転職のための面接に希望先の会社へ行ったときのことです。

転職の採用面接を受けに行きました。

  • 転職の面接に希望先の会社へ行ったときのことです。社内の会議室や応接室が空いていないとのことで外部の場所で面接をする方と待ち合わせて面接が行われ、その場で解散ということになり、面接官も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったわけですが、なんと自宅からの最寄駅が一緒。それで電車の中でも面接を行った人とずっとおしゃべりをしながらいっしょに帰宅することになって、緊張がなくなって面接より話が弾み、それが良かったのか最終的に採用を獲得することができました。

  • 転職することを、今勤めている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると…

  • 転職する前には、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の雰囲気が一変するかもしれません。場合によっては、これまで通りに行くこともありますが、妬みなどから意地悪されることもあります。さらに、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、むやみに転職のことを口にするのはあまり良いとは言えません。上記のトラブルを避けるために、仕事をしている現場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。注意をしておくことで、良い空気のまま気持ちよく会社を辞められるはずです。また、円満退職となったなら、辞めた会社にあなたが何かあったときに相談できるチャンスにも恵まれるでしょう。規模などに関係なく、どこの企業も、人とのつながりはとても大切であるため、仕事を辞める前のトラブルは、できるだけ回避しておきましょう。

  • 女性の転職に際して、今現在と一昔前では少なからず、違ってきている点があります。

  • 女性が再就職するに当たって、一昔前と今現在とは少し違いがあります。前は会社側から結婚の予定や出産後の方針についてごく一般的なこととして女性たちに質問していたのですが、現在は結婚や出産などについては、セクハラと捉えられるのを恐れて、質問しない会社が増えています。世間に名の知れた大企業の場合は、あからさまに避ける傾向にあります。ただ、企業側は、〇か×といった形ではなく、その人の価値観、結婚した後は退職するのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、知っておきたいと思っています。自らの将来設計を知っておいてもらうためにも、志望した動機や自己PRと一緒に伝えることで、面接官にも認識してもらえ、また、モヤモヤも解消できると思います。なので、聞かれていないことでも、こちら側から会社にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いでしょう。

  • 転職を行うとき、はじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を閲覧したりし…

  • 転職活動の際は、始める前に、求人雑誌やウェブ上の求人情報を見たりして働きたい会社について調べるはずです。当該会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、コンサルタントから指導を受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す特徴があります。たとえ公開したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような類の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。もしも美辞麗句を信じて会社に入った場合、「こんなはずじゃない!」とあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、いろいろと難癖をつけて退社させないように画策しています。そのような「ブラック企業」の求人には関わらないことが大切です。

  • 転職したいと考えている会社で見学しておけば、かなり勉強になります。

  • 転職候補に挙がっている会社で会社見学などがあるととても参考になります。そのなかでも職人さんのいる会社ではスキルを間近で見られて楽しくなります。そのような「職人」がいる会社見学は、見学者にはたいていの場合、普段通りの現場を見せることはまずありません。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働です。この分野では、個人のプライドが強いので働きだしてからでないと、本来の姿は伺えないものです。ですから、仕事=見学で触れた内容と解釈しないことがとても大切です。さらに、見学時に実際に仕事体験ができる会社はかなり問題がありますから選択肢に入れるのはオススメできません。正規雇用が結ばれていない場合、万が一万が一何かしらのトラブルが起こっても、保証はありません。万が一、勧められても角が立たないように断りましょう。

  • あなたが転職活動中に、良いと思う求人(もしくは業・・

  • あなたが転職活動をされているのなら、気になる求人(OR 業種)があれば、忘れず「〇〇業、ブラック」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票や転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界のマイナスとなる面は、教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、やましい箇所がある場合は、インターネット検索を活用することで一発でおおまかな実態を理解できます。そのような現実を知らずに仕事を始めてしまうと、あとから入ったことを後悔してしまうおそれがあります。そもそもその求人が頻繁に出ている理由が「業務内容が厳しく、人がなかなか定着してくれない」といった場合が多くを占めるため、目に留まった案件について、疑問点を払拭した上で、応募することを心がけましょう。

  • 転職期間ではついだれた生活になりやすいですよね。

  • 転職先を探している間は、無意識のうちに時間があるため、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。だとしても、そんな風な過ごし方を常習化させるのは危険です。なぜならば、ダラけた生活が普通になると、「メンタル面」にも悪影響が出やすいためです。いつの間にか働く気力がなくなり、お金が回らなくなって困ることにもなるでしょう。そうして、負のサイクルができてしまい、転職をしたい会社がきちんと見つけられなくなります。転職先が決められなくなるのは、お金を第一に考えるようになるからです。お金を第一に転職先を探すことになるとやりがいを求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラけた姿勢は、転職活動中には必要ないのです。

  • 転職活動を行う際に、まず勤務先の会社に退社の意向を伝えてか…

  • 転職活動をスタートするときに、まず今働いているところを辞めてからと思っている人もいるようですが、そうであるなら次のボーナスがいつ入るのかを気にしておきましょう。ボーナス支給がある企業は山ほどありますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスをもらえる時期まで少ししかないのなら、ボーナスが支給された後で会社を去るというやり方も賢い方法です。ボーナスだとそこそこ大きな額なので、手に入れなければ損ということも分かりますから、転職しようと思ったらボーナスが支払われる時期についてまず確認しておいた方がスマートなやり方です。

  • 自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は注意です。

  • 得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は注意が必要です。これは、私の実体験なのですが、私自身、もともと食べることが趣味でそれが高じて、過去には、料理店(レストラン)に勤めていた時期がありました。そのお店での仕事内容は、そのレストランで私が担当していた仕事内容は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この業務内容に関しては、不満もなく楽しみながら仕事ができていました。けれども、人間関係にとても悩まされました。そのことが引き金になり、職場を去ることになったのですが、その結果、あんなに大好きだった食べること、そしてその店でメニューとして扱われていた食べ物さえも苦手になり、その系列の飲食店はしばらく経った今も行けません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。仕事に就いた当初、大好きだった店が嫌いになってしまいました。得意なことや好きなことを仕事にしたいと夢見るのは本当に素敵ですよね。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、真面目に問いただした上で行動するべきです。

  • 安定した生活基盤を送りたいと正社員になりたいと考えている・・

  • より安定した生活基盤を手に入れるべく正規社員を狙っている人はかなりいらっしゃるはずです。しかしながら、相当な努力をしていても、中々正社員としての転職が実現しないこともあります。契約社員や派遣社員の求人募集は結構あるのに正社員の求人募集以外はそっちのけでもやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。仮にあなたが、中々正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、非正社員の募集もチェックしてみましょう。企業によっては、実力次第で、2,3年で非正規雇用から正規雇用への転身を狙えるところもあるからです。面接時に「正社員登用」の有無を聞いておくようにすれば良いでしょう。