転職の採用面接を受けに赴きました。

転職の採用面接を受けに向かいました。

  • 転職のための採用面接を受けに転職したい会社へ伺ったときのことです。その日に限って社内の会議室が空きがないということで外のとある場所で採用担当者と待ち合わせて採用面接を行い、その場所で解散、面接を行った方も会社に帰らず直接自宅に向かうとのことでしたが、奇遇にも下車する駅が私と一緒だったのです。ですから電車の中でも面接を行った人と一緒におしゃべりをしながらいっしょに帰ることとなり、その結果緊張がほぐれ面接よりお話が弾み、それがプラスになったのか何事もなく採用を手に入れることができました。
  • もし再就職の前に、今勤めている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、…

  • 再就職の前に、今の会社にいる人たちがあなたの退職を知ると職場の空気が一変するかもしれません。普段から良好な場合であれば、これまで通りに行くこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。そればかりでなく、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、軽率に転職のことを周囲に言うのはあまり良いとは言えません。上記トラブルを避けるためにも、今所属している仕事場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうしておけば、良い関係を最後まで保ちつつ、最高の形で会社を辞められます。そして、何の問題もなく円満に退職できたなら、退職後であっても、あなたが困ったときに相談できるはずです。規模や業界に関係なく、どのような企業も人とのつながりが大事なので、退職前のトラブルは、できるだけ回避してください。
  • 女性が転職する時、ここ最近と数年前では若干、状況に違いがあったりします。

  • 女性が転職する時、今現在と数年前では多少の変化が見受けられます。一昔前は会社側から未婚者なら結婚の予定など、ごく当たり前に質問していました。ですが、今現在はそのような内容は、セクハラと企業側が捉え、質問を避ける会社が増えています。そして、特に大企業ほど、タブーとして露骨に避けるようになっています。ただ、面接する側はYES・NO、で返答するのではなく、その女性の姿勢、結婚した後も働きたい、出産後の具体的な予定を当然、知っておきたいとは思っているものです。自身の将来設計を伝えるためにも、志望の動機や自己ピーアールと併せて話すことで面接官にも認識してもらえ、安心してもらえると思うのです。なので、聞かれていない部分も、あなたが先んじて率先して話していくことを考えてみてください。
  • 転職活動を始める場合、まず、インターネット上で求人サイトを閲覧したり…

  • 転職をする場合、まず第一にネット上の求人サイトを閲覧したりしてその会社のことを調べると思います。ところが、当該会社がその会社が情報を世間に出す際には、専属の「コンサルタント」が指南していることが多いものです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す能力に長けています。仮に公開したとしても遠回しな表現に徹します。そのような類の企業の「社長インタビュー」または「社員情報」といった情報は、額面通りに捉えるのではなく、疑いながら読むべきでしょう。鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、言いがかりをつけながら退社できないようにしようとします。このようなことは、いわゆるブラック企業に多いです。
  • 転職したいと考えている会社の会社見学ができれば、とても勉強になります。

  • 転職候補に挙がっている会社の会社見学は、かなり勉強になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社見学は、職人技を間近で見られて気持ちが高ぶります。が、「職人」がいる会社見学は、間違いなく見学者には、いつもの働き方を見せてくれないのが特徴です。典型的なのは、ブルーワーカーなどの分野です。この分野では、個人のプライドが強いので仕事を始めてみるまでは、本来の姿は伺えません。そのため、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは決めつけないことが良いです。それに加えて、会社見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社は危険ですから言語道断です。入社すらしてない人には問題が発生したとしても、保障が一切無いので、仮に、勧められたとしても丁寧に断るとこが大切です。
  • あなたが転職活動をしているなら、気になる求人(または業界・・

  • これから転職活動をするのなら、気になる求人(または職種)を見た際に逐一、「〇〇業、ブラック、デメリット」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票・転職エージェントの言葉からはその業界のマイナス点は、アドバイスはないものと思っていてください。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、インターネット検索を活用することでカンタンに現実を知ることができます。そうした面を知らずに入社した場合、直後にしっぺ返しを食らう可能性が高いです。だいたいその求人が出ている理由が、「仕事の内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」というケースがかなり多くあります。気に入った案件や業種については、下調べをしてから応募しましょう。
  • 転職するための期間中は、無意識のうちに時間がある分…

  • 転職するための期間中は、どうしても、時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、ダラダラと過ごしてしまいがちです。ですが、そんな風な生活はキケンです。なぜならば、気の緩んだ、だれた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」も不健全な状態になるからです。やがて、働く意欲が湧かず、経済的に困ることにもなるでしょう。そうなると、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の仕事を見付けることが難しくなってしまいます。将来の決断ができないのは、もらえるお金を第一に考えるためです。お金を一番に考えざるを得なくなるとやりがいを求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。そのため、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラケタ生活は、しないように気を引き締めましょう。
  • 転職活動をスタートする際、勤務中の会社を辞職してから…

  • 転職活動を始めるときに、今の会社を辞職した後でといった方法もありますが、そういったときには次のボーナスがいつ入るのかを気にしておきましょう。ボーナスのある企業はそこら中にありますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが振り込まれる日が目前に迫っているのであれば、ボーナスを手に入れた後で辞める意向を伝えるというのもおすすめしたいです。ボーナスはってかなりたくさんもらえると思うので、もらい損ねたら損ということも断言することができますから、会社を辞める決意をしたならボーナスが支給される時期について一度確かめておくとボーナスをもらい損ねないと思います。
  • 自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は要注意です。

  • 自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は要注意です。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私は、食べることが本当に好きでそれが理由で料理店(レストラン)で勤務していたことがあります。そのレストランでの業務は、そのレストランで任されていた業務内容は、盛り付けやホール業務でした。この業務内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。しかし、人間関係のいざこざですごく嫌になりました。そのことが引き金となり、退職したのですが、その結果、あんなに好きだった食べること、そしてその飲食店で提供していた食べ物さえも嫌になってしまい、よく似た飲食店はしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事を始めたばかりの頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと思い、実現させることはステキだと思います。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、真剣に自分自身と向き合ってから行動するべきです。
  • 安定した生活を送りたいと「正社員」として働くことを意識している人・・

  • より安定した暮らしを欲しがって正社員として働くことを意識している人がかなりいます。ところが、即戦力として働けるように資格を取得するなどして努力しても、正社員として雇用されることが難しいこともあります。派遣社員の求人は充実しているのに、正社員の求人募集以外を見ないで落ち着かない日々を過ごしている人は少なくないようです。もしも、中々正社員としての転職が難しいのなら、契約社員に応募することで道が開けることもあります。なぜなら、契約社員募集の企業のなかには、働き手の実力により、数年で契約社員から正社員への転身ができることもあるからです。ですので面接時に「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかをヒアリングしても将来設計にも役立ちます。