3日ほど前新しい仕事を見つけるために人材バンクへ登録をしに行きました。

昨日転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に行きました。

  • 仕事を探すために人材紹介会社へと登録に向かいました。そのとき登録カウンセリングをしに出てきた担当の方が見たところ仕事に慣れていない社員のようで、私が説明している話の5割も彼は理解できてないようでした。そのくせ「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておく必要性があります」とか、一丁前のことを偉そうにのたまうのでとてもイライラしました。カウンセリングをする人はある程度カウンセリングのスキルがある社員にしてほしいと思います。
  • 転職に先立ち今務めている会社を退社する時に失業保険についての手続きをしなければいけません…

  • 転職に先立ち現在勤務している会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、もし自分のほうから退職届を書いて会社を去る、いわゆる「依願退職」のときはすぐさま失業保険が給付されるわけではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経ないともらえないのです。ですので、会社を辞めたその翌日から3か月経過すればもらえると信じている人がいますが、この規則を誤って理解している人が、ハローワークの職員の方が間違っていると主張してそれが原因でハローワークの職員さんとトラブルになっているのを見たことがあります。加えて、自己都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けて直ちに失業保険をもらえます。
  • 就職活動において、年収は非常に大事なポイントです。

  • 転職活動中には、「年収」の話題が必ず出てきます。面接では、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで本当の年収より多く言って、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現職の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。なお、現在の年収が300万円の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえば普通はありません。もし、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円と伝えておくのが良いです。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、入社できたのを退職に追い込まれるかもしれません。
  • 転職サイトや転職エージェントを活用し、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。

  • 転職エージェントと転職サイトを活用して、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。そうとはいえ、転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、それに加えて転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、参加すれば多くの企業に関する情報を得ることができ、その上、その場にいるスタッフ(説明員)から、企業の個性を伺えるはずです。仮に、転職フェアに参加する機会があれば、面接を受けるのと同じようにしっかりと自分を売り込みましょう。それが奏功してフェア中に、企業から興味を持ってもらえたら、その後の面接の本番時に非常に有利になると予想されます。
  • 転職というものをしようと考えたとき、転職後の自身の年収を過剰に気にする人・・

  • 転職を考える際、転職後の年収を気にしすぎる人がわりと多いです。もちろん大部分の人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与として稼ぐべく仕事しているのはずです。とうぜん年収がいくらかは自分の社会的な価値を知る値でもあるので大切なものとして扱うのは当然ともいえます。しかし、愚かにももらっている年収の額に気にかけすぎるのもさみしい気がしませんか?それより収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的に満たされる可能性が少なくないからです。
  • 失業保険の給付に関して、職探しをしていることが条件になります。

  • 実際に失業保険の給付を受けるためには、求職活動をしていることの証明が必要になりますが、でも、現実的には「今まで忙しすぎたので、暫くは遊びたい」と思うのが現実でしょう。ですので、真剣に職を探しているように見せることができるので教えておきます。月に一回ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは必要ですが、「求人票」をチェックすることを必ず行わなければいけません。心の中では探す気持ちが出ないときは、「求人票」にさらっと目を通し、ハローワーク職員との面談時、「資格を生かせる仕事や、希望する求人が残念なことに見つかりませんでした」と相手に伝え、次の機会を探すというやり方もあります。
  • 求人情報を見る場合、デスクワークがしたいからと、はなから製造業を見逃してしまっています。

  • 求人誌を見る場合、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、製造業に目を通さない人がいます。そういったことをしている人は、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と誤解している場合もあります。事実、製造業の求人であっても現場に出る仕事だけでなく経理、総務などのスタッフ募集から、資材、購買、営業管理のような「オフィス系」に分類される仕事がたくさん存在します。ただ、製造業の勤務場所はビジネス街のような雰囲気はないのが正直なところです。ですから、嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、しかし、自分のこだわりを捨ててみることで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。
  • 将来に目を向け、楽しみながら転職活動と向き合えれ…

  • 将来に目を向け、期待をもって再就職に向けての転職活動と向き合っていけば、メンタルへの負担を抑えられるので、転職活動の間の堕落も避けられるでしょう。そのうえ精神的な箇所が元気なままでいれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つけられるはずです。理想的なのは、やはり、休職期間をつくることなく新たな勤め先を見付けることです。現在の仕事をしながら、転職探しをすることが、理想といえます。そのうえ、ブランクをつくらなければ退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そうすることで、仕事をしていない空白の期間がなく、履歴も傷がつきません。つまり、転職の時に不利になることがないということです。将来を踏まえながら、円滑に転職活動を進めていきましょう。
  • 転職の時にする面接での身なりは企業側からクールビズで来てください…

  • 職を変える際の面接についてですが会社側からクールビズでお越しくださいと記載されている場合もあるようですが、クールビズで赴くのは実際は良くない印象になるのでは?と思ってしまう人もいます。クールビズの悩みを抱いている人に言いたいのが、クールビズで良いとされた面接に関しては伝えられた内容をそのまま行動に移したほうが無難です。色々考えすぎてしまい、夏真っ盛りの時期にスーツをびしっと着る格好をすると相手に不自然なイメージを持たれてしまいます。ですから、クールビズでもOKと記載されていたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。
  • 派遣先が決定しました。仕事の1日目に営業を担当している…

  • 派遣でのお仕事が決まりました。就業初日に派遣会社の営業担当の方と就業場所の近くにあるコンビニエンスストアで合流する約束だったのですが、彼がなぜか約束のお店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと考え店内に入ってみたところ、こともあろうに雑誌売り場の前に座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開けて読んでいるではないですか。こんな担当者のお仕事なんて絶対嫌だと感じて、挨拶することもなくこっそりとお店の中から出て即刻派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。