再就職の時に絶対に書く必要がある履歴書や職務経歴書などに関しては、…

再就職する際に準備する必要のある履歴書や職務経歴書などに関しては・・

  • 再就職しようとする際に絶対に準備しないといけない履歴書においては、ほとんどは自筆ではなく、パソコンで作成するというのが普通です。今の日本では履歴書はパソコンを用いずペンを使って用意するというのが一般的だと捉えられているようですが、それは新卒の就活やアルバイトについてであって、実際には、転職においては100%絶対に手書きでないといけないと断言はできません。手書きの方を高く評価する時もあるようですが、違う場合がどんどん増えてきているようなので、手書きでなくても良いケースはけっこうあるのです。

    世の中は便利になったものでPCを見ればネットの世界で…

  • とみにスマートフォンは便利でネットのエリアには、いわゆる「転職に関するサイト」と呼ばれるものが無数に点在しています。その数限りないサイトから自身に見合った転職先を見付けるために、まず、情報を集めることから始めましょう。転職サイトをきっちり活用することで、スムーズな転職先探しができます。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながら確かめてみてください。

    転職の活動中はとにかく、まず何よりも自分の内心が沈着で・・

  • 転職の活動を効率的にやっていくには、最初に常に心のうちがスッキリしていることをとても大事にしたいものです。会社で働きながら転職の活動をする場合はそれほどはそうでもありませんが、退職の後にするのだったら、人というものは気持ちが焦ってしまいます。なので、慎重に活動してみましょう。自身でやってみたい仕事や、自分が働いてみたい職場のイメージをハッキリイメージしておきましょう。実際の職場とのそれらが合致しているかどうか、再度、冷静になって考えてみてください。しっかり考えることで満足いく転職が実現します。

    求人関連の情報では、ほとんどの場合、たいていの株式会社で・・

  • 求人広告には、大部分の場合は大部分の会社では月の給与がしっかりと記載されていますよね。ただしこの月収の項目を頭に入れる時には、注意して確認する事が必要です。その値だけで納得しないほうが良いです。何故かというと案件によっては、月収の中身が「毎月20時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。つまり残業代を含めて計算することで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも考えられます。また「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている所もあったります。こういった応募者を増やそうとする会社にはスルーしておくのが無難といえます。

    万一転身の意思を固めたのなら、まったく社内の人にはこっそ・・

  • 万が一あなたが、現職からの転職を思い立ったのなら、周りの人間には内密にそれを伝えずに首尾よく活動していき、転職先が決定していないのなら、あくまで社内の人間に知られないように普段どおりに業務をこなしていくのがとても堅実です。働いている間、この点を意識しておけば、もし転職先探しに見付けることができなくても、転身を保留しながら、現職をそのまま続けても容易にできます。そうではなくて、軽率に、「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周囲はそれを受けた態度を取り始めます。さらに「辞めるつもりです」と口にしたら、「あの人は辞める予定の人」と確定します。そういったシチュエーションのあとで、転職したい思いが冷めて、「やっぱり辞めないことにしました」と釈明しても、周りの人は、「一度は辞めようとした人」とあなたを見るので、在籍しているあいだ、肩身の狭いと感じることもあるでしょう。

    再就職によって職場を一新するということは、自分に見合…

  • 再就職で勤め先を新しく替えるということは、自分自身に合う居心地の良い場所に就職したいものです。職場を変えれば自分の向いている仕事にありつくことができるかもしれません。が、実際に行動するとなると、相応の努力が求められます。逆をいうと、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」に近い転職に巡り会えることも可能、ということです。今は、職業選択の自由が社会的に普通に認知されているので、退職を決断し転職しても偏見を持たれる心配もありません。組織と人との関係が薄まりつつある現在は「スキルのある人材が欲しい」と願う企業も増加していますので、この好機を有効活用してみてください。

    昔働いていた会社でのことですが反りが合わない上司に悩まされ…

  • 働いていた会社ですぐにきれる上司に憂鬱な気分にさせられ、我慢することができなくなって退職し、同業者である別の企業へ行くことにしました。その会社では気分よく仕事ができとても満足していましたが、月日の経過とともに会社の財務が悪化し、ついにはある会社に経営統合されることとなったのです。奇遇にもその統合した先の会社がなんと前働いていた会社で、感じの悪かった上司が再度私の上司になるそうです。いったいこれはどれほどご縁があるのでしょうか。当たり前のことですがもう一度転職活動をやり始めています。

    私は20代で転職を2度経験して、現在、資格の勉強をしながら・・

  • 20代前半に転職を2回経験し、いまはいくつか資格を取得するため、派遣社員になりました。常勤の勤務を選択しなかったのでやはり給料は安くなりました。ですがその分、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。たまに、学生時代にいくつか資格を取得し、仕事に活かしたかったという思いもあります。身近にそういった人を見てしまうと私もこうなりたかったと感じます。以前は、成功している人と自分との違いに劣等感を感じていましたが、しかし現在は、結婚してから、生活そのものが大きく変化し、前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、自分の人生に満足できるようになりました。

    今の自分の職場・業務内容についてほとんどの人は不満を感じていると思います。

  • 今の自らの勤め先や仕事に対する何かしらの不満を感じることがあるはずです。「自分のスキルや仕事での能力を正しく評価されていない」だから、「給与は変わらないし、昇進も出来ない」といった内容が多くを占めると思います。けれど、気持ちは分かりますが、そういった悩みを持った人のなかには自らの力量を実際よりも「過大評価」してはいないか、再確認しておく必要があります。過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と休職期間が伸びるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。可能性があるので、注意しなくてはいけません。なので転職で好結果を出すためには、「本来の自分の能力」を客観視することが大切です。

    今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして・・

  • 現代では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、会社名が公表されたりと厳しく罰する傾向にありますが、完全には至っていないと考えられます。面接で見破る方法があります。ともかく、求人票に書かれている労働条件に目を通し、それぞれの項目について遠慮せずに質問しましょう。相手がブラック企業であれば、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、結局は答えられなかったり逃げの姿勢に入ります。特に給与と残業、休日に関しては、質問責めすると、渋い表情を見せるケースが多くあります。それでもめげずに尋ねていくと、ふてくされたような態度を見せ始めるため、会社の本当の姿に気づきます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。