私たちの社会的環境において、これから一段と考えなくてもできる仕事は…

この先、より一層短絡的な作業は機械化が進行し、最終的には…

  • 将来、着実にシンプルな作業は機械に交代させられていき結果として、労働力は減少させられてしまいます。その理由は、考えなくてもできる作業という観点ではヒトよりも機械でやったほうが圧倒的にすぐれているからです。例えば、数をカウントしたり、同一の作業をリピートしたりすることは機械では当然何の苦もないのです。当たり前のことながら人と違って泣き言は言わないし、肉体的な疲れもないし、適当にすることもないし、正確だし均一化できる強みもあります。さらには人と違って、給与が発生しないのもメリットといえます。このような理由から、労働力として人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械にシフトされるもの自然の流れなのです。
  • 違った企業に入りたいと転職をする活動をしている中の人の大半は…

  • 今と違った企業がいいと転職活動をする人の大半は「できるだけ早く、採用通知が欲しい」と思ってしまいがちです。しかし、そのために通知を得たいばかり、自身の能力を必要以上に大きく見せたり、対称的に過小評価につながることは、出来るだけ避けましょう。焦燥感をグッとおしころして、冷静になりつつ、あなた自身の能力にあった職場探しに専念することが重要なのです。これまでのキャリアを活用できるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる場所を賢く探していきましょう。
  • 生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人・・

  • 生涯初の失業保険を受けるときに、何もしなくても受け取れると考えている人が多数派ですが、それは誤解です。実は、求職活動を行っていなければならず、さらに、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月周期で職員に求職活動の状況を報告して真剣に仕事を探していることをわかってもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。もしも、就職活動をしていないと見なされたり、月に一度の職員との面談に不参加なときは、決まりとして給付の一時停止の措置を取られたり、ケースによってはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないよう充分に注意しましょう。
  • 失業した際に給付される失業保険は、失業中であることが給付のため必要ですが…

  • 失業した際にもらえる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが、給付期間が決まっています。それまで勤務してきた期間に応じて違い、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、世の中にはこれを知らない人が一定数います。失業を続ける限りもらえると勘違いしていつまでも遊んでいる人を見かけるが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから急に職探しをしても良い結果にならないのは言うまでもありません。転職を希望している会社の面接官も無能ではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」といった箇所はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。状況次第では、面接官から失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。しどろもどろになると9割がた受かりません。
  • 今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。

  • このところ私は派遣の会社に登録しています。ウェブサイト内で気の向くままに気になる仕事を見つけて尋ねてみると「そのお仕事はすでに別の方に決まりました」と言われ一時的にサイトからも仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、その翌日見るとまた情報が掲載されています。これは要するに私ではダメだという意味ですよね。そうであるならば最初から変に隠さないくらいに正直に伝えてほしいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。あるいはまたひょっとしてダミーのお仕事なのでしょうか?
  • 転職することをスムーズなものにするには、事前の行動をしましょう。

  • 後悔しない転職を目指すのなら、前もって徹底した情報を集めることが不可欠です。今を見るとたとえ中小零細企業であろうとも公式ホームページで会社を紹介しているケースがとうぜんだから、インターネットの機能を利用して自分が気になる点を手に入れるとまたその企業の疑問などを解消しておくと良いでしょう。また、公式サイト以外にも「転職サイト」の情報に目を通しておくと意外な発見があるはずです。そのほか、インターネット以外の方法として転職を考えている希望の職場を自分の目で判断するのも大事です。
  • そろそろ転職しようと思うのなら、直近の業務や業務での納得いかない部分、不満に思う部分を…

  • そのうちでも転職活動をするのなら、現状の職場や仕事の何に対して不満を感じているのかを明確化する事が良いです。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。そもそも不満な点が大きいから転職したいと考えているのは分かります。しかし「しっかりと現状の仕事・業務の客観的に考えた問題なことを書き出す」ことを多くの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでのミスを防げます。そして、仕事を変えることで「今より何が不便になるか」をしっかり想像してみましょう。転職したとしても、すべての問題が解決するとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職したあとのモチベーションの急激な低下は防ぐことができるでしょう。
  • 再就職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必要です。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、それなりに準備をしなくてはなりません。とりわけ目に映る「服装」は、注意している人は多いでしょう。けれども、今の面接では、私服がOKな会社も多いので、ビジネススーツを着込んで面接に向かわなくてもいいでしょう。とくに会社の創設して間もない企業などは、お堅い規則もないことが多く、私服の方が良いイメージを持ってもらえます。そして、正装ではないので、ざっくばらんに会話が出来るのも魅力です。また、私服だと面接時に、洋服について、相手との話が広がる可能性もあります。ですから、担当者へのアピールにもなります。ということで、転職をするつもりなら、企業の「創業年数」で選択し、(ベンチャー系などの)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。
  • 転職で、派遣社員」で考えている人にチェックしていただきたい…

  • 転職で、「派遣社員」を選択しようと考えている人にチェックしてほしい点がいくつかあります。一般的に派遣に関しては、お茶出し、データの入力などの雑務、雑用等をなどの仕事内容をぼんやりと連想する人がおそらく多いかと思います。最初は私自身もまさにそう思っていました。今、働いている企業に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「主な業務は電話対応になります」と面接で派遣会社から伝えてもらっていました。でも、働き始めると、なんと「電話対応」だけでなく、辞めた正社員の穴埋め役をやってくれと言われました。毎回振り回されますし、はじめの説明と大きな食い違いがあるので毎日非常に困っています。今は、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。
  • 転職するときは、いろんな方法で情報を収集することが多いと思いますが・・

  • 転職活動を始めるとき、様々な方法で情報を得るのが通常だと思いますが、転職に関する「口コミサイト」は、かなりオススメです。一時期、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせとしてそういった口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、異なる角度から見れば、ウソの書き込みであれば会社としては気にしなくてもいいはずです。あるいは、真実はクロで「真実が書かれているので、はやく炎上をしずめよう」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い内容の口コミが多く目立つのは、その分入社してからトラブルに遭遇するリスクが高くなると判断するのが妥当だと思います。そもそも、良い会社にはトラブルは起こりません。