先週転職先を探すために人材紹介会社へ登録に行きました。

先週新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社に登録に行きました。

この前転職先を見つけるために人材会社に登録に向かいました。そこでカウンセリングの際に出てきた担当者が見たところ経験の少ない社員のようで、私が説明している話の5割ほども彼はわかっていないようでした。それにもかかわらず「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「きちんと強みと弱みを明確化することが大切でしょう」とか、一人前のことを横柄にのたまうので非常に不快でした。カウンセリングを担当する人はそこそこ仕事の経験がある人にしてほしいと思います。

転職をするために現在勤めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが・・

転職をするために今務めている会社を辞める時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、仮に自分からすすんで退職届を提出して会社を去る、いわゆる自己都合退職の際にはすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3か月経つこことが必要なのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると信じている人がいますが実際に勘違いしてしまった人が、本当はもらえるはずだと言い張ってその結果ハローワークの担当スタッフと揉めているのを過去に見たことがあります。念のために付け加えておくと、退職者の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けてから即座に失業保険が給付となります。

就職活動において、年収は絶対に無視できません。

就職活動において、年収はかなり大事なポイントです。面接では、現職の年収に加え、将来的な希望年収額も尋ねられるでしょう。本当の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。「源泉徴収票」が必要となり、一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結果的にウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収を設定することです。例をあげれば、年収300万の人が転職して500万円となる可能性は通常あり得ません。仮に、現在の年収が430万円であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが間違いがありません。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社できたのをその後、退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

転職サイトあるいは転職エージェントを使用して、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを用いて、転職活動をする人はますます増えています。さらに、より確実に良い仕事を探したいのであれば、その上に転職フェアに参加してみるのはいかがでしょうか?多くの企業が一堂に会することから、参加することで多くの企業について知ることができ、そして、そこで説明してくれるスタッフから、企業の個性を伺えるはずです。今後、転職フェアに参加するのであれば、1次面接に挑戦するつもりで自身をアピールする場と思っておきましょう。仮にフェア中に、企業側から魅力的な人材、と思われれば、後日実際の面接時に有利になることが期待できます。

転職というものを考えるとき、そこでの自分の給料について気にする人が…

転職というものについて考えた場合、転職したあとの年収ばかりに気を取られる人がけっこういるようです。大多数は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費をもらうべく仕事に打ち込んでいると思います。したがって年収は自身がどのくらい評価してもらえるか、という見方もできますから、とうぜん大切なものであることは当然なのですが、しかし、愚かにも年収の額に執着しすぎる生き方というのも考え気がするでしょう。それより年収に反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることがあるからです。

失業保険の給付においては、就職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。

失業保険の給付については、職探しをしていることが必要なのです。が、実際は「ハードワークから解放されたし、しばらくはのんびりと過ごしたい」というのが本音でしょう。というワケで、きちんと求職活動をしているように、見せる方法があるので紹介します。毎月の「ハローワーク」での面談は当然ながら必要ですが、その場にて、求人票の閲覧は最低限しておきましょう。本音では探す気力がないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、(ハローワークスタッフとの)面談時に「労働条件のいい仕事や自分がやっていけそうな仕事が今回はありませんでした」と相手に伝え、次の機会を探すという方法もあります。

求人情報を見る際、「事務系の仕事をしたい」という人は…

求人サイトをチェックする時、デスクワークが希望だからと、はなから製造業を見逃してしまっています。そんな人の多くは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と誤解しているのです。製造業の求人でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務といった従業員募集をはじめ、資材・購買や営業管理等の事務系の部署もたくさんあります。しかし、製造業の仕事場はビジネス街から距離があるので、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、しかし、自らのこだわりを捨ててみることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

楽しみながら再就職と向き合えれば、メンタル面での重荷も少ないので・・

楽しみを見出しながら再就職ができれば、メンタルへの重荷を抑えられるので、転職期間に堕落はしないですみます。そのうえメンタルが健全な状態であれば、すぐに転職先も見つけられるはずです。最良なのは、やはり、休職期間を作らずに転職先を見付けることです。今の仕事を辞めずに新たな仕事を探すのが理想です。おまけに、隙間のない探し方をすることで、退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。こうしていれば、職歴にも空白期間が無いので履歴も傷がつきません。すなわち、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。先を見据えて、転職活動を進めていきましょう。

転職をする際の面接でクールビズで来てくださいとと伝えられることもあるようです。ですが・・

転職の面接において会社側からクールビズで良いとと伝えられる場合もあるようです。しかし、クールビズで面接に行くのは駄目なのでは?とマイナスに考える人もいます。クールビズに関する迷いを抱え込んでしまっている方々にアドバイスしておきたいのは、企業側からクールビズで来るように言われたのであれば、伝えられていることを素直に聞き入れたほうが無難です。混乱してしまい、夏真っ盛りの時期にクールビズでないと相手に不自然に思われますから、企業側からクールビズでも大丈夫ですよと事前に聞かされたのならクールビズで良いのです。

派遣会社でのお仕事が決定しました。

派遣の仕事が決定しました。仕事開始の初日に派遣会社の営業の担当者と就業場所の近くにあるコンビニで落ち合う約束をしていたのですが、彼がなぜか約束した店の前にいないから中にいるのかもしれないと考え店の中に入っていくと、担当者はこともあろうに雑誌のコーナーに座り込んでいかがわしいグラビアのページを開けてじっと見ているのを発見!こんな人に担当されるなんてやってられないと考えて、声をかけることもなくこっそりとお店の中から出てすぐさま派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。