転職のための面接を受けに転職希望の会社へ伺いました。

転職のための採用面接に赴いたときのことですその日に限っ…

転職における面接に転職したい会社へ訪ねました。偶然会社の部屋が空いていないとのことで会社外で面接官と待ち合わせで採用面接をし、その場所で解散をして、面接をした方も会社に帰らずそのまま帰宅するとのことでしたが、なんと自宅最寄駅が私と一緒。それで電車内においても面接担当者と一緒に話しながらいっしょに帰ることになり、すっかり緊張が解け面接の時よりも込み入った話ができて、それが奏功したのか幸運にも採用をゲットすることができました。

もしも転職することを、現在の職場の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと…

もし再就職の前に、今働いている会社の人たちがあなたの退職を知ると職場の状況が一変するかもしれません。働く環境によってこれまで通りに行くこともありますが、意地悪される可能性もあります。さらには、残業時間をわざと増やされてしまうことも考えられるので、むやみに「転職します」と周囲に伝えるのは注意が必要です。なので、回避するために在籍中は、真面目に誠実に振る舞いましょう。充分に警戒しておけば、良い関係をギリギリまで残したまま、最高の形で仕事を辞められます。さらに、何の問題もなく円満退職に至れば、退職後も、相談ができるチャンスも手に入るはずです。規模や業界に関係なく、どこの企業も人とのつながりが重視されるので、辞める前のトラブルは、なるべく回避しておきましょう。

女性の再就職については、一昔前とここ最近とでは多少の違いがあったりします。

女性が再就職するに当たり、一昔前と今とで多少、状況が変わりつつあります。一昔前は面接の場で会社側から、結婚観や出産予定などのことに関して、ごく普通に女性たちに質問していました。ところが、今ではそのようなデリケートな内容は、セクハラに該当するとして聞くのを避ける会社が増えています。そして、名の知れた大企業ほど、この手の質問を露骨に避けるようになっています。ですが、会社側としては、はい・いいえ、で返答するのではなく、その女性の考え「結婚後も働きたいのか」育休の取得が必要なのかどうかなどを把握しておきたいとは思っています。自身の考えを理解しておいてもらうためにも、志望動機・自己PRとともに伝えることで、相手側にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると思うのです。ということで、聞かれていない内容でも、こちらから気を遣って話していくことを考えてみてください。

転職活動では、事前に求人雑誌を閲覧したりして転職したい会社を調査するでしょう。

転職活動を行うにあたっては、まず、ハローワークの求人票を閲覧したりして関心のある会社をチェックするでしょう。しかし、その会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、コンサルタントからアドバイスを受けている可能性が高いです。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す特徴があります。そして、不都合な内容を公表する場合は、遠回しな表現を好みます。そのような会社情報や社員のインタビューについては、額面通りに捉えるのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。仮に美辞麗句を信じて会社に入った場合、「こんなはずじゃない!」とあとでガッカリすることになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、いろんな文句をつけて退社できないようにしようとします。ブラック企業では、この手のことが多いです。

転職先で会社見学しておけば、すごく勉強になります。

転職候補に挙がっている会社での会社見学に参加するとすごく参考になります。とくに、職人さんのいる会社ではスキルを近い距離で見られるので楽しくなります。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、ゼッタイに見学者には、通常通りの現場を見せることがまずありません。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカーなどの職種です。個人のクセが強い業種であるため、仕事を始めてみるまでは、本来の姿は伺えません。ですから、仕事=見学内容と思わないことがとても良いです。加えて、会社見学の時に実際に仕事体験できる会社はキケンなので注意しておいた方が良いです。入社していない人間には、問題が起きたとしても、保証はありません。仮に、勧められても丁寧に断るのが無難です。

将来転職活動をされるなら、良いと思う求人(もしくは業界)…

転職活動をされているのなら、気になる求人(業種)を見た際にしっかり「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントからはその業界に関するマイナス要素について、知ることはできません。もしも、やましい箇所がある場合は、ネット検索を活用することですぐに多くの事例に触れられるはずです。そうした手間を惜しんで仕事を始めてしまうと、のちにしっぺ返しを食らう可能性が高いです。だいたい求人が出されていた理由が「内容がキツイから人が辞めて穴が開く」といったケースが多くを占めるため、気になった業種について、納得するまで下調べをして応募するようにしましょう。

再就職先を探している間は、知らず知らずのうちに時間が有り余っている分、…

転職期間中は、ついつい時間に余裕がある分、ダラダラと過ごしてしまいがちです。しかし、そんな風な過ごし方は避けたほうが賢明です。というのは、だれた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響があるからです。ですから、いつの間にか働く意欲がなくなり、生活が苦しくなり困ってしまうかもしれません。そうなってしまうと、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の勤め先を見付けることが難しくなってしまいます。再就職先を決めることができないのは、もらえるお金を最優先に考えてしまうからです。給料を最優先に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そのため、お金に縛られない生活を始める為にだれた生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

新しい仕事を探すのに、とにかく会社を辞めた後でという考えを持っている人もいるようです・・

転職活動をスタートする際、とにかく現在働いている会社を完全に辞めてから転職しようと考える人もいますが、辞めてから転職活動をする際にはボーナスがいつもらえるのかを事前に確認しておくのが無難です。社員にボーナスを支給する会社は山ほどありますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが支給される日まで長くないのであれば、ボーナスが振り込まれたのを確認してから会社を去るという方法も得策です。ボーナスはなかなか大きな額なので、もらい損ねたら損ということも言えるでしょうから、会社を辞めるときにはボーナスが支払われる時期について一度確かめておくと得策です。

自分の得意なことや好きなことを仕事にしたいと考えている人は注意が必要です。

自分の好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は注意が必要です。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私自身、食べることが本当に好きだったのですが、以前は、飲食業界に勤めていました。そのお店での業務は、そのお店で担当していた業務は、盛り付け作業やホール業務です。この業務内容に関しては、嫌なこともなく楽しんで働いていました。しかし、職場の人間関係に悩まされました。そのことが理由で、仕事をやめましたが、その影響で、大好きだった食べることやその飲食店で提供していた食べ物も嫌になってしまい、似たような飲食店にはしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、それを実現させることは素敵なことだとは思います。その『好き』のレベルはどれくらいなのか、改めて自分と向き合う必要があります。

安定的な人生を手にするべく正規の雇用社員として働きたいと考えている…

より安定した暮らしを手に入れるために正規の社員になりたい人は多いと思います。ところが、役立つスキルを身に着けたりして相当に頑張っているのに中々正社員として雇用されることが実現しないこともあります。非正社員の求人情報があるのに正社員の求人情報に固執し、エントリーしない人も少なくないでしょう。仮に、中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、契約社員に応募することも視野に入れてみてください。契約社員を募集している企業であっても、働き手の活躍の度合いによって2,3年で正規雇用への転身ができる可能性もあるからです。ですから面接時にこうした可能性を尋ねておくと人生設計が立ちやすいはずです。