転職の面接を受けにとある会社に伺いました。

転職時の面接にとある会社に行きました。

転職の採用面接を受けに転職希望の会社へ行ったときのことです。偶然会社にある部屋が空いていないということで外部の場所で面接担当の人と待ち合わせて採用面接が行われ、その場で解散し、面接担当者も会社に寄ることなく自宅に直接帰るとのことでしたが、ところが自宅の最寄駅が同じだったのです。ですから電車内においても一緒に話をしながらいっしょに帰ることになり、緊張がほぐれ面接よりお話が弾み、それが原因か何事もないまま採用を勝ち取りました。

転職することを、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知・・

もし転職前、今勤めている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、その状況が悪くなる可能性があります。あなたの置かれている立場によっては、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。酷い場合には、残業を押し付けられたりすることもあるので、「転職します」と周囲に言うのは充分にお勧めしません。そういった状態を回避するため、今の仕事場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。誠実な態度を見せることで、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、晴れやかに会社を辞められます。さらには、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後に、困った際には相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。どういった会社であっても、人とのつながりがとても重視されるので、転職前のトラブルは、可能な限り控えましょう。

女性の転職については、数年前と現在とでは少し変化があるといいます。

女性の再就職に関しては、一昔前と今日とでは少なからず、違ってきている点があります。前までは面接のなかで会社側から、「結婚の予定」や「出産後の仕事」などについて、女性たちに質問していました。でも、今はそういったデリケートな内容はセクハラに該当するとして質問をしない会社が一般化しつつあります。名の知れた大企業ほど、この手の質問には神経を尖らせているようです。けれども、企業側は、YES・NO、の2択でなく、その人の姿勢、結婚したあとどうするか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいとは思っているものです。あなたの将来設計を理解してもらうためにも、自己PRや志望した動機と並行して伝えることで、企業側にも考えが伝わり、安心できると思います。そういうわけで、質問されていない内容でも、あなたから気遣いつつ、話をしておくのが良いでしょう。

転職活動の際は、予め、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを見たりして…

転職活動をするとき、まず第一にネット上の求人サイトを閲覧したりして気になる会社を調べるとは思います。その会社が情報を掲載する際には、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す傾向があります。たとえ公開するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった類の会社情報や社員のインタビューについては、そのまま信じるよりも、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。仮に美辞麗句を信じて入社してしまった場合、こんなはずではなかったと気が付くことになることが多いです。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、いろいろと文句をつけて辞めさせないように考えています。このようなことは、いわゆるブラック企業に多いです。

転職しようと考えている会社で見学などがあれば、たいへん勉強になります。

転職候補に挙がっている会社での会社見学に参加すると非常に勉強になります。また、「職人」のいる会社なら、スキルを近い距離で見られるので楽しくなります。そんな会社の見学では、ゼッタイに見学者には、いつもの現場を見せることが少ないです。その傾向が強いのはブルーワーカーなどの職種です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので実際に働きだしてからでないと、実際の姿はわかりません。なので、仕事=見学内容と解釈しないことがたいへん大切です。加えて、会社見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社はとても危険ですから選択肢に入れるのはおすすめしません。入社すらしてない人には何かあっても、それに対する保障が一切ないので、仮に、勧められてもやんわりと断るのが無難です。

今から転職活動をするのなら、気になった求人(業界)があれ・・

これから転職活動をするのなら、気になる求人(あるいは業種)を見るたびにきちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索を掛けてみましょう。求人票・転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界に関するマイナス点は知ることができる確率は低いです。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、簡易的なインターネット検索によって瞬時に多くの事例に触れられるはずです。そういう検索をしないまま、会社に入ると、あとから後悔してしまうかもしれません。だいたい求人が頻繁に出ている理由が「仕事の内容がキツイから人がすぐに辞めてしまう」というケースが少なくないため、気になる案件・業種については、疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

転職活動中は、ついつい時間があるため、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。

転職期間ではどうしても、時間が有り余っているため、気が緩んでしまい、緊張感のない、ダラケタ生活になってしまいます。だとしても、そんな過ごし方は避けたほうが賢明です。それは、緊張感のない、ダラダラとした生活が当たり前になると、「精神的」にも悪影響があるからです。時間がたてばたつほど、働く意欲がなくなり、経済的に困る未来がやってきます。こうして、悪いサイクルにはまり次の仕事をうまく見つけられなくなります。次の仕事を決められなくなるのは、給料を第一に考えてしまうためです。給料を一番に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。なので、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラダラした生活は、しないように気を引き締めましょう。

転職を考え始めたときに、とにかく今の会社を辞職してから…

転職をしようとするときに、まずは今勤務している会社を辞職した後で転職しようと考える方もいますが、そのような場合ボーナスがいつもらえるのかを事前に確認しておくのが無難です。ボーナス支給がある会社は星の数ほどありますが、社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスが支給される日がもう少しのときには、その後で辞めるというやり方もおすすめしたいです。ボーナスはなかなか大きい額になると思うので、手に入れておいた方がいいとも断言することができますから、会社を辞めるときにはボーナスの支給時期についてまず確認しておいた方がスマートなやり方です。

自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。

趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている方は注意が必要です。私が実際に経験したことなのですが、私の場合、食べることが趣味で前に、飲食の世界に勤めていた時期がありました。そのお店での仕事内容は、その飲食店で担当していた業務は、盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。ですが、人間関係ですごく嫌になってしまいました。ということが理由で、職場を去ることにしたのですが、そのせいで、食べること、そしてその店で扱われていた食べ物すら嫌いになり、類似の飲食店は現在も行く勇気がありません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事に就いた当初、好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分の得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと思うのはステキだと思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、真剣に問いただした上で行動するべきです。

安定した暮らしを求めるべく正社員になりたいと考えている人は…

安定性を手に入れるべく正規の社員を目指している人は相当数います。即戦力として働けるように努力しても、中々正社員として雇い入れてもらうことが叶わないケースも少なくはいはずです。派遣社員の求人募集はかなりあるのに正社員の求人募集以外には目もくれず時間を浪費している人が少なくないと言います。仮に、中々転職希望先が正社員を必要としていないのなら、非正規雇用者に応募することで道が開けることもあります。なぜなら、契約社員や派遣社員を募集している企業であっても、働き手の活躍の度合いによって2,3年で正規雇用への転換を狙える可能性もあるからです。面接時にこうした可能性を質問しておくと後々の役に立ちます。