近い将来、私たちの労働環境においてぐっと単純労働は機械化に置き換わっ…

将来、社会的には今以上に簡単な作業は機械化に置き換わって…

  • 近い将来、労働力という観点においてどんどん単純労働は機械に変換されてその結果、必要な労働力は少なからず減少させられてしまいます。なぜなら、簡単な労働はヒト以上に機械のほうが数段にすぐれているからです。数量をカウントしたり、同一の作業をリピートしたりすることは機械にとっては何の苦もないのです。人と違って愚痴も言わず、ペースが変わらないし、インチキをすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できるのも魅力です。さらに、給与が発生しないのも違いですね。ですので、労働力として人を使う理由がまったく無いことが明白で、機械に移行していくのも自然の結果といえます。

  • いい職場の社員になりたいと転職をする活動をする人というの・・

  • 違った職場の社員になりたいと転職をする活動をする場合は「1秒でも早く、内定(採用通知)がものにしたい」と考えがちです。とはいえそういう気持ちで吉報を得たいあまり、自分の能力について、嘘の申告をしたり、その反対に自分を過小評価につながる売り込みはぜったいに避けておきましょう。そうではなくて、焦る感情にぐっと抑えて、落ちついてあなたに適した職場を探すことに専念しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、さらには、今後のキャリアアップが実現できる職場を賢く見極めていきましょう。

  • 生まれて初めて失業保険をもらう場合、何もしなくても給付されると考えている…

  • 生涯初の失業保険を受けるときに、何もしなくても受け取れると考えている人がたいへん多いですが、それは正しくありません。本当は、受け取り続けるためには、求職活動を行っていなければならず、月に一度はハローワークに行く必要があります。一か月おきに担当者に就職活動の状況を報告して真面目に就職活動をしていると判断されれば翌月、保険が給付されるシステムです。もしも、真剣に就職活動をしていないと判断されたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加な場合は、当然問答無用で給付を一時停止したり、ケースによっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないよう気をつけておきましょう。

  • 失業者がもらえる失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが・・

  • 失業者が受け取れる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが、「期間」が定められています。失業時までに働いていた期間に応じて異なり、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、中にはこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業中である限りもらえると思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて仕事を探さない人もいますが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから焦りつつ転職活動を開始しても条件のよいところを見つけるのは困難です。転職先の面接官もバカではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった点はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。ヘタをすると、失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、不合格となるでしょう。

  • このところ私は派遣で働いています。

  • このところ私は派遣会社に登録して働いています。ウェブサイトで気の向くままに気になる仕事を発見し確認してみると「そのお仕事はもうすでに他の方でお話が進んでいます」とお断りされて一時的にウェブサイトからお仕事情報がなくなるのですが、その翌日にチェックすると再掲載されています。これは結局私だとダメだと言っているのと同じですね。それであれば変に隠さないくらいに正直に言ってくれればありがたいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。あるいはまたもしかするとダミーのお仕事なのでしょうか?

  • 転職をスムーズなものにするには、事前の情報を集めることを徹底してみましょう。

  • 後悔しない転職を目指すのなら、あらかじめ、行動をするようにしなくてはいけません。ですから近年はたとえ小さな会社も公式ホームページで企業のことをわかる企業がよくあるので、ネットの機能を使って自分の知りたい情報を手に入れるとそれとその会社のよくわからない点等を整理しておくと転職に役立ちます。また、公式ホームページの他に、「転職サイト」を利用するのも有りだと思います。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何よりも転職の候補している職場を自ら確かめてみるのも意味があります。

  • 今からでも転職をするのなら、今いる業務での納得いかない部…

  • 今から転職を考えているのなら、現在の業務や仕事での納得いかない部分、不満に思う部分をリストアップしてみる必要があります。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。もともと不満が大きいから転職しようと思っているはずです。が、「きちんと今の会社の客観的に考えた不満点を書き出す」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、仮に転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。現状の問題が全て解消されるとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぐことが容易になるはずです。

  • 再就職にあたって然るべき準備をしておく必要があります。

  • 転職する場合、相応の準備はやらなくてはいけません。一言で準備といってもたくさんありますが、特に「服装」を誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。しかし、ここ最近の、企業面接では形式ばらない服装がOKなところも多いので、しっかりビジネススーツを着て面接に出向かなくても良いケースもあります。会社の設立してすぐの歴史のない会社ほど、厳格なマニュアルもないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手に良い印象を与えられます。さらに、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすいのもメリットといえます。さらに私服だと、時には面接時にファッションについて、話もしやすいです。ですから、うまくいけば面接担当の人から気に入られる期待もできます。というわけで、これから転職するのなら、気になる企業の創立した年で決めることが、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

  • これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人に…

  • 転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人に注意して欲しいポイントがあります。なんとなく派遣社員と聞くと「データ入力」「お茶出し」「電話対応」などの仕事内容をなんとなく考えてしまった人が多いはずです。本音を言うとかく言う私自身もそう勘違いしていました。今の職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、電話応対と聞いていました。説明を受けてもいたので安心しきっていました。が、仕事に就くと、まさか「電話対応」だけでなく、退職した正社員の穴埋め役を頼まれました。とくに特別な知識もなく、はじめの説明と大きな食い違いがあるので毎日とても困惑しています。とにかく、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

  • 転職活動を始めるにあたって、いろんな経路で情報を収集するのが通常だと思いますが・・

  • 転職活動を行う際、いろんな経路で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは本当に有益です。一時期、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になったことがありました。会社の都合で退社した元社員の報復によってその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、違った角度から見ると、ウソの書き込みだったのなら、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。または、実態は『クロ』で「このままではいけないと考え、はやく火消しをしよう」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることで注目されるので黙認しますが、悪い内容の口コミが多く目立つのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇するリスクが高い地雷企業であると判断して良いでしょう。何より、善良な会社だったら煙すら立ちませんから。