新しく就いた仕事で自身のこれまでの能力を発揮できれ・・

新しく就いた仕事で今までに身に付けたスキルが生かせれば…

  • 新たな勤め先で自身のこれまでのスキル・キャリア生かすことができれば、即戦力として仕事をすることができ直ぐ職場にも馴染めるし、それはつまり会社側もそのような人材は常に必要なので、タイミングさえ良ければ、うまく事が運びやすいといえます。しかも、これまでの職場と似た仕事内容なら可能性は十分にあります。ですが、そこそこ能力があるといっても大手企業の事務職系や公務員系の募集は、時代・景気に関係なく相当な競争率となるのは違いないでしょう。

    長く接客業で務めていたのですが、歳をとるにつれて立ち続ける必要のある仕事は…

  • 長年にわたり接客関係で勤め続けてきたのですが、年齢的に立ち続けるお仕事は体力的につらく、座って仕事を続けられるオフィスワークへの転職を考えて活動しました。事務未経験の場合なかなか難しくて、それなら接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと資格も合格し個人クリニックに転職しました。周囲はベテランの先輩パートさんばかりで人間関係においても難しい。夜のシフトばっかり押し付けられ、接客業で働いていた頃より帰宅も遅いのですが、とにかく今はキャリアを形成しなければいけないと考えて仕事を続けます。

    派遣会社を通して働く人がだんだんと増加しています。

  • 仕事をするために派遣会社に登録する人が徐々に増加する傾向にあります。派遣社員として働く場合は、派遣先の会社から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に支払われるのかを面接の際に確認しておきましょう。派遣会社は、社員を必要な企業に派遣してその見返りとして、手数料を徴収する形を取っています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることがほとんどです。50%以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、情報をひた隠しにする業者も多く、酷い派遣業者では、労働者に3割しか還元しなかった、ということもかなりあります。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、不都合な点を隠す傾向が強いので、可能な限り別の派遣会社を利用すべきです。

    もしも転職をするなら事前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。

  • もし転職を考えているなら、転職前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格取得しておけば、転職時に有利に働くので新しい仕事も探しやすくなります。ですから、在職中であり、かつ転職活動前の段階の資格取得が良いタイミングです。もしあなたが転職を目指しているなら、就きたいと考えている仕事に役立つ資格を取ると、仕事を辞めた後も後悔なく次に進めます。それにプラスして、資格取得後は転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接時に面接担当者に即戦力になる人材だと印象付けることができ、これまでの職場より待遇も良くなる可能性があります。

    新卒で入社した会社を離れ、勇気を出して転職しました。

  • 新卒で入社した会社を退職し、転職すると決意しました。実際に退職する前後は、長い間将来のことを考え不安になりました。でも、会社をわずか数年で辞めて、多数の人が転職をしていることを自身の転職活動のなかで理解したことで、いつの間にか不安な気持ちは解消されていきました。1度、転職をすると自然と肩の荷が下りる気持ちを実感し、「自分のやりたいこと」が再確認できて楽しくなりました。いまだに「辞めずに続けることが普通」といったような転職に対するマイナスイメージもありますが、私のケースでは転職を決断してよかったと心の底から思っています。

    「就職エージェント」大手には、多くの案件を扱ってい・・

  • 「就職エージェント」の大手になると、潤沢な案件を取り扱っているというメリットがありますが、他方、転職希望のライバルも多くなる、というデメリットも存在します。気になる企業を探し出したとしても、転職エージェント側が不可能だと判断すると応募してもらえないことも多々ありますし、企業から見て自分よりも評価の高いライバルがいれば、そちらの人を優先することもあります。大手エージェントの場合は、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱っており応募することが難しいので、策略を変えてもっと規模が小さいエージェントに対し、希望する会社や案件に関して相談し、応募できないか相談してみると、自分のために動いてくれることもあるので、そのように活用するのも一つの手でしょう。

    今の自分のスキルが有利にはたらくように転職したいと思っているなら、…

  • 自分のスキルを有効活用しながら、就職活動をしようと考えているのなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種と比較的、再就職が難しい業界がある事を知っておいてください。転職がカンタンといわれる業種は、たえず人材不足がいわれている医療・介護業界が代表でしょう。医療や介護では、それぞれ看護師・介護士の「資格」が必須であるため、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、仕事のきつさから、他の業界へ再就職したいと思っているのなら、要注意です。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性は現業界よりも少なく、したがって、簡単に考えないことが大切です。異業種への転職を本気で考えるのであれば、異業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、覚悟しておいたほうがよさそうです。

    この前、転職したばかりだというのに、早期に退職を決意してしまう人…

  • 少し前に転職をやっとしたばかりだというのに、入ってすぐに退職してしまうケースがわりと少なくないのです。何故そうなるのかと思うと私見ですが新たな気持で転職先の仕事環境を手に入れたはずなのに「自分の思っていた仕事と堪えられほど違っていた」「こんなはずではなかった」といった感じで退職を決意するのだとか。このような、転職先選びでの失敗をしないためには、とにかく前もっての情報収集を徹底するほかありません。徹底して行うべきなのです。通勤に掛かる時間、昇給システム、などいろいろ前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

    転職の際に必ず受けることになる面接では、中小企業だっ・・

  • 転職希望者が受ける面接では、小企業クラスの場合大体、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、それ以外のケースもあるはずです。具体的には、今後職場でかかわりの深くなる作業部署の一番偉い人、という具合に中間管理職である部長や課長が面接の場にいることも珍しくありません。とりわけ営業系や事務系といった部署に転職するのなら、資格を通じた見極めが難しいので、やはり自分をアピールしていくことが必要であり大事なことです。面接担当から「この候補者はハッキリ自己主張できるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を印象付けることが大事になります。

    「シフト制」の仕事に関する話です。

  • 「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、同じ曜日に入れる人を募集している求人をよく見ますが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方、休み方についてはあらかじめ確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、以前に私自身が、産休で休む人の穴埋めとして、正社員の仕事についたのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトだったのですが、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った前任者が土日は休むことなく出勤していたので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。なので「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変更してもらう必要があり、上司に「代わりに出ていただけませんか?」と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。今思えばよく我慢したな、と自分でも驚きです。