先日転職のために人材バンクへ登録を行いに行きました。

先日仕事を探すために人材会社に登録に行きました。

一昨日仕事を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。カウンセリングの時に出てきた担当の人の雰囲気が見たところ経験不足の社員のようで、こちら側が説明していることの5割もその社員は理解できてないようでした。さらに「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを明確化することが大切です」等、一丁前のことを偉そうにのたまうから大変嫌な気分になりました。カウンセリングを担当する人はそれなりに能力のある人にしてほしいです。

転職するにあたり、今働いている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要があります…

転職を行うにあたって、現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もしも自分が望んで退職届を出して会社を去る、いわゆる依頼退職においてはすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きをした後に失業が確認されてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると信じている人がいますが、この規則を知らない人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると思い込んでそれが原因でハローワークの職員と口論していたのを以前見たことがあります。例外として、社員側の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けてからすぐさま失業保険をもらえます。

就職活動において、年収はかなり大事なポイントです。

就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。面接では、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実の年収より多く言って、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。結局は源泉徴収を提出することになるので、一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的には虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、今の年収が300万円の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんどありえません。もし、現在が430万円の年収であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが得策です。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、せっかく入社したのに退職に追いやられる事態になることを招きかねません。

転職エージェントや転職サイトなどを通じて、転職活動する人は年々増えています。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを使用して、転職活動を行う人はたくさんいます。ですが、よりよい転職先を見つけたいのであれば、その上に転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアは、数多くの企業が一堂に会するイベントです。そこに足を運べば複数の企業の情報に触れることができ、それにとどまらず、説明担当の企業スタッフから、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。転職フェアに参加する機会があれば、1次面接を受けにいくつもりで企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。もしもフェアのあいだに企業に好感を持ってもらえたら、正式に応募して採用面接でとても有利になると期待できます。

転職というものについて考えた場合、転職後の給料ばかりに気を取られる人・・

転職というものを考える際、そこでの自分の年収について気にする人がわりと多くいるようです。大部分の人はだから生活費を給与として得るべく精を出しているはずです。とうぜん年収というのは自分自身の社会的な価値を知る値という側面もありますから、当然大切なのは至極当然です。しかし、あまりにもらっている年収額に気にかけすぎるのも虚しいものです。この世には収入に直結しない仕事であっても精神的な充実を得られることがゼロではないからです。

実際に失業保険を給付してもらうためには、仕事を探していることを理解してもらわなければいけません。

現実に失業保険の給付を受けるためには、職探しをしていることが必要なのです。そうはいっても、現実は「今まで一生懸命働いてきたので、しばらくは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思う人も少なくないでしょう。ですので、ちゃんと次の仕事先を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。1ヶ月おきの「ハローワーク」での面談は当然ながら必要ですが、その場で求人票を見ることは最低限やっておく必要があります。まじめに探す気持ちがないときは、求人票を真剣に閲覧している芝居をして、ハローワーク職員との面談の際に、「納得できる条件の仕事や自分に合った仕事、希望する仕事が意に反して見つかりませんでした」と話して、次に期待しましょう。

求人に係る情報をチェックする際、例えば、「デスクワークがしたい」と考えている人ほ・・

求人関連の情報を見るとき、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、はなから製造業に目を通さない人がいますが、そういったことをしている人の多くは「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と誤解している場合もあります。実際に、製造業での求人であっても現場作業者だけでなく、経理、人事、総務などのスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理のような「オフィス系」に分類される仕事も多数あるのです。けれども、製造業にはありがちですが、ビジネス街にはないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そこがマイナスに感じられるかもしれません。だとしても、自らの執着をなくすことで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。

将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら転職と向き合え・・

将来に目を向け、楽しみながら転職ができれば、精神的な負担も軽減されるので、結果として転職活動の間に堕落しないで済みます。精神的な部分が良好な状態であれば、割と早く新たな転職先も見つかるはずです。おすすめは、休職によるブランクをつくらず転職先を見付けることです。現在の会社を退職せずに次の仕事を見つけるのがもっとも良いです。さらに、隙間をつくらなければ仕事を辞めたあとすぐに、働けます。そうすると、職歴の空白期間がなくなるので、今後に響きません。すなわち、転職の時に不利になることがないということです。将来のことを考えながら、転職活動を考えてみてください。

再就職の時にする面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫です…

転職の時に行われる面接時の身なりは企業側からクールビズで良いとと書かれている場合もあります。しかし、クールビズで赴くのは印象が良くないのではないか?と懸念する人もいます。クールビズに関する迷いを抱えている人たちに言っておきたいことが、会社側からクールビズを指定されたのなら、伝えられた内容を実行したほうが安心です。迷うことによってしまい、真夏なのにしっかりとしたスーツを着用していくと不自然に感じられますから、クールビズで良いと事前に聞かされたのならクールビズでいくのが望ましいです。

派遣でのお仕事が決定しました。

派遣会社での仕事が決まりました。就業1日目に営業を担当している方と就業先の近所にあるコンビニエンスストアで落ち合う約束をしていたのですが、コンビニエンスストアの前にいないから店の中にいるのではないかと思って店内に入ってみたら、雑誌コーナーで座り込んでいやらしいグラビアのところを開いてみているではないですか。自分の担当者がここまで酷いのは我慢できないことだと感じ、そこで声をかけることなくこっそりと店内から出て即刻派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。