これから、労働力という観点において一段と簡単な労・・

私たちの労働環境は、今後段々と単純労働は機械化が発展してい・・

  • 近い将来、私たちの社会的環境において簡単な作業は機械に変更されていき結果、必要な人員は削減されます。どうしてかというと、短絡的な仕事は人よりも機械を稼働させたほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。数量を計測したり、同じ動きをずっと反復したりすることは機械では当然問題ありません。もちろん人と違って不満を言わないし、肉体的な疲れもないし、インチキをすることもないし、正確だし均一化できる強みもあります。また、人と違って報酬が発生しないのも違いですね。というわけで、労働力として生身の人間を使う意味がまったく無いので機械化が必然といえるでしょう。
  • もっと良い会社がいいと転職活動をしている中の場合、「ちょっとでも早・・

  • いい会社の社員になりたいと転職活動をしている中の人の大半は「ちょっとでもはやく、内定(採用通知)がほしい」と思っているものです。ですが、その気持ちが強くて良い知らせが欲しいばかり、自分自身をより大きく見せたり、また反対に過小評価につながる売り込みは可能な限りしないようにしましょう。大事なのは焦る気持ちをガマンして、冷静に客観的に考えながら自分の能力にあった職場を探すことに専念することが重要なのです。それまでの自分の経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く選択してみましょう。
  • 生涯初の失業保険の給付を受けるときに、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人・・

  • 過去に失業保険を受けた経験のない人は、給付されるのを待っているだけでいいと思っている人が大部分ですが、それは誤りです。実際は、失業保険の給付を希望通りに受け取るためには、仕事探しを行っていなければならず、その上で、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月スパンで職員に就職活動の状況をきちんと説明して「この人は、しっかり就職活動をしているな」と見なされれば、翌月の保険給付が行われるシステムです。一方、本気で就職活動に取り組んでいないと判断されたり、毎月の職員との面談に顔を出さない場合は、強制的に給付してもらえなかったり、ときには以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないよう注意しておきましょう。
  • 失業した人に給付される失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが・・

  • 失業した人が受け取れる失業保険は、失業している間もらえるが、給付期間が無限に続くわけではありません。失業時までに勤務していた期間によって違い、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、なんとこういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限り給付されると勘違いして失業保険があるからと遊び続けている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き焦りながら職を探し始めても好条件のところを見つけるのは至難の業です。面接に応じる担当者もアホウではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった部分はそこそこ察しがつくでしょう。ヘタをすると、面接の際に失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、受かるのは難しいでしょう。
  • 今、私は派遣の会社に登録しています。

  • 派遣会社に入っています。ウェブサイトの中でふと気になる仕事を見つけて問い合わせをしてみると「その仕事はすでに他の人に決まりました」とお断りされ一時的にサイト内からもお仕事の情報が消えるのですが、翌日になれば再び載っています。それって結局私だとよくないのだって意味ですよね。それであるならば変に隠さない程度にはっきりと伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。それともまたもしかするとダミーの仕事なのでしょうか?
  • 転職をスムーズなものにするには、最初から意味のある情報収集をしておきましょう。

  • 良い転職する先を見つけるためには、戦略を立てながら徹底した情報を収集することが不可欠です。そうしようと思うのならこの頃はほんの小規模な会社もHPを開設しているところが普通だから、インターネット上で自分が気になる点を調べておくとまたよくわからない点などをチェックしておくと転職時に助かります。さらに公式ホームページ以外にも、転職サイトなどを上手く利用することも良いかもしれません。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。転職の候補にしている企業を自分の目で見てチェックしてみることも大切です。
  • いよいよ転職活動しようと思うのなら、現在の仕事や…

  • 今からでも転職をするに当たっては、今いる業務で感じている不満点を明確にしておく必要があります。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。もともと不満な点があるから転職しようと思っているはずです。しかし「きちんと現状の会社の客観的にみた不満点を書き出す」ことをほとんどの人はやっていません。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあとに、転職を叶えたあと、「今より何が不便になるか」を明確にイメージしてみましょう。転職したとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後の急激なモチベーションの低下は抑えることはできると思います。
  • 転職活動にあたって然るべき準備は不可欠です。

  • 再就職する場合、然るべき準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、そんな中でも身だしなみ、に含まれる服装は重要だと感じてしまいます。ところが、昨今の、企業面接に関しては形式ばらない服装が多い会社があるので、ビジネススーツを着て面接に向かわなくてもいい場合があります。会社の創立して間もない会社などは、考え方が柔軟でスーツでいかないほうが印象が良くなります。また、フランクに会話がしやすいのもメリットといえます。また、私服であれば面接の間に、服装の事で話題が広がることがあるので、担当者と仲良くなれる期待ができます。ということで、転職活動は会社の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系の)面接時には私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。
  • 転職で、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に…

  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひチェックしてほしいポイントがいくつかあります。派遣に関しては、データの入力、その他雑用等をのようなものをなんとなく想像する方がおそらく多々ありますよね。私もそう思ってました。今、働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「担当してもらう業務は電話対応になります」と面接で派遣会社の担当者からも聞いていました。しかし、仕事に就くと、なんと「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を指示されました。何をしていいのかもよくわからず、はじめの説明とはかなり違っていたので非常に困っています。現在は、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。
  • 転職する場合、いろんな手段で情報を集めることが多いと思いますが、…

  • 転職活動を行う際、様々な方法で情報を収集することが多いと思いますが、転職についての口コミサイトは非常に有益です。以前、悪い口コミをサイトに載せられたと言って損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、会社の都合で退社させられた元社員の報復によってそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、解釈を変えると、投稿の内容が嘘であれば、会社としては気にする必要はないはずです。しかしながら、実際には『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、火消ししなくては!」と考えている可能性もあります。口コミサイトも炎上によって有名になるメリットもあるので黙認していますが、好ましくない口コミが多いというのは、その分入社してからトラブルに遭遇する覚悟をする必要があると考えるべきでしょう。というか、善良な会社だったら煙も立ちません。