転職における採用面接にある会社に伺いました。

転職の採用面接を受けるため転職希望の会社へ行きました。

転職の面接に転職したい会社へ行きました。その日に限って会社にある会議室がすべて他の客でつまっているということで外の場所で面接官と待ち合わせをして採用面接が行われて、その場所で解散をし、面接をした方もそのまま自宅に直帰されるとのことだったのですが、ビックリしたのは自宅最寄駅が私と同じ。なので電車の中においても面接官と一緒にお話をしながら帰ることとなり、緊張が解けて面接よりお話が弾んで、それがプラスに働いたのかなんと採用を手に入れることができました。

もし再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知…

もしも転職することを、今勤めている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の雰囲気が悪くなる可能性があります。あなたの置かれている立場によっては、これまで通りに行くこともありますが、やっかみや意地悪される可能性もあります。加えて、残業時間を意図的に増やされてしまうことも考えられるので、「転職します」と周囲に言うのは充分に注意が必要です。上記のようなトラブルを回避するためにも、仕事をしている現場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。誠実な態度を見せることで、良い状態をギリギリまで維持したまま、気持ちよく会社を退職することができます。それに、円満退職になれば、転職後に、困ったときにアドバイスをもらえる機会にも恵まれるでしょう。規模や業種に関係なく、どのような会社も人とのつながりがとても重視されるので、辞める前のトラブルには警戒しておきたいものです。

女性の転職に関しては、セクハラが社会問題となっている現代…

女性が転職するに当たって、数年前と今現在とは若干、状況が変わりつつあります。過去には面接のなかで会社側から、結婚観や出産後の方針などのことに関して、当たり前のように女性たちに質問していたのですが、現在の流れとしては、その手の内容は、セクハラとして聞かない会社が増えています。そして、特に大企業ほど、この手の質問には神経を尖らせているようです。ただ実際、面接する側としては、はい・いいえ、で返答するのではなく、その女性の考え、結婚したあとどうするか、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいと思っています。自身の将来設計をわかってもらうためにも、志望した動機や自己PRと一緒に言い表すことで、面接官にも認識してもらえ、安心してもらえると思います。そういうわけで、質問されてない箇所についても、こちらが先んじて気遣って答えておくとよいでしょう。

転職活動をするとき、前もって、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たりして…

転職を行うとき、事前にネット上で求人サイトを閲覧したりしてその会社のことを調査するのですが、しかし、その会社が情報を載せる際には、コンサルタントからアドバイスを受けていることが多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す傾向があります。仮に公表したとしても差しさわりのない表現をします。その種の「社長インタビュー」などに関しては、それを鵜呑みにするのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。仮に美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、こんなはずではなかったと後悔することになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、色々と理由をつけて辞めさせないように画策しています。その手の「ブラック企業」の求人には充分に注意しましょう。

転職したい会社の会社見学ができれば、たいへん勉強になります。

転職したい会社で会社見学などがあれば、すごく勉強になります。特に、「職人」のいる会社なら、スキルを近い距離で見られるので楽しみです。そのような「職人」がいる会社見学は、見学者にはたいていの場合、通常通りの現場を見せることはまずありません。例を挙げるとブルーワーカーといわれる肉体労働などの業種です。この職種では、個人のプライドが強いので実際に入社してからでないと、本来の姿は伺えません。なので、仕事=見学内容と決めつけないことが良いです。加えて、会社見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社はとてもキケンですし、言語道断です。雇用契約を結んでいない人間には、仮に何かトラブルが発生しても、それに対する保証がないので、スタッフから勧められてもていねいに断っておくようにしましょう。

あなたが転職活動中に、良いと思う求人(もしくは業…

これから転職活動をするのなら、気になった求人(または業界)があったら、忘れず「〇〇業、ブラック」でネットで調べておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界に関するマイナス点は知ることができる確率は低いです。もしも、やましい箇所がある場合は、インターネット検索で本来の姿を理解できるでしょう。そういった面を知らずに入社すると、あとになって痛い目にあいます。だいたいその求人が出ている理由が「内容がきつく、人の出入りが激しい」という場合が多くを占めるため、目に留まった案件・業種については、きちんとチェックした上で応募しましょう。

転職を決めるあいだは、無意識のうちに時間があるた…

転職するための期間中は、ついつい時間があるため、気が緩んでしまい、緊張感のない、ダラケタ生活になってしまいます。でも、そうした過ごし方は避けたほうが賢明です。というのも、緊張感のない、だれた生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「心」もだらしなくなるからです。いつの間にか働く意欲が湧かず、経済的に困る事態となりかねません。そうなると、悪いサイクルにはまり次の職場が見つからなくなります。次の仕事を決められなくなるのは、もらえるお金を最優先に考えてしまうためです。給料を一番に考えざるを得なくなると仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そのため、お金に縛られない生活を始める為にダラけるような生活はしないように常に意識を持ちましょう。

転職活動を始めるときに、まずは勤務している会社を辞めて・・

転職活動をスタートするときに、とにかく今働いているところを辞めてからという考え方もありますが、そうするときにはボーナスの支給日を事前に確認しておきましょう。ボーナスがもらえる会社は多く存在しますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスをもらえる時期まで長くないのなら、ボーナスをもらってから会社を去るという手も得をする方法です。ボーナスは結構たくさんもらえると思うので、手に入れなければ損ということも分かりますから、転職しようと思ったらボーナスが入る日をまず第一に確かめておくと賢明なやり方です。

好き、を仕事にしたいという風に思っている方は要注意です。

自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意です。これは、私が実際に経験したことなのですが、私は、もともと食べることが好きだったのですが、以前は、飲食店で仕事をしていた時期がありました。そのレストランでの業務は、そのレストランで担当していた業務内容は、盛り付け作業やホール業務です。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。しかし、人間関係のいざこざにとても疲れてしまったのです。ということが引き金になり、仕事をやめることにしたのですが、そのせいで、あんなに大好きだった食べることやその店で扱われていた食べ物さえも嫌いになり、同ジャンルの飲食店にはしばらく経った今も行けません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事に就いた当初、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分自身の好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現させることは素敵なことだとは思います。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、改めて尋ねる必要がありそうです。

安定を求めるべく正社員を狙っている人は多いと思います。

安定した生活を欲しがって「正社員」として働こうと思っている人は多いのが現実だと思います。しかしながら、役立つスキルを身に着けたりして相当に頑張っているのに正社員としての転職活動そのものがうまくいかないケースも少なくないはずです。契約社員の求人情報がかなり目につくのに正社員の求人情報以外を見ないで応募しない人も少なくないでしょう。しかしあなたが、正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、契約社員の募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。契約社員の募集を掛けている会社でも、働きぶりによって2,3年で契約社員から正社員への転換ができる可能性もあるからです。ですので採用面接の際に、正社員として働けるチャンスがどの程度あるのかをヒアリングするようにしておけば将来設計も組みやすくなります。