターネット検索によってカンタンに多くの事例に触れられるはずです。そうした手間を惜しんで入社すると、直後に痛い目に合うおそれがあります。だいたいその求人が頻繁に出ている理由が「業務内容がキツく、人が辞めて穴が開く」といったケースも多くあります。興味をもった案件や業種については、しっかり調べた上で応募しましょう。

転職期間中は、どうしても、時間が有り余っている分、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。

転職を決めるあいだは、そんな風に過ごすつもりもないのに緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。けれども、そんな風な生活を習慣にしてしまうのはかなりキケンです。不思議なもので、だれた生活が当たり前になると、「精神的」にも問題が出てくるからです。そのうち、働く意欲を失い、生活ができなくなり困る状況にも・・・。このように、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、転職をしたい会社がきちんと見つけられなくなります。再就職先を決められなくなるのは、もらえるお金を最優先に考えるからです。給料を最優先事項に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活をするためにも、ダラダラした生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

新しい職を探すのに、会社を辞めてからとする人たちもいますが、…

転職において、まず今の会社を辞職してからという考えを持つ人もいますが、そういった場合会社がいつボーナスを支給するかを事前に調べておくのが無難です。ボーナスがもらえる企業はたくさんありますけど、社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスが支給される日が近づいているのであれば、それから会社を去るというのもおすすめです。ボーナスはそれなりにたくさん入るので、もらわないのはもったいないとも言えますから、会社を辞める決意をしたならいつ頃ボーナスが手に入るのかを知っておくほうが賢い方法です。

自分自身の好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は注意です。

自分自身の好きなことを仕事にしたいという風に考えている方は注意が必要です。これは、私が経験したことなのですが、私は、食べることが本当に大好きだったのですが、それが高じて、以前は、飲食業界(レストラン)で働いていました。その飲食店での業務は、そのレストランで私が担当していた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌なこともなく楽しんで働いていました。しかし、人間関係にすごく疲れてしまいました。ということが引き金となり、退職しましたが、その影響で、大好きだった食べることやそのレストランでメニューとして扱われていた食べ物も嫌いになり、類似の店にはしばらく経った現在も行けません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。この仕事に就いた当初、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。好き、を仕事にしたいと願い、実現させることは本当に素敵なことだとは思います。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり冷静に自分自身に問いただした上で行動するべきです。

安定的な生活を送りたいと正規の雇用社員を狙っている…

安定した人生を願い「正社員」を狙っている人は多数だと思います。ただ、即戦力として働けるようにかなり努力していても、正社員としての転職活動そのものが難しいケースも少なくないはずです。非正規雇用者の求人が目につくのに正社員の求人募集以外には目もくれずエントリーしない人も多いでしょう。万が一あなたが、転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、契約社員の募集にも目を通してみましょう。契約社員や派遣社員の募集を掛けている企業でも、成果次第で数年で正規雇用への転身ができる可能性もあるからです。ですから面接時に「正社員登用」の有無を聞いておくと将来のプランも組みやすくなります。