再就職を考える場合、万事都合よく運ぶという確証はありません。

転職を考える場合、全てがスムーズに進行するという保証はありません。

  • 仮に転職するにもあらゆることが順調に運ぶというわけではありません。それはいつか、しようと考えているなら若いうちになるべく早く行動しておくべきです。平均として見た場合、20代の若いうちは良い成果があがりやすいですが、30代後半~40代となってからの転職というのはとても厳しいものと理解しておくべきです。もしも、要職に就いているのなら、転職したいと思い立っても、現在の会社に留まることも選択肢に残しておくべきです。要するに、退社してから転職活動を行うよりも、現在の会社には残ったまま時間をかけて注意深く行動したほうが失敗することもありません。
  • 在職中はできれば周りの人にバレないように(自身の転職活動・・

  • 雇用中には、出来るだけ同僚にバレないように(私の例ですが)雇用期間中に転社したいという考えだけを早期に周りの人に話したことがあります。ところが、その顎、転職情報を探していたのですが、結局転職先や転職時期すら計画も立てずに進めていたので、ダラダラと時間が過ぎてしまいました。一方の会社の側は、業務の引き継ぎ、諸々の手続き、自身の退職日などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経たのち、次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。
  • 転職をする時に面接でかなり高確率で問いかけられる…

  • 転職の面接で絶対に質問されるのが職場を辞めたのはどうしてなのか、という話ですがこの質問に回答する場合には前職を話の中心にしないほうが良いです。前職を退職した経緯が中心となり話が進むと言うまでもなくマイナス要素を含んだ内容になってしまいますから。この話の良い進め方は、なぜ前の会社を辞めたかという点をこの職場に必ず入りたい理由があったからといった話の中身に持っていくべきであり、今、自分が面接に来ている会社の方にスポットを当てるべきなのです。そういった内容ならば、マイナスではなく好印象の前職を辞めた理由になります。
  • 派遣で就業しています。派遣法とかのからみで残念なこと・・

  • ある会社に派遣されて働いています。派遣法や労働契約法のせいでやむを得ず、長く務めてきた会社での仕事があと数か月で終了します。仲間の派遣社員の中には派遣の勤務先から正規社員の条件を手に入れた方もいるのですが選ばれた理由としては正直仕事の実力というよりは派遣先の上司へのごますりが得意な人で引き立てがあった模様。仕事を遂行するスキルよりもおじさんに媚びるスキルの方が大切なのかなーと派遣仲間達と派遣先の職場で愚痴を言う日々です。
  • クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接場に出向く場・・

  • クールビズ(軽装)の服装で再就職の面接にチャレンジするときには、ジャケットまでは着込まなくても安心であると断言できます。ですが、ネクタイに関しては着用していったほうが印象が良いです。タイなしで良いと考えている会社もある可能性はなくはないです。ですが、ネクタイはクールビズであろうと着用するべきだとしているところがいくつかあります。そのため、例えクールビズ(軽装)が良いと言われていたとしてもネクタイは必ず着用していった方が安心だということは分かっておいてほしいです。
  • 人生初の転職をする際、注意しなければいけないのはなぜ現在の仕事を去る必要があるのか・・

  • 初めて転職を行う場合、忘れてはならないのはどうして今の仕事を去らなければいけないのかを頭の中で整理しておくことだといえます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくべきでしょう。その上でその問題を解決してくれる企業を選んでみてください。卒業してからの転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、働きながら転職活動しなくてはならないことから、時間と体力とが必要だと考えられます。それゆえハッキリした理由がないまま転職活動をすれば、途中で挫折してしまうおそれがあります。何がなんでも転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強固な気持ちがない間は、転職活動を行うのはやめておくのがいいでしょう。
  • 転職を考えている際に見ることになる求人内容について・・

  • 仕事を変えようとしようとしている時に目を光らせる募集要項は、おおまかなものとして記載されている、という可能性もあり得ますので、そこに書かれている内容はすべて間違いのないものだと簡単に信じないほうが最適でしょう。なかでも給料の金額などに関しては、一般的な値なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高の給料であるのか?といった見解ができない場合が多く、自分で勝手に理解したつもりでいると、今後、そのことを悔いる可能性も少なくはないのです。したがって、そんな風にならないためにも、求人情報は、だいたいのものだと考えて、そういった情報は会社側に直に確認するのがよろしいです。
  • 転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。

  • 転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。「転職理由は」と必ずと言っていいほど訊かれます。このときに、どういった理由があろうとも、過去の職場の「人づきあい」「労働環境」に関しての愚痴ともとれる回答などは、極力やめておいたほうが良いでしょう。こういった話をしてしまうと、採用条件としてマイナスに傾き、チャンスを棒に振ってしまいかねません。そのため面接では「前向き」な人柄をアピールするのが重要です。正直な理由でなくとも、「新しい職場では自身のキャリアをしっかり生かし、真面目に取り組んでいきます。」といったようなアピールの仕方が必要とされます。
  • 仕事によって回復が難しいほど心的な負担が大きくなり、…

  • 働く中で回復が難しいほど心的な負担がかなり増え、転職せざるを得ない状況になったのなら、職場の人と相談していくより自分の家族と相談し、会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。仕事をするのは当事者であるあなたのためでもあります。が、しかし同時に家族の問題でもあるのです。毎月、納得のいく給料がいいとしても、精神面がボロボロになるまで我慢しながら無理して働くのは好ましい状況とはいえません。昨今は、金銭的なことよりも、働く当人が働きやすいことを大事にする生き方も段々と増えていっています。あなたの家族や、自身の心と体も大切にしましょう。
  • 日本には「石の上にも三年」という諺もありますが、現在の社会で・・

  • 昔から日本には”石の上にも3年”という教えがあります。終身雇用制は死語になりつつあります。転職というのは自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。しかしながら、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、安易に考えるのは厳禁です。実際に転職を検討する際は、タイミングを図る必要があります。基本として、今現在の職場、仕事、自分の置かれている立場などに対して嫌だと強く感じていることを、5~10個ほど、リストアップしてみてください。そうすることで、転職に役立ちます。そして、もし未来の展望が拓けたのなら、迅速に、良い職を手に入れられるように努力することも大切です。