私たちの労働環境は、今後どんどん考えなくてもできる作…

近い将来、私たちの労働環境においてみるみるうちにシンプルな作業は…

将来、私たちの労働環境においてみるみるうちに考えなくてもできる作業は機械によって最終的には必要な労働力はどうしても減らされてしまいます。そのワケは、単純作業という観点では人の手を借りるよりも機械のほうが比べられないほどすぐれているからです。例えば、数量をカウントしたり、同一の動作を延々と繰り返すことは機械にとっては何の苦もないのです。当たり前のことながら人と違って愚痴も言わず、ペースが変わることもなく適当にすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一化できるメリットもあります。そして、「人件費」も発生しないのです。こういった点から、生身の人間を使う意味がまったく無さすぎるため、機械化が無理はありません。

いい企業の社員になりたいと転職活動をしている人というのは・・

今と違った会社がいいと転職活動をする場合、「一刻も早く採用通知がものにしたい」と考えがちです。が、そういう気持ちで通知を欲しいあまり、自身をより大きく見せたり、またその逆に過小評価にしかならないことは、できるだけしないようにしましょう。そうではなくて、焦る気持ちはガマンして、冷静になりつつ、自分にピッタリな職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでの経歴が生きるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める場所を賢く選んでみてください。

はじめて「失業保険」をもらう場合、じっとしていれば給付されると思っている人が…

生涯初の失業保険をもらうケースでは、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人がとても多いですが、それは間違いです。実際には、失業保険の給付を希望通りに受け取り続けるためには、求職活動を続けていることが条件で、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月ごとにハローワーク職員との面談を通じて、真面目に仕事を探していることを信じてもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。これに対し、きちんとで仕事を探そうとしていないと判断されたり、毎月の職員との面談欠席した場合は、情け無用で給付の一時停止となったり、酷い場合はその後の給付資格も消失するおそれがあるので十分注意しましょう。

失業によって得られる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、…

失業時の助けになる「失業保険」は、失業状態でなければもらえませんが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。それまで働いていた期間によってかわり、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、世の中にはこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業中である限りもらえると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り大急ぎで仕事探しを始めてもうまくいかない可能性は高いでしょう。転職を希望する会社の面接担当も無能ではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった内容はそこそこ察しがつくでしょう。ヘタをすると、面接時にそういった質問をされるキケンもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、受かるのは難しいでしょう。

このところ私は派遣の会社に入っています。

今、私は派遣の会社に登録しています。インターネットサイトでなんとなく興味を引かれる仕事を探し出して応募しようとしたところ「残念ながらその仕事は、他の方で話が進んでいます」と断られてしまい瞬間的にサイト上から仕事の情報がなくなるのですが、なぜか翌日になれば元に戻っています。それって要するに私ではよくないのだという意味ですよね。それであるならばカドが立たない程で正直に教えてくれるといいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいはもしかすると偽のお仕事なのでしょうか?

転職をスムーズなものにするには、事前に意味のある情報を収集することをしておきましょう。

転職を成功させたいのなら、戦略を立てながら情報を集めることを徹底してみましょう。そうするにはこの頃は企業の名前も知らないような小さな企業も公式サイトで企業を紹介している会社が多いから、インターネットの機能を活用して気になる点をチェックしておくとまたその企業のわからないこと等を解消しておくと相手の会社を知るのが容易です。さらに公式サイトに加え、転職サイトなどを上手く利用することも良いかもしれません。さらに、インターネット以外の方法として、転職を考えている希望の職場を自身で判断するのも大事です。

いよいよ転職することを考えているのなら、今の職場での納得いかない部分・・

今からでも転職活動をするに当たっては、現在の仕事・業務の何に不満を感じているのかを明確にしておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。不平が大きいから転職しようと思っているはずです。しかし「しっかりと業務の客観的に考えた問題なことを書き出す」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗を防げます。それを終えたあと、仮に転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後の急激なモチベーションの低下は防ぐ事が容易になるはずです。

転職活動を進めるには、それなりの準備は必須です。

転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、目に見える「ファッション」は気になっている人も多いと思います。ただ、近年の企業面接では形式ばらない服装がOKな企業があるので、しっかりスーツを着て赴く必要がない場合もあります。とくに創業したての企業などは、フレクシブルな考えをしていることが多く、私服の方が相手先に良い印象をあたえます。そして、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすい、というメリットもあります。さらに私服だと、面接の際に、洋服の話もしやすくなりますから、面接担当者へのアピールにもなります。というワケで、これから転職は企業の「創立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人・・

これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人に注意してほしい箇所があります。まずはじめに派遣社員に関しては、「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」といった業務内容をなんとなく想像した方が少なくないとは思います。最初は私自身もかつてはそう思っていました。現在の会社に入るまでは「電話対応が主な業務」と入社前に派遣会社の担当者からも聞いていました。しかし、実際に入社したとたん、「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務をやってくれと言われました。知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめに説明された内容とは全く違うので日々かなりきついです。今はただ契約期間が終わるのを待つだけです。

転職活動をするにあたっては、いろんな経路で情報を収集することが多いと思います・・

転職する場合、様々な手段で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトを利用しない手は無いです。以前、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。辞めさせられた社員の腹いせとしてそのような口コミが投稿されていたという見方が一般的ですが、逆に言えば、ウソの書き込みだったのなら、会社としては気にしなくてもいいはずです。しかし、実態は『クロ』で「このままではマズイと思い、火消ししなくては!」と思っているかもしれません。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、その分入社してからトラブルに遭遇する心配のあると判断して良いはずです。というか、いい会社には煙なんて立ちません。