数日前新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へ登録に出向きました。

昨日転職の準備をしようと人材会社へ登録に向かいました。

昨日転職の準備をしようと人材バンクへ登録を行いに行きました。登録するときのカウンセリングをしに出てきた担当者が見たところ入社間もない新入社員で、こちら側が説明している話の5割も理解していないように見えました。それに加えて「キャリアデザインに問題があります」とか「自分の強みは何なのか考えることが大事でしょう」とか、知ったかぶりに横柄に話すので非常に不快な気分になりました。カウンセリングを担当させるのはある程度社会人を経験している方にするべきです。

転職を行う際、現在勤務している会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、…

転職する際、現在勤めている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、自己都合で退職届を出して会社を去る、いわゆる「依願退職」であった場合は直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きをしたのち、失業したことが認められてから3か月経つこことが必要なのです。よって、会社を辞めた翌日からちょうど3ヶ月で受け取れるワケではありません。この規則を間違って理解している人が、ハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでその結果ハローワークの担当者と口論になっているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、退職者の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定されてすぐに失業保険をもらえます。

就職活動において、年収は非常に大事なポイントです。

就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。面接の際、現職の年収だけでなく、将来的な希望年収額についても質問されるはずです。年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、仮に一度は信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ず後からバレてしまいます。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収を設定することです。ちなみに、現在の年収が300万円の人が転職後に500万円となる可能性はほとんど無い、と見ておくべきです。たとえば、現在の年収が430万円であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくべきです。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、直後に退職しなくてはいけなくなる恐れもあるので、気をつけましょう。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用し、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

転職サイトや転職エージェントを使用して、転職活動する人は年々増加しています。しかしながら、転職の幅を広げたいのであれば、それに並行して転職フェアを利用するのがいいでしょう。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、一度足を運べば一度に複数の企業の情報を得ることができ、その上、説明員等を通じて、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。今後、転職フェアに行く際には、面接を受けに行く心構えで自分をアピールする準備をしておきましょう。それが功を奏してフェアでの交流を通じて、企業から気に入られれば、その後の面接の本番時に有利になることが期待できます。

転職について考えた場合、転職先での自分の給料について気にする人が…

転職というものをする場合、転職先となる職場における年収について気にしすぎる人がそこそこ多くいるようです。もちろん大部分の方は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を手に入れるべく仕事しているとは思います。したがって自分自身の価値を測る指標でもあるのでとうぜん大切なものとして扱うのは当然ではあります。しかしながら、必要である以上に年収の額ばかりを気にかけすぎる人生というのも寂しい気がします。よく見れば収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な成長を遂げられるチャンスはゼロではないからです。

きちんと失業保険の給付を受けるためには、仕事を探していることを証明しなくてはいけません。

きちんと失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、職探しをしている姿勢を見せる必要があります。とはいえ、「ハードワークから解放されたし、とりあえずはゆっくりしたい」と思うのが正直なところでしょう。ということで、本気で職を探しているように見せる方法があるので紹介しましょう。月に一度のハローワーク職員との面談は当然必要ですが、その場にて、求人票の閲覧は最低限やらなければいけません。本気で探したくないときは、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、ハローワーク職員との面談の際に、「納得できる条件の仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人が意に反してありませんでした」と相手に言い、次の機会を狙いましょう。

求人に関する情報を見る際、事務系の仕事が希望だからと…

求人情報をチェックする時、例えば、オフィス系の仕事が希望だからと、はなから製造業をあまりチェックしていませんが、そんなことをする人は「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と勘違いしている場合もあります。事実、製造業での求人でも、現場作業者だけでなく、経理、総務、人事などのスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理といった「事務系」に準ずる仕事もたくさん存在します。でも、製造業の勤め先自体、ビジネス街から離れた地域に構えていることが多いですからその箇所がマイナスと思うかもしれません。そうであったとしても、自身のこだわりを捨てることによって素晴らしい人との出会いによって、将来をより良いものにしてくれる可能性もあるのです。

楽しく過ごしつつ、転職と向き合っていけば、精神的な負担が減るので…

将来に目を向け、楽しみを見出しながら再就職に向けての転職活動をすることができれば、精神的にも転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられます。おまけに精神的な箇所が良好な状態のままであれば、あまり時間をかけることなく新たな転職先も見つかるはずです。最良なのは、やはり、休職せずに新しい職場を見付けることが重要です。現在の仕事と並行しながら、転職探しをすることが、良いと思います。そのうえ、隙間のない探し方をすることで、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。こうしていれば、職歴にも空白期間ができることがないので、履歴書にもキズがつかなくて済みます。要するに、転職の時に不利になることがないということです。将来的な展望を踏まえつつ、転職活動を進めてみましょう。

再就職の時にする面接での身なりは企業側からクールビズでも大丈夫で…

転職の面接において企業側からクールビズでお越しくださいと連絡が来るケースもあります。しかし、なかには、クールビズで赴くのは本当は良くないのでは?と疑う人もいます。そのような思いを持っている人たちに進言したいのは、企業側からクールビズで良いとされた面接のときは言われたことを素直に聞き入れたほうが無難です。混乱してしまい、真夏なのにしっかりとスーツを着ると逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、会社側からクールビズ可と記載されていたらクールビズで良いのです。

派遣会社での仕事が決定しました。

派遣での仕事が決まりました。勤務の初日に営業の担当者と就業先の近所にあるコンビニで合流することになっていたところ、彼がどういうわけか約束したお店の前にいないから店の中にいるのではないかと思いコンビニエンスストアの中に入ってみたら驚くことに雑誌のコーナーに座り込んでいやらしいグラビアページを開いてみているではないですか。自分の担当者がここまで酷いのは願い下げだと思って、挨拶することもなくこっそりと店内から出て即刻派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。