将来的に、確実に短絡的な仕事は機械で処理されるようになってい…

将来的に、私たちの社会的環境において単純な仕事は機械によ・・

  • 将来、労働力という観点においてより一層単純な仕事は機械に置き換わって最終的には必要なマンパワーは削減されます。なぜかというと簡単な仕事という観点ではヒト以上に機械でやったほうが数段に強いからです。例えば、数をカウントしたり、同一の動作を反復したりすることは機械にとっては何の苦もないのです。もちろん人間とは違って愚痴は言わないし、ペースが変わらないし、横着をすることもないし、何より正確ですし、均一化できるのも魅力です。そして、報酬が発生しません。なので、労働力として人間を使う意味が無いので機械化が自然の流れなのです。
  • 今と違った職場がいいと転職を希望する人の大半は「ちょっとでも早・・

  • 違った職場がいいと転職をしようとがんばっているときの場合には「できるだけはやく、内定(採用通知)が手に入れたい」と考えるものです。しかしながら、通知が得たいばかり、自身の能力について、嘘の申告をしたり、また逆に過小評価するかのような行動をするのはぜったいに止めておきましょう。大事なのは焦る気持ちはグッとおしころして、冷静になりつつ、あなた自身の能力にあった職場探しに意識を向けましょう。これまでの経験が活かせるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を賢く選択してみましょう。
  • 生涯初の失業保険をもらうときに、「期間内は自動的に受け取れる」と考える…

  • はじめて「失業保険」をもらう際に、何もしなくても受け取れると考えている人が非常に多いですが、それは誤解です。実は、失業保険を希望通りに職探しを続けていることが必要で、さらには、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。一か月おきに職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、真剣に就職活動をしていると判断されれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。因みに真剣に就職活動をしていないとみなされたり、月に一度の職員との面談に顔を出さない場合は、当然問答無用で給付が一時停止となったり、以降の給付資格を失うことになるので注意しておきましょう。
  • 失業時に受け取れる「失業保険」は、失業しているあいだが給付条件となりますが・・

  • 失業者がもらえる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが、給付期間が決まっています。失業時までに勤務していた期間によって変わり、90日だったり120日だったりするのですが、世の中にはこれを知らずに失業を続ける限りもらえると勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さない人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから大急ぎで転職活動をしてもろくな結果とならない可能性が高いです。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった部分はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。ヘタをすると、面接官からその手の質問をされることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、9割がた受かりません。
  • 今、私は派遣会社に入っています。

  • このところ私は派遣で働いています。インターネットサイトの中で気の向くままに自分にぴったりの仕事を見つけて聞いてみると「そのお仕事はもう他の方の採用が内定しています」とお断りされ瞬間的にウェブサイトの中から仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、翌日になれば再び載っています。これは結局私だとよくないのだという意味ですよね。それであるならば最初からトラブルにならない程度にはっきりと伝えてほしいのですが、そうするのは難しいのでしょう。あるいはもしかしてダミーのお仕事なのでしょうか?
  • 転職することを成功させるためには、最初に行動をするようにしましょう。

  • 転職することをスムーズなものにするには、あらかじめ、意味のある情報を集めることをしておきましょう。そうしようと思うのなら今を見ると名前も知らないような中小零細企業にもかかわらずHPに会社のことを書いているところがたいていなので、ネットを活用して知りたい情報を手に入れるとまたその企業のよくわからないこと等を解消しておくと相手の会社を知るのが容易です。また、公式サイト以外にも「転職サイト」をチェックしておくのもお勧めです。さらに、インターネット以外の方法として、希望している職場を自分の目で見てチェックしてみることも大切です。
  • 今からでも転職しようと考えるのなら、現状の業務や…

  • そろそろ転職活動しようと思うのなら、今いる仕事や業務の何が気に入らないのかをリストアップしてみる必要があります。元々気に入らない点が限界に達しているから転職したいと考えているのは分かります。しかし「よく考えて現状である人間関係などの問題な点を挙げる」ことを多くの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職における後悔を減らせます。そのあとに、転職を叶えたとしたら、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職してからのモチベーションの低下は高確率で防げますから、失敗しないのは可能なはずです。
  • 転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は不可欠です。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は必須です。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも「ファッション」を誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。ただ、近年の採用面接については形式ばらない服装がOKな会社も多いので、ビジネススーツ(正装)で臨まなくても良いケースもあります。創業してすぐの企業などは、柔軟な考えなのでスーツでいかないほうが相手に良い印象を与えられます。また、正装ではないので、フランクに話をしやすいのもメリットといえます。さらに私服だと、面接中、洋服について、話が広がることもあります。ですから、もしかしたら面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということで、今後、転職は企業の「創立した年」に注目してみて、(ベンチャー系などの)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。
  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている・・

  • 転職を、「派遣社員」を選択しようと考えている人に注意してほしい箇所があります。派遣と聞くと「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」のような仕事内容を連想する人が少なくないとは思います。本音を言うと私自身もまさにそう思っていました。現在勤めている会社に入るまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには「主な業務は電話対応になります」と直接説明を受けました。ところが、実際に業務に掛かると、なんと「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務を任されてしまいました。毎回振り回されますし、面接のときの説明とは異なる内容ばかりなので日々かなりきついです。今は、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。
  • 転職するときは、様々な経路で情報を収集することが多いと思います…

  • 転職する場合は、いろんな手段で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトはぜひとも利用すべきです。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社した元社員の復讐としてその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、別の視点から見ると、ウソばかりの投稿だったなら、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。ですが、本当のことが書いてあるので会社側としては、「真実が知られてしまっては困るから、火消ししなくては!」としていると考えることも出来ます。口コミサイトも炎上によってアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、よくない口コミが多いというのは、それだけトラブルに遭遇する覚悟をする必要があるとみなしていいでしょう。そもそも、良い会社だったら煙は立ちませんから。