転社を度々しないためにすることはただ一つです。

退職と転職を繰り返さないための対策は、シンプルです。

  • 転職を度々しないための対策は、とてもシンプルです。スキルを向上させることもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。今では、インターネットがあるのでメンタル面を強くするための自己啓発系の情報はたくさんあります。また、転職とは全然違う行動によっても、精神面を鍛えることが可能です。その典型例が「海外旅行」です。海外に旅行に行くと文化も生活習慣も違うことばかりなので、どんな瞬間も勉強になります。ですから、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。日本に戻ってくると、己の視野の狭さを実感し、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。その気持ちのまま面接を行えば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。ただし、退職してすぐは、精神的にまいっている人も多いので気力回復のために休暇も必要です。
  • 転職時の面接で着用するビジネススーツの色合いは、新卒の就活…

  • 転職時の面接でいるスーツの色合いは、新卒の学生が就職活動の際にに着用するカラーが安全です。ということは、黒や紺色の暗めの色合いになります。転職のケースにおいても、ビジネススーツの色はこういうダーク色が圧倒的多数であって、そうでない色のビジネススーツの人はほとんど見ることはありません。強いて言えば、グレーを着ている人がいるくらいで、全体的な割合をみても紺色や黒色とかのスーツがほとんどなので、人事側からしても黒や紺色であるほうが普通です。ですから、第一印象という観点ではぜひともそのようにしてくださいね。
  • 社会的な転職事情ですが、今の安倍政権によって、アベノミク・・

  • 昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。今の安倍政権下ではアベノミクス「三本の矢」といった新たな経済政策が複数、展開されています。経済政策が日銀の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や民間企業間でもあたらしい社会的な変化が出つつあります。その余波を受け、民間企業の側でも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による人手不足が社会では大きな問題となっています。また最近では、「外国人労働者」の比率を高めていくであると現政権は宣言しています。国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。
  • 転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を費やすほ・・

  • 転職期間中には、自分の好きなことに打ち込んだり、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いでしょう。いざ仕事を始めた時に、趣味に集中していたおかげでいつの間にか集中する力が上がります。加えて、体力アップしていることで他の社員さん以上に疲れない身体になっている、と認識します。ということで、退職して次の仕事を始めるまでは自分の趣味に集中することと、体力アップをしておくことをしておいて損はありません。今後、その会社であなたと同様の趣味の人と出会えれば、すぐに仲良くなれます。ですから、気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間中の時間の有効活用となります。
  • こうした話は知り合いから聞いた話です。

  • これは従兄から聞いた話です。始めに新卒で入社を強く望んでいた憧れの対象であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら内定を得ることができず、後に泣く泣く違う会社に入りました。そのあと数年後派遣の求人サイトをチェックしていた時偶然にもA社の紹介予定派遣の求人が目に入り、我慢できなくなってその時の会社をすぐさま退職し、A社で派遣の就業を開始、一生懸命頑張ってそれから先問題なくA社で正社員になり、現在においては仕事に誇りを持ちながらいきいきと仕事しています。
  • 転職サイトは大きなサイトであるほど多くの会社が掲載されているため・・

  • 転職サイトは知名度の高いサイトであるほどたくさんの転職情報が掲載されているため、入社したい2つか3つの会社を、まずはメンバー登録して、希望する勤務地や年収についてチェックを入れて、次に自動で案件の連絡が入るようにしておくと楽に転職についての情報収集を行うことが可能になります。しかしながら、初回だけは登録するのに少々手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録を行う初回時、少し時間がかかりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新規案件をチェックするだけでOKなので、後のことを考えれば、初めの段階できちんと準備することを推奨します。
  • 今まで私は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」で仕事を探していました。

  • これまで私は、転職サイトを利用するよりも、私はハローワーク派でした。というのも大手「転職サイト」は、いつも都心の求人情報だけだからです。なので、求人情報をリサーチする際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。もちろん、掲載されているいくらか企業や給料といった条件は見劣りしますが、古くから地域に根ざした企業もあり、都会以外での転職には役立ちます。また、「ハローワークを利用したことがないから不安」と思われている人がかなり多いと思います。思いがけず理想の企業もあるかもしれないので数年以内に転職を考えている人はハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。「転職サイト」を利用した時のようなたくさんの電話・メールに悩まされる心配もありません。
  • 転職活動をする上での最後に残る厄介な難問として、現職の退職があります。

  • 転職活動における最後の難問として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先が決定したとしても、今いる企業が、あなたを離したくないと引き留めることも珍しくありません。もしそうなってしまったら、何があっても退職する、という強固な意思を維持することが求められます。もしも会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一時辞めたいと思った会社は、最終的には関係が終わることになります。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届をつくっておきましょう。そのあとに、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と正直に伝えます。「円満退社」で現職を終えることも転職活動のひとつです。
  • 仮にあなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお・・

  • もしもあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において大都会から地方へと移住したうえで再就職してみたいと思っている方も少なくありません。最近では求人情報サイトをうまく活用すれば、郊外や地方の求人も簡単に得られますが、残念ながら地方や郊外での求人情報は、どうしても選択肢が限られてくるというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。なので、求人サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人情報サイトにプラスして、その地方の自治体や商工会議所のサイトもまめにチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する就業サポート系のイベントについても見ておくと間違いがありません。
  • 転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。

  • 転職活動を今の仕事と同時に行う人が多いです。しかし、忙しく仕事をしつつ求人案件を調べて応募したり、面接に臨むのは精神面も肉体面も大変だといえるでしょう。加えて、転職活動中は、今の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。深く考えずに応募する、という人がいますが、そのまま書類選考が通り、面接の段になって辞退すると面倒な事になるかもしれません。エージェントを通している場合はそのエージェントからの評価が落ちますし、他方自分で直接応募した場合も応募した企業から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。どちらにしても自分の大切な時間を浪費することとなるため、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。新卒の就活とは全くことなることを認識しておくべきです。