転職における採用面接に転職したい会社へ行きました。

転職のための採用面接に伺ったときのことです。

転職の面接を受けに希望先の会社へ行ったときのことです。その日に限ってその会社にある会議室が空きがないということで会社外部で人事部の人と待ち合わせて採用面接を行い、当該会場で解散をして、面接担当者も会社に寄ることなくそのまま自宅に帰るとのことでしたが、なんと自宅最寄駅が同じ。なので電車内でもずっとおしゃべりをしながらいっしょに帰ることになり、その結果緊張がなくなって面接よりお話が弾み、それがプラスに働いたのかなんと採用を掴み取ることができました。

もしも転職前、今の会社の人たちがあなたの退職を知・・

もしも転職することが、現在の職場の同僚たちがあなたの退職を知ると状況が悪くなる可能性があります。働く環境次第では、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。それだけでなく、残業時間を意図的に増やされてしまうことも考えられるので、むやみに「転職します」と周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。そういった状態を避けるために、今の仕事場では、真面目に仕事をしておきましょう。注意をしておくことで、良い関係を最後まで保ちつつ、晴れやかに会社を辞められるはずです。さらに、何の問題もなく円満退職に至れば、転職後に、困った際には相談できるはずです。規模や業界に関係なく、どこの会社も、人とのつながりは大切なので、会社を辞める際のトラブルは控えましょう。

女性が転職するに当たって、現在と一昔前では少し状況が変わりつつあります。

女性の転職は、数年前と近年とでは多少の、違ってきている点があります。過去には面接のなかで、結婚の予定や出産予定に関して、一般的なこととして質問されることが珍しくありませんでした。でも、現在はそういったデリケートな内容はセクハラと捉えられるのを恐れて、質問しない企業の方が多くなっています。そしてまた、名の知れた大きな会社の場合は、あからさまに避ける傾向にあります。ただし実際、面接する側は〇か×の2択でなく、その女性の生き方、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な対応を把握しておきたいとは思っています。あなたの将来設計を知っておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機の中に織り交ぜながら言い表すことで、相手側も考えがわかり、判断してもらいやすくなると思います。というワケで、質問されていない内容でも、あなたから気を遣って話していくことを考えてみてください。

転職活動を行うとき、始める前に、求人雑誌を見たり・・

転職するのなら、事前にハローワークや求人雑誌の求人情報を見たりして関心のある会社をチェックするはずです。しかしながら、当該会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントが付くことが多いです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す特徴があります。仮に公開したとしても差しさわりのない表現をします。そのような会社や社員に関連する情報については、そのまま信じるよりも、半信半疑で聞き流すべきです。もしも額面通りに受け止めて入社してしまった場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」と後々、後悔するおそれがあります。悪意ある会社は、素直な人間を取り込み、その後、いろんな文句をつけて辞めさせないように画策しています。この手のことは、いわゆるブラック企業に多いです。

転職候補に挙がっている会社で見学しておけば、たいへん勉強になります。

転職したいと考えている会社で会社見学などがあるとすごく参考になります。そういった会社のなかでも、「職人」がいる会社見学は、腕を見るのが気持ちが高ぶります。が、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者には間違いなく、いつもの働き方を見せないのが特徴です。例を挙げるとブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。個人のクセが反映されやすい業種なので、入社してみないと、本来の姿は伺えません。ですから、仕事は見学で見たものだけだと解釈しないことが賢明です。また、見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社はかなり問題がありますから注意しておくべきです。雇用契約を結んでいない人間には、仮にケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保証など一切ありません。進められてもていねいに断るようにしましょう。

将来転職活動をするのなら、気になった求人(または職種・・

今後転職活動をするのなら、気になった求人(OR 職種)を見つけたときに忘れず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで検索しておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、その業界のデメリットなどは、教えてもらうことは不可能です。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、インターネット検索でカンタンに本来の姿を理解できるでしょう。そのような手間を惜しんで仕事を始めてしまうと、あとでガッカリしてしまう可能性が高いです。そもそもその求人が出されていた理由が「業務内容が厳しく、人がなかなか定着してくれない」といった場合が多くを占めるため、興味をもった案件や業種については、注意したほうがいいです。

転職するための期間中は、つい時間があるため、気が緩んでしまい…

転職するための期間中は、無意識のうちに時間が有り余っている分、気が緩んでしまい、緊張感のない、ダラケタ生活になってしまいます。しかし、そんな風な過ごし方を習慣にするのは危険です。人というのは、ダラけた生活が当たり前になると、心もダラケテしまうからです。気が付くと、仕事をしようとする意欲が湧かず、お金が回らなくなって困ってしまうかもしれません。そうなってしまうと、すべてにおいて悪循環になり、次の勤め先が決められません。再就職先を決めることができないのは、給料を最優先に考えてしまうためです。お金を第一に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。そんなわけで、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラダラした生活は、(転職活動中には)不必要です。

新しい職を探すのに、まず今の会社を辞職した後で転職しようと考える人もいますが…

転職をしようとするときに、まずまず勤務先の会社の退社手続きをしてからとする人たちもいますが、その場合には会社がいつボーナスを支給するかを確かめておきましょう。ボーナスがもらえる会社は多いですが、ボーナスがあるのであれば、ボーナスが支給される日が近づいているのであれば、ボーナスが支給されてから退職届を提出するという手も賢明といえます。ボーナスはってかなりたくさん入るので、もらい損ねたら損ということも分かりますから、職場を変えようと思い始めたらボーナスの時期を確実に把握しておくと堅実です。

趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと思っている方は要注意です。

趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意した方が良いです。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私は、食べることが本当に好きでそれが理由で、かつては、料理店に勤めていた期間があります。そのレストランでの業務は、そのレストランで担当していた業務内容は、盛り付けやホール業務です。この仕事内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。しかし、人間関係のいざこざで嫌になってしまいました。ということが引き金となり、職場を去ったのですが、その影響で、食べること、そしてそのレストランで扱っていた食べ物も嫌いになり、似たような店にはしばらく経った現在も行くことができません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めた頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の大好きなジャンルの仕事に就きたいと思い、実現できるのは本当に素敵なことです。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、冷静に自分に尋ねる必要がありそうです。

安定を希望して正規の社員になろうとしている人は多いのが現実だと思います。

安定性を手に入れるために「正社員」になりたいと思っている人はかなりいます。しかし、即戦力として働けるようにいくら頑張っても中々正社員として雇用されることが現実化しない可能性もあります。契約社員や派遣社員の求人募集はたくさんあるのに正社員の求人募集以外はそっちのけで応募しない人も少なくないでしょう。仮にあなたが、正社員として希望する仕事に転職できない場合は、準社員の募集も見てみましょう。契約社員や派遣社員募集の会社の中には会社に貢献することができれば、2,3年で正規雇用にステップアップができることもあるからです。ですから面接の最後に正社員として働けるチャンスがどの程度あるのかを質問しても良いでしょう。