将来的に、着々と単純な仕事は機械化が発展していき結果・・

将来、みるみるうちに考えなくてもできる労働は機械化が進行・・

今後、私たちの労働環境において徐々に単純作業は機械に入れ替わりそれによって必要な労働力は少なからず縮小させられてしまいます。なぜかというと簡単な労働という観点では人以上に機械で作業するほうが圧倒的に能力が高いからです。例えば、数を数えたり同じ手順を延々と繰り返すことは機械では当然何の苦もありません。もちろん人と違って不満を言わないし、疲れることがありません。また、横着をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一だし、ヒトとは違い、給料を渡す必要もありません。このような理由から、労働力として生身の人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械化されるのは自然の結果といえます。

いい職場につきたいと転職希望者の場合、「ほんのちょっとでもはや・・

今と違った職場につきたいと転職で活動しているとき、「1秒でもはやく、採用通知がものにしたい」と思いがちです。とはいえその気持ちが強くて通知ほしさのあまり、自分の能力に関して嘘をついたり、その逆に自分を過小評価するかのような言動はぜったいにしないでください。焦ってしまう気持ちをガマンして、冷静になりつつ、自分にピッタリな職場を探すことに意識を向けましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる職場を見極めましょう。

生涯初の失業保険の給付を受ける際に、何もしなくても給付されると思っている人・・

生まれて初めて失業保険を受けるときに、何もしなくても給付されると思っている人が大部分ですが、それは間違いです。実のところ、失業保険の給付をきちんともらい続けるためには、求職活動を行う必要があり、その上で、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月スパンで職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、本気で就職活動をしていることを理解してもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。対称的に、本気で仕事を探そうとしていないと判断されたり、毎月の職員との面談欠席した場合は、情け無用で給付をストップされたり、場合によってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないよう注意してください。

失業者が受け取れる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが…

失業した人がもらえる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが、「期間」が定められています。離職時までに働いていた期間に応じて変動し、90日とか120日とか設定されるのですが、中にはこういった現実を知らない人が一定数います。永久にもらえるものと勘違いして失業保険で食べていけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから焦って職を探し始めても良い結果にならない可能性が高いのです。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、失業中に何をしていたかといった部分はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。もしかすると、失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、採用は極めて困難になります。

今、私は派遣会社に登録しています。

派遣会社で働いています。ウェブサイト内で自分にぴったりの仕事を見つけ応募したい旨を伝えたところ「残念ながらその仕事は、別の方が採用されました」と答えられ瞬間的にウェブサイトからお仕事の情報が消えるのですが、翌日に閲覧すれば情報が閲覧可能になっています。これって要するに私ではダメっていうことですよね。それであるならばトラブルにならない程度に正直に伝えてくれれあありがたいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。あるいは存在しない架空の仕事なのでしょうか?

後悔しない転職するとを目指すのなら、最初に情報収集を徹底してみましょう。

転職することを成功させるためには、あらかじめ、情報を収集することをしておきましょう。そうするには今では企業の名前を知られていない中小クラスであってもホームページに会社の紹介を書いている企業が普通だから、ネットの機能を活用してあれこれを調べておくとそれとその企業についてわからないことなどを解消しておくと転職に役立ちます。それと公式サイト以外にも「転職サイト」を利用してみるのも意外な発見があるはずです。実際に何よりも転職の候補している職場を自分の目で見て判断するのも大事です。

そのうちでも転職しようと考えるのなら、現在の仕事・業務…

そろそろ転職をするに当たっては、現状の仕事や業務での不満に思う部分をリストアップしてみる必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。元々不満なことがあるから転職しようと思っているはずです。でも「存在する業務や仕事の客観的に考えた不満な点を列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。この点を徹底しておくと転職における後悔を減らせます。その次に仕事を変えることで「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職してからのモチベーションの低下は高確率で防げますから、失敗しないのはできるでしょう。

転職活動する場合、然るべき準備は必須です。

転職する場合、それなりの準備は必須です。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも「服装」を大事に感じてしまいます。ただ、昨今の、採用面接については形式ばらない服装がOKな会社も多いので、スーツで面接に出向かなくても良いケースもあります。とくに会社の設立間もない企業などは、お堅いマニュアルもないことが多く、スーツでいかないほうが相手先に良い印象をあたえます。さらに、正装でないので、ざっくばらんに会話がしやすくなります。そうして、私服ですと面接中に、服装の事で話題が広がることがあるので、もしかしたら面接担当の人から気に入られる期待もできます。というわけで、今から転職にトライするなら「創立した年」に注目してみて、(ベンチャー系の)面接時には私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

転職の際、「派遣社員」を選択予定の方に覚えていてほし・・

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ注意していただきたい点があります。まず派遣業務については、データの入力、電話対応などの雑務、雑用等をなどの業務をぼんやりと思った方がおそらく多いかと思います。はじめはかく言う私自身もそう勘違いしていました。現在勤めている職場に入社するまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには「メインの業務は電話対応になります」と直接説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかし、実際に入社してみると、なんと「電話対応」に加え、辞めた正社員の穴埋め業務を頼まれました。知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめの説明と大きな食い違いがあるので日々とても困惑しています。とにかく、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

転職を行う場合、さまざまな方向から情報収集されるとは思いますが…

転職する際は、様々な経路で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトの利用を強くおすすめします。以前、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、異なる角度から見ると、投稿の内容が嘘であれば、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。しかし、本当のことが書いてあるので会社側としては、「真実が知られてしまっては困るから、はやく炎上をしずめよう」と思っているかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、よくない内容の口コミが目立つのは、その分トラブルが発生する覚悟をする必要があるといえるでしょう。何より、本当にいい会社であればトラブルは起こりませんから。