先日仕事を探すために人材紹介会社へ登録に行きました。

仕事を探すために人材バンクへ登録を行いに行きました。

  • 数日前仕事を探すために人材バンクへ登録を行いに行きました。登録するときのカウンセリングの際に現れた担当者の雰囲気がどうも若い社員のようで、私が伝えたいことの半分もその社員は理解できていない感じ。そのうえ「キャリアデザインが緩いですね」とか「もっと自分の強みを明確化しいていくことが必要でしょう」等、わかったふうに偉そうに言うので非常に嫌な気落ちになりました。カウンセリングを担当させるのはそこそこ社会人経験がある人にするべきだと思います。
  • 転職に先立ち今務めている会社を退社する時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、…

  • 転職を行う際、現在勤めている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、あなたの側から退職届を出して退職する、いわゆる自己都合退職のケースでは直ちに失業保険が出るのではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月待たなければ受け取ることができないのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経過すれば給付されると信じている人がいますが実際にそういった間違いをした人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してそれが原因でハローワークの担当者と言い争っていたのを過去に見たことがあります。念のため、社員側の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職の場合には、失業認定を受けて直ちに失業保険をもらえます。
  • 就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。

  • 就職活動において、カギになるのは年収です。面接の際、今現在に得ている年収と、今後の希望年収額について質問されるはずです。ここで年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一時的に騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、どのみちウソがバレてしまうためです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現職の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。ちなみに、現在の年収が300万円の方が転職後にいきなり500万円になる可能性はほとんど無い、と見ておくべきです。仮に、現在の年収が430万円であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくべきです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、せっかく入社した会社を退職しなければならないという事態になるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。
  • 転職エージェントと転職サイトを活用して、転職活動を行う人はますます増えています。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを使って、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。とはいっても、転職のチャンスを高めたいのなら、それと同時に転職フェアも積極的に活用しましょう。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、参加すれば気になっている企業に関する情報を直接得られますし、それだけでなく、その場で説明してくれるスタッフから、企業の雰囲気を感じられるはずです。もしも、転職フェアに参加する場合は、面接を受けに行くのだと思ってしっかりと準備をしておきましょう。それが奏功してフェア中に、企業側から良い人材と見なされれば、その後面接等に進む時に非常に有利となります。
  • 転職する場合、転職先となる職場における自分の給与について気にする・・

  • 転職しようと考えたとき、その職場の給料について気にしすぎる人がわりと多いものです。もちろんたいていの人は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給料として稼ぐために励むのはずです。年収の額は自身の仕事に対する評価という面もありますから大切なのは無理もありません。とはいえ、必要以上にもらっている年収額に気にかけすぎるのも悲しいものです。この世には収入に直結しない仕事であってもやりがいを感じられることがゼロではないからです。
  • 実際に失業保険の給付を受けるためには、求職活動をしていることを証明しなくてはいけません。

  • 失業保険の給付においては、職探しをしていることを理解してもらわなければいけません。としても、現実的には「今まで忙しすぎたので、少しの間でものんびりと過ごしたい」のが本音でしょう。なので、真剣に就職活動しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。毎月ハローワークに行くのは当然のこととして、その場で求人票を閲覧することが最低限やらなければいけません。心の中では探すモチベーションがわかないときは、閲覧だけしてハローワーク職員との面談のときに、「自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が残念ながら確認できませんでした」と相手に伝え、次の機会を狙っておけば大丈夫です。
  • 求人サイトをチェックする際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、…

  • 求人に関する情報を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、製造業を見逃してしまっています。そういったことをしている人は、「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と誤解している可能性が高いです。製造業の求人募集でも、製造マンだけでなく経理、総務といった従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される部署も結構な数あります。ですが、製造業の仕事場自体、ビジネス街にはないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。ただし、自身の執着をなくすことで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。
  • 楽しい気持ちを持ちながら転職と向き合えば、メンタル面への負担も軽減されるので・・

  • 楽しんで転職をすることができたら、精神的な重荷が減るので、転職期間中の堕落も避けられるはずです。それにメンタルが健やかであれば、すぐに転職先も見つけられるはずです。理想的なのは、休職せずに転職先を見つけることが大事です。現在の仕事を辞めずに次の仕事を見付ける活動も並行して行うのがベストだと思います。それに、休職期間をなくすことで、仕事を辞めたあとすぐに、働けます。こうすることで、職歴の空白期間がなくなるので、今後に響きません。要するに、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来を踏まえながら、うまく転職活動を進めていきましょう。
  • 転職の時に行われる面接時にクールビズでお越しくだ…

  • 転職の時に行われる面接時にクールビズで来てくださいとと事前に連絡が来る場合もあります。しかし、なかには、クールビズで赴くのは実際は良くない印象になるのでは?と懸念する人もいます。そのような考えを持っている人にアドバイスしておきたいのは、クールビズでも大丈夫だと言われている面接なら、言われたことをそのまま実行したほうが確かです。色々考えすぎて、汗をかく時期にしっかりとスーツを着ると面接担当者に暑苦しいと思われますから、クールビズで来てくださいと伝えられたらクールビズで行く方が好ましいのです。
  • 派遣先の会社が決定しました。就業の初日に派遣会社で営業を担当している・・

  • 派遣で働く会社が決まりました。就業1日目に派遣会社で営業を担当している人と派遣先に近いコンビニで合流する約束だったのですが、担当者がどうしたことかコンビニの前にいないので店の中にいるのかもしれないと思ってお店の中に入ってみると、営業担当者はこともあろうに雑誌コーナーで座り込んで成人雑誌のグラビアページを開けて読んでいるところを発見しました。こんな担当者のお仕事なんてやってられないだと思って、その場で声をかけることなく店を出て即刻派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。