退職・転職のコラム記事

転職時の面接のときにする腕時計の事についてですが、目立つようなタイ・・

再就職する時に行われる面接で着用する腕時計は、ビジネスの場らしからぬ目立つタイプの時計はしていかないほうが安全といえます。この場合の目立つ腕時計を詳しく言えばブランド物の腕時計であるとか、といったことだけではありません。逆に安い腕時計の印象を与えるとか、そういった意味であって真逆で目立つのだと思い浮かべておいてください。
退職・転職のコラム記事

退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は、とてもシンプルです。

転社を繰り返さないための術が一つだけあります。スキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、転職を繰り返さなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を鍛えるのには良い情報はいつでも知ることができます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全く異なる行動によっても、精神面を鍛えることが可能です。
退職・転職のコラム記事

このように現在の企業の雇用事情の変化に当たって、全世代の中…

このように近年の会社や企業の雇用形態の変化に関して、社会人の中で若者たちほど関心度が高いといわれています。おそらく、先行きを見据えようとしているのでしょう。なので、働き手などの「流動化」が活性化しているので、より後々世代に関わらず転職の注目が増えると考えられます。
退職・転職のコラム記事

新しく就いた勤め先で今までに培われてきた能力を活かせられれば、…

新しい職場で、これまでに培われてきた資格やキャリアを活かすことができれば、即戦力となってすぐ職場内に自分の居場所ができ、それはつまり雇い主も即戦力は常に必要なので、時期さえあえば、そこまで難しいものではありません。それに加えて今までの仕事内容と同じ仕事内容なら転職は非常に楽になるでしょう。
退職・転職のコラム記事

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が必ず必要です。

転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が必須になってきます。大多数の企業は履歴書及び職務経歴書に書かれている内容を元に面接するかどうかを判断するため、とにかくこれらの書類の作成が重要です。単に穴埋めするだけにとどまらず、記載内容が充実していることも大切です。
退職・転職のコラム記事

今後、私たちの社会的環境においてどんどんシンプルな作…

私たちの社会的環境において、これからみるみるうちに単純作業は機械に差し替えられていきその変化によって必要な稼働人口はどうしても削減させられてしまいます。なぜなら、単純労働では、人間の手を借りるよりも機械でやったほうが数段に利便性にすぐれているからです。例えば、数をカウントしたり、同一の手順をずっと繰り返したりすることは機械なら何の苦もないのです。当たり前のことながら人と違って不平不満を言わないし、疲れることがありません。また、不正をすることもないし、早いし均一化できるのも魅力です。
退職・転職のコラム記事

再就職しようとする時に必ず必要となってくる履歴書や職務経歴書などについてですが…

再就職しようとする時に用意する必要がある履歴書については、基本的にはパソコンを用いて作るのが主流となっています。現代の日本社会では履歴書や職務経歴書はパソコンを用いず手書きで作成するというのが一般常識と思われることもよくありますが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトやパートの時に準備する履歴書であって、転職のケースは履歴書や職務経歴書は手書きじゃないといけないとは言えないのです。
退職・転職のコラム記事

再就職を考える場合、万事都合よく運ぶという確証はありません。

仮に転職活動をしたとしても、全てが都合よく運ぶという保証はありません。可能であれば、どちらにしても転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちに出来るだけ早く行動に移すべきでしょう。それには少なくとも20代の若いうちはかなり有利ですが、残念なことに、30代後半~40代に入ってしまうと転職活動全般は、相当に難しいといえます。
退職・転職のコラム記事

転職における採用面接にある会社に伺いました。

転職の採用面接を受けるためある会社に訪ねました。会社で会議室が空きがないということで外部の場所で面接官との待ち合わせをして採用面接が行われて、その場所で解散し、面接をした方もそのままそのまま自宅に帰るとのことでしたが、ビックリしたのは下車する駅が私と一緒だったのです。
退職・転職のコラム記事

先日転職のために人材バンクへ登録を行いに行きました。

先週転職活動の一環として人材バンクへ登録に向かいました。そこで登録するときのカウンセリングの際に出てきた担当者が見たところ入社間もない新入社員で、こちらが説明していることの半分ほども彼は理解ができていない様子です。それに加えて「キャリアデザインを考え直した方がいいですね」とか「もっと自分の強みを知る必要があります」とか、ベテランのように偉そうに言うのでとても嫌な気分になりました。