昨日転職先を見つけるために人材紹介会社に登録に行きました。

転職先を見つけるために人材紹介会社に登録に向かいました。

  • 昨日転職先の会社を探すために人材会社へ登録に行きました。私のカウンセリングのために出てきた担当の方が見たところ大学卒業後まもない社員のようで、私の話の50%ほどもわかっていない感じでした。おまけに「キャリアデザインが緩いですね」とか「もっと強みと弱みを明確化しておくことが大切でしょう」とか、一丁前のことを横柄にしゃべるのでとてもイライラしました。カウンセリングを担当する人は多少はカウンセリングのスキルがある人にしてほしいです。
  • 転職のために「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのです・・

  • 転職に先立って失業保険についての手続きを行う必要がありますが、自分が望んで退職届を書いて退社する、いわゆる「依願退職」のときは失業保険はすぐには出ず手続きをした後で失業が認定されてから3か月待たないともらえないのです。よく勘違いして退社した日の次の日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。この規則を間違って理解している人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してそれが原因でハローワークの担当スタッフとトラブルになっているのを見たことがあります。加えて、リストラなど会社都合で解雇されたときには、失業認定を受けたのちすぐさま失業保険を受け取ることができます。
  • 就職活動において、年収はかなり大事な要素です。

  • 転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。面接時には、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、仮に一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソはバレてしまうからです。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげれば、年収300万の人が急に年収500万になるようなことは通常あり得ません。現在の年収が430万円としたら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが良いです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職を余儀なくされる恐れもあるので、気をつけましょう。
  • 転職エージェントや転職サイトなどを用いて、転職活動をする人はますます増えています。

  • 転職エージェントと転職サイトを利用して、転職活動を行うことは常識になりつつあります。より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、並行して転職フェアに参加することをおすすめします。転職フェアでは、複数の企業が集まるので、そこに足を運ぶことによっていろんな企業について知ることができますし、そして、説明担当の企業スタッフから、その企業の社風についてある程度は知ることができます。転職フェアに参加する機会があった場合、1次面接を受ける心構えでしっかりと自分を売り込みましょう。フェアの中で、企業側から良い人材と見なされれば、後日面接に進む際に大きなアドバンテージになるでしょう。
  • 転職というものについて考えた場合、転職したあとの年収を気にしすぎる人が…

  • 転職しようと考えたとき、転職先となる職場における給料ばかりに気を取られる人がそこそこ多いように思います。もちろんほとんどの人は、仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料として稼ぐべく仕事をしているのはずです。年収というのは自身の価値を測る指標という側面もありますから、大切なことは至極当然です。しかしながら、必要以上に年収というものばかりを気にかけすぎる生き方というのも考え気がします。この世には収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、やりがいを感じられることが少なくないからです。
  • 実際に失業保険を給付してもらうためには、客観的な意味で、職探しをしている姿勢を見せる必要があります。

  • きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、客観的な意味で、仕事を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。しかしながら、「会社に行かなくて良いし、少しの間でものんびりと過ごしたい」のが本音だと思います。というワケで、きちんと就職活動しているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。毎月の「ハローワーク」での面談は当然になりますが、求人票の閲覧は必ずやっておきましょう真剣に探す気が無い時には、求人票を熱心に見ているふりをして、ハローワーク職員との面談のときに、「納得できる条件の仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人がありませんでした」と告げて次に期待しましょう。
  • 求人誌をチェックする場合、デスクワークがしたいから…

  • 求人関連の情報を見るとき、「デスクワークがしたい」と考えている人ほど製造業を見逃してしまっていますが、そのような人は、「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。製造業であっても、現場作業者だけでなく、総務・経理と言ったスタッフや資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される部署も結構多くあります。でも、製造業の多数はビジネス街のように都会のイメージとはかけ離れた地域にあるので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がマイナスに映る人もいるかもしれません。そうだとしても、自身のこだわりを捨ててみることで将来の可能性を高めてくれる機会になるかもしれません。
  • 将来に目を向け、楽しみを見出しながら転職活動と向き合うことで、…

  • 将来に目を向け、楽しみを見出しながら再就職に向けての転職活動と向き合えれば、メンタルに負担を感じることもないので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられるでしょう。おまけにメンタルが良好な状態のままであれば、すぐ、転職先も見つかるはずです。一番ベストな形は、やはり、休職せずに転職先を見付けることです。現在の仕事と並行しながら、次を見付ける形がベストです。おまけに、間をおかなければ仕事をやめても、すぐに働けます。そのように予定を組んでおくと、働いていない空白の期間がなく、履歴書にもキズがつかなくて済みます。すなわち、再就職の際に不利になることがないということです。今後のことを考えつつ、転職活動をがんばってみましょう。
  • 転職時の面接に関してですが企業側からクールビズでも大丈夫で・・

  • 再就職の面接において企業側からクールビズでもOKとと記載されているケースもあるようですが、なかには、クールビズで行くのは失礼なのでは?と思ってしまう人もいます。そういう悩みを懐に抱え込んでしまっている人たちに言っておきたいことが、企業側からクールビズで来ても良いとされた面接の際は言われたことをそのまま守った方が不安要素がないです。悩みすぎて、汗をかく時期にクールビズでないのは相手側に不自然に思われますから、企業側からクールビズでも大丈夫ですよと書かれていたらクールビズで良いのです。
  • 派遣先が決まりました。お仕事開始の初日に派遣会社の営業担当の人…

  • 派遣のお仕事が決まりました。最初の勤務日に営業の担当の人と就業場所の近くにあるコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたのですが、彼がなぜか店の前にいないので中にいるのかもしれないと考えコンビニエンストアの中に入ったところ、彼は大胆にも雑誌売り場の前に座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開いて見ているところを発見!こんな担当の方のお仕事なんて勘弁してだと感じて、その場で声をかけずにこっそりと店の中から出て速攻派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。