このように近年の労働背景が目まぐるしく変わってきたこ…

最近の会社や企業の労働環境のめまぐるしい変化に関して、社会人の・・

  • 現代の会社や企業の労働環境の慌ただしい変移をに当たって、34歳ぐらいまでの若者の世代ほど敏感に感じ取っているようです。おそらく、転職と自らのキャリアアップを同時に考えているのでしょう。なので、労働者・サラリーマンの労働市場の「流動化」が顕著になっているため、より一層、今後、益々世代に関わらず転職の関心度が増えていくのでしょう。労働市場の「流動化」が進むことで一つの会社に縛られない生き方は一般的なこととなっていくでしょう。「終身雇用制度」が機能していた頃には「会社を辞めて転職」にはそれだけで悪いイメージがあり、転職が思い通りにいかない人も多くあったのです。けれども、時代の流れとともに今やっている会社のみに執着する必要も特に無いように思います。

  • 転職先を探すとき、当然仕事におけるやりがいアップと・・

  • 転職先を選ぶにあたって、やりがいのある仕事をすることも大切だけどそれに加えて収入が上がることも大切なので「年収サイト」というサイトに登録してあらかじめ研究しています。全く同一の会社で加えて同一の職種、社歴なのに人によって無視できないほどの幅があることも多くあり、ぶっちゃけ面接で質問をしたことがあります。面接をした人も同じサイトをよく見ていたようで「その高い年収で書いてるのは、書いた側もそこそこ予想はついているんですけどね、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方で心の準備をしておいてください」とのことでした。

  • 全く経験のない分野などに転身したいと考えているときに・・

  • 未経験の分野などに転身する際には、前の業界で身に付けた力や経験が生きるというアピールが必要になります。その業種で経験をしたことがないという人はその分その業界の経験者よりも事実、不利になりますけど、自分の持っている能力がその業種でも生きるということをうまく話せれば、戦うことができる場合もあり得ます。それゆえに、経験が全くない分野にチャレンジするときには、その業種と今まで自分が経験してきた仕事との関係を見つけ出しましょう。

  • 再就職を念頭に置いているなら労を惜しまずに多種多様・・

  • 再就職を考えているなら、頻繁にたくさんの企業の募集案内を普段からチェックしておくと転職先の労働環境の見極めがとてもしやすくなります。あなたが今の職場を不服だと思っているケースでは、本格的に転職活動を開始した時に、どこの会社もいいように見えます。そういった状況下では、どこを選んだらよいのか迷いが出てしまい選択を間違える可能性も高くなります。したがって、短期で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、見る力を養っておいたほうが良いのです。企業の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その企業の「取引先」を見るのがオススメです。透明性ある良い企業は、取引している会社情報を開示していますし、逆にそうでない企業は、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、覚えておきましょう。そのうえ、企業によっては、個人グループに入ってることもあるので、グループ名をチェックをすると細かい所もチェックできます。

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、自分の意志が強いのであれば・・

  • 『転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が固いならば退職したいということを速やかに上司に伝えましょう。なぜかというと、このときに相談といった形で話を持ちかけると、状況によって言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、退職までに半年ちかく掛かりました。辞職したいことをはじめて直属の上司に話した時は年度末、数ヶ月働いて辞められたのはその年の11月です。本音は区切りの良い年度末を契機にやめようとおもったのに、希望通りには進みませんでした。やはり企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、さすがに上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、非常に以前にも増して愛想が尽きました。

  • 就職活動をするときに気を付けるすべき求人の募集内容は…

  • 転職活動する際に気を付けて欲しい求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高めで、拘束される時間が長いものです。このような求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算していることがとても多いのです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、30時間とか45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、事前に給料形態に残業代を組み込むという仕組みです。(注意・合法です)もしも求人に『みなし残業代45時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料です」というワケです。でも、悪質なブラック系の求人では記載しておくべき『みなし』を意図的に表記してないこともあるので充分に注意を払っておきましょう。

  • 自分が求職中のころ割と多くの人材紹介会社に登録していました。

  • 以前は何社かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に感じたこと、それはサポートしてくれる担当者のレベルが本当に様々あってほとんどは満足できない感じる担当者ばかりでした。こちらは人生かかっているのにもっと熱心に向かい合ってほしいという想いが募り、その事がきっかけとなって自分がキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得のためには経済的な負担にもなりました。また勉強面に関してもかなり大変なわけですが、就活中の人たちから頼みにされる人間になるために頑張っています。

  • その昔は看護婦という名前だった看護師は資格としてや・・

  • 以前は看護婦と呼んでいた看護師というのは働く者として女性比率がすごく大きい職です。また気力や体力のひどく消耗が激しい特徴もあります。ピリピリした現場になりやすく、職場の環境での人間関係が上手くいかなかったり、結婚・出産などによってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスが取りづらい職業といえます。実際、そういった問題によって転職する人が多い現実があります。看護師という職種の労働市場は人手不足の状況になっています。というワケで、各医療機関は、看護師を必要とする「売り手市場」となっていて、それが転職希望者が後を絶たない原因になっているのでしょう。

  • 転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合…

  • 年内中に転職活動を始める際、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、必ず「失業手当」をもらっておきましょう。これは働いている会社で「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。また、手続きについては「ハローワーク」で行います。しかし自己都合での退職なら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、場合よっては企業の都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐに受け取れることもあります。このとき、支給される失業手当の金額は会社で最後となる勤務月の直近の給料を基準に失業手当の金額を算出されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

  • 仕事を変えると、だいたいの場合は以前の仕事の大方の出来事は美化されます。

  • 転職したケースでは、高い確率で前の会社の仕事は美化されます。実を言えば現在の会社に合っていないと思ったから、それを解決するためにやっとのことで転職することになったのに、過去を振り返るとなぜか新しい会社よりも「前の仕事のほうがマシだった」と思うことは多いです。普通で、前職では日々の業務をこなすことに慣れていてすんなりとまいにちの業務をあっさりとこなせていたのが、一番の根底にあるはずです。しかし、「やっぱり転職などするべきでなかった」と本気でいうほど、前の会社の方が待遇ややりがいがある可能性もあるはずです。