今後、私たちの社会的環境においてどんどんシンプルな作…

私たちの社会的環境において、将来的にぐっと思考を必要としない作…

将来的に、労働力という観点において一段と簡単な仕事は機械に切り替えられてそれに伴い、マンパワーは少なからず縮小していきます。というのは、簡単な仕事という観点では人間が作業するよりも機械のほうが数段にすぐれているからです。数量を計測したり、同じ動きを延々と繰り返すことは機械には何も不自由もありません。もちろん人間とは違って文句も言わない、疲れないし、ずるもしない、早いし均一化できるのも魅力です。付け加えて、賃金が発生しないのも違いですね。このような観点から労働力として生身の人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械に置き代わるのも自然の結果といえます。

新しい会社につきたいと転職を希望する場合、「一刻もは…

いい企業がいいと転職をしようとがんばっている場合、「1日もはやく、内定がものにしたい」と思っているものです。が、それで内定が得たいあまり、自分自身の能力に関して嘘をついたり、対称的に過小評価するかのような売り込みは出来るだけしないでください。大事なのは焦ってしまう気持ちをガマンして、冷静に客観的に考えながらあなたに適した職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。これまでの経験が活かせるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる会社を賢く見極めていきましょう。

生涯初の失業保険をもらう際に、「期間内は自動的に受け取れる」と考える・・

はじめて「失業保険」を受けるとき、何もしなくても給付されると思っている人がかなり多いですが、それは誤解です。実は、失業保険を希望通りに受け取るためには、職探しを続けていることが必要で、加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。1ヶ月周期で職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、本気で仕事を探していることをわかってもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。残念ながら、きちんと就職活動をしていないと思われたり、毎月のスタッフとの面談を欠席したときは、情け無用で給付を一時的に止められたり、場合によってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないよう十分気を付けましょう。

失業者に給付される失業保険は、もらうためには失業中であることが必要です・・

失業した際に給付される失業保険は、失業中でない人はもらえませんが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。離職時までに働いていた期間に応じて変動し、90日とか120日とかが決まるのですが、驚くことにこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業を続ける限りもらえると勘違いしていつまでも遊んでいる人がいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから焦りつつ職探しをしたとしてもあまりいいところは見つかりません。転職候補となる会社の面接官もアホウではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかに関してはそこそこわかるはずです。状況によっては、面接の時に失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、受かるのは難しいでしょう。

派遣会社に登録をしています。ウェブサイトを見ていて気の向くま…

今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。サイトで自分に向いていそうな仕事を見つけて応募したい旨を伝えたところ「そのお仕事はもう別の人に決まりました」と返答され一時的にウェブサイトから仕事の情報がなくなるのですが、翌日に閲覧するとまた載っています。これって結局は私だとよくないのってことですよね。そうであれば変に隠さないようにはっきりと教えてくれるといいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。それとももしかして偽りのお仕事なのでしょうか?

満足できる転職を希望しているのなら、最初から情報を集めることが必須です。

転職を成功させたいのなら、最初から意味のある情報を集めることをしておきましょう。そうするには今を見るとどれほど小さな企業の意地でかHPに会社のことを書いているケースが当たり前になっているので、ネットの機能を駆使して知りたい情報を調べておくとまたその企業の疑問点などを解消しておくと転職に役立つはずです。それと公式サイトに加え、転職サイトなどを上手く利用することも良いかもしれません。実際に何よりも転職を考えている希望の職場を自ら判断してみましょう。

今から転職活動を予定しているのなら、現状の業務や仕事…

来週からでも転職活動をするに当たっては、現状の仕事や業務での不満に思う部分を明確化する事が必要です。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。不平が大きいから転職しようと思っているはずです。でも「しっかりと仕事・業務の客観的に考えた問題を列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。その次に仕事を変えることで「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確化してみましょう。転職できたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後のモチベーションの低下を抑えることは可能です。

転職にあたって準備は必要です。

転職活動する場合、それなりの準備は不可欠です。そのなかでも、目に映る「ファッション」は、気になっても仕方がないと思います。しかし、現在の企業面接に関しては形式ばらない服装がOKな会社も多いので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて行く必要はありません。会社の創設したての企業などは、柔軟な考えなので私服で面接を受けたほうが、相手からの印象が良くなります。さらに、フランクに会話できるメリットも。そうして、私服だと面接中に、洋服について、話題が広がることがあるので、うまくいけば面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。というわけで、転職をするつもりなら、企業の「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系などの)面接時にはスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

転職で、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ注意してもらいたい…

転職する場合、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひチェックしてもらいたい箇所があります。まずはじめに派遣に関しては、お茶出し、データの入力などの雑務、雑用等をなどの業務内容をぼんやりと想像する人が多々ありますよね。本音を言うと私自身もかつてはそう思っていました。現在勤めている職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「主な業務は電話対応になります」と面接で派遣会社からも説明も受けてました。ですが、いざ入社してみると、「電話対応」だけでなく、辞めた正社員の穴埋め役をやってくれと言われました。毎回振り回されますし、当初の説明と大きな食い違いがあるのでとても困惑しています。とにかく、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

転職を行うにあたっては、様々な経路で情報を収集するのが通常だと思いますが…

転職活動をするにあたっては、いろんな手段で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職に関する口コミサイトはとても有益です。少し前に、悪い口コミをサイトに載せられたということで、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こしたケースがありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせとしてそのような口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、別の角度から見れば、ウソの書き込みだったのなら、会社としては気にしなくてもいいはずです。あるいは、実際には『クロ』で「周囲に気づかれたら恥になるから、なんとか火消ししたい」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い内容の口コミが多く目立つのは、それだけトラブルが発生する覚悟をしなければいけないと考えてもいいと思います。そもそも、本当に善良な企業であれば煙も立ちません。