最近の企業の雇用に対する考え方の大きな変化に関して、社会人の中・・

このように現代の会社や企業の雇用形態の変化について、社会人の…

  • 近年の企業の雇用に対する考え方の変化について、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若者たちは鋭く感じ取って、大方、転職と自らのキャリアアップを同時に思案しているのでしょう。ですから、労働者やサラリーマンといった人たちの労働市場の「流動化」が年々増えてきているので、さらに後々若い世代以外の層にも転職の関心が増加すると思われます。「流動化」が進んでいく結果、転職はあなたの身近なものとなるのは間違いありません。終身雇用が蔓延していた時代には「会社を辞めて転職」には悪いイメージがあり、事実、転職するのが困難な時代でもあったのです。ですが、時流が変わったせいもあり、今現在やっている会社のみに執着する必要も特に無いように思います。

  • 転職を行うならば、もちろんやりがいのある仕事をすることも重要だ…

  • 転職先を探すとき、もちろんやりがいのある仕事か考えることも重要だけど収入が増えることも大事なポイントですから「年収サイト」というサイトに登録してあらかじめ調査をしています。同一の会社で加えて全く一緒の職種、経歴であるのに人によってすごく幅があることも複数あって、正直に言えば面接時に質問したことがあります。面接をした方もそのサイトをよく見ていたようで「高い収入で書いているのは、書いた人物について誰であるのかある程度は予想がついてるんですけどね、多分格好をつけているのでしょう。低い方の年収で心づもりしといてください」とのことでした。

  • 未経験である業界などに転業をしようとするときには、前の仕事で、自分…

  • 全く経験したことのない分野とかに転業したい場合には、以前の会社で、自分が養われた能力や今まで経験したことが生かせるというアピールが必要になります。その業種に勤務したことがない人はその分その業界で勤務したことがある方よりも不利な状態になりますけど、自分自身の持っている力がその場でも生きるということをしっかりと相手に伝えることができれば、勝負になるケースはあります。したがって、経験したことがないジャンルに挑戦するときには、その業種と自分が今までやってきた仕事とのかかわりを探しましょう。

  • 転業するつもりなら、こまめにたくさんの会社の採用情報…

  • 転身を近いうちにするつもりなら、いろいろな企業の情報の詳細を普段からチェックしておけば就職先の判断が大いにしやすくなります。現在の職場に満足していないと、いざ転職活動をする際、どんな企業でもいいように映ってしまいます。そのような状況下では、どの会社に決めればよいのか判断できなくなり、選択を間違える可能性も高くなります。よって、短い期間で退職の道に進んでしまうので、事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、転職したい会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その転職したい会社の「取引先」を見るのがオススメです。透明性を重んじる会社は取引している会社の情報を公開していますし、反対にそういった会社ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループ名をチェックして、内容を確認してみてください。

  • 『転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が本当に強いものであるなら…

  • 『今すぐ転職したい!』と思っている人で自身の意志が強いのであれば、辞めたいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。ただし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、状況によって高確率で言いくるめられるので要注意です。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、結局、退職までに半年ちかく掛かりました。辞めたい旨を最初、直属の上司に相談したのが年度末で、数ヶ月働いて退職が受理されたのが同年の11月です。本当は、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったです。大変驚きました。やっぱり会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの意見を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがに心の底から信頼はなくなりました。

  • 転職のため仕事探しをする際に特に注意すべき求人情報…

  • 転職のため仕事探しをするときに特に注意が必要な求人内容は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長めであるというものです。このような募集では、給料に『みなし残業代』を含んで算出していることがたいへん多いです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間・45時間というように求人の内容に時間が併記してあります。月の中で残業が発生することが想定されるので最初から給料に残業代を組み込む、といったことです。(注・違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代35時間込』とあれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、この給料です」という意味になるわけです。しかし、悪質な求人は、告知しておくべき『みなし』を記載していない可能性もあるので気をつけておきましょう。

  • かなりたくさんの人材紹介会社に登録していたのですが・・

  • 求職中のころ何社かの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質が色々で大体は十分だと感じる対応をしてくれないアドバイザーばっかりでした。私とっては大切なことなのにもっと気持ちを込めて臨んでほしいという欲がいっぱいになり、それが引き金となり自らキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取るためには費用も必要だったし資格取得のための勉強も大変なわけですが、就活中の人に頼りにされる人になるべく努力しています。

  • 昔は看護婦と呼んでいた看護師は務めとしてどうしても女性の割合が高…

  • その昔は看護婦と呼ばれていた看護師というのは職業として歴史的にも女性のかなり多い職種です。また気力だけでなく体力の消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。ピリピリした現場になりやすく、職場の環境での人間関係の問題や、結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立が難しい職業ともいえます。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、職場を替える人がとても多いのが現状です。過酷な労働環環境であるために、人手不足の状況に陥っています。なので、どの医療機関も看護師を必要とする「売り手市場」であるという現実も、それが転職増加の要因になっているのでしょう。

  • これから転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうなら…

  • 近いうちに転職予定がある人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、必ず失業手当をもらうことをおススメします。失業手当は会社側がもし「雇用保険」を支払っていた場合は、手続きをすれば誰しも失業手当を受け取れます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、働いている企業の都合の退職、残業時間の内容次第で日数をおかずすぐに受け取れることもあります。なお、もらえる失業手当の金額は会社の仕事を辞めた月の直近の給料を基準に失業手当の支給する額を計算するので会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

  • 職を変えた際には、高確率で前職は大方は美化された記憶となります。

  • 転職したケースでは、だいたいの場合は前の会社の仕事での美化されます。本当は現在の会社に納得できない点があるから、前向きな思いでやっとのことで再就職を決意したはずなのに、気がつくと、どうしてかわからないけれど新しい会社よりも「前の職場のほうが良いのでは?」と思ってくるのです。それというのも極めて当たり前のことで、前職では日々の仕事の勝手がわかっているので今よりもわけなく毎日の仕事もあっさりと消化できていたのも一番の根底にあると思います。だが実際は「転職するんじゃなかった」と本気で悔やむほど、前の会社のほうが人間関係や職場環境も良いことがあります。