退職・転職のコラム記事

転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書が必須といえます。

転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が大事です。ほぼすべての会社は履歴書だけでなく職務経歴書に記載されていることによって面接するかどうかを決めるため、なによりもこの2枚の書類の作成が大事なポイントといえます。ただ穴埋めするだけでなく内容を充実させることが大切です。
退職・転職のコラム記事

将来的に、私たちの社会的環境においてより一層短絡的な作業・・

将来的に、私たちの労働環境においてどんどん単純な仕事は機械に交代させられていきそして、労働力は少なからず減少していきます。なぜかというと、考えなくてもできる仕事は人の手を借りるよりも機械でやったほうが圧倒的に分があるからです。例えば、数をカウントするとか、同じ作業を延々と反復したりすることは機械では当然何の苦もありません。もちろん人と違って不平不満を言わないし、疲れないし、誤魔化すこともないし、正確な作業ですし、均一化できるメリットもあります。
退職・転職のコラム記事

転職をする場合準備しないといけない履歴書などに関してですが・・

転職をしようとする際に絶対に書かないといけない履歴書などについては、だいたいは手書きではなく、パソコンを用いて作るのが普通です。日本国内では履歴書や職務経歴書についてはパソコンを使ったものではなくペンを使って準備するのが一般常識と思われることも多いですが、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトやパートの際に準備する履歴書であって、転職の時は履歴書は100%手書きでないといけないと言い切ることはできないのです。
退職・転職のコラム記事

転職を目指そうとしても、万事うまくいく保証はありません。

仮に再就職するにも全部が順調にいくワケではありません。できればそのうちに転職するつもりならあなた自身が若いうちにできるだけ早く行動したほうが良いです。それには少なくとも20代のうちは成果があがりやすいですが、30代後半~40代になると転職活動は、とても厳しいものと理解しておくべきです。
退職・転職のコラム記事

転職における面接に希望先の会社へ向かいました。

転職における採用面接に転職したい会社へ向かいました。会社で会議室が空きがないとのことで外部のある場所で面接担当者と待ち合わせて面接を行って、当該会場で解散し、面接担当者もそのまま自宅に直帰されるとのことでしたが、奇遇にも自宅最寄駅が私と同じ。ですから電車の中でも一緒におしゃべりをしながらいっしょに帰ることとなり、その結果打ち解けて面接よりお話が弾んで、それが功を奏したからなのか何事もないまま採用を勝ちとることができました。
退職・転職のコラム記事

先週転職先を探すために人材紹介会社へ登録に行きました。

新しい仕事を見つけるために人材バンクへ登録をしに行きました。そのとき登録するときのカウンセリングをしに出てきた担当の方が見たところ新入社員らしくて、、私の話の5割もわかってはいない様子です。しかも「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「自分の強みは何なのか考えるべきでしょう」等、経験豊富なベテランのように横柄に言い散らかすから大変不快な気分になりました。
退職・転職のコラム記事

再就職する際に行われる面接のときにつける腕時計の事です・・

再就職する時に行われる面接でする腕時計は、どう見ても目立つようなタイプの腕時計はやめた方が好ましいと言えます。この場合の目立つ腕時計を詳しく言えば明らかに高価なものだったり、といったことだけではないのです。その反対で安っぽいものに見えるとか、そういった意味であって両極端で目立つ、ということで頭に入れておいてください。
退職・転職のコラム記事

退職と転職を度々しないための術が一つだけあります。

転職を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。スキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返さなくなります。今ではインターネットを用いて精神面を鍛えるための自己啓発系の情報は直ぐに拾うことができます。さらに、転職とは全く異なる行動によっても、メンタル面は強化できます。
退職・転職のコラム記事

このように今現在の雇用事情の目まぐるしい変移をにおいて、全世代の中…

このように今現在の会社や企業の労働背景が大きく変化したことに際して、働きざかりの世代の中で若い世代ほど鋭敏に感じ取っているようです。おそらくは、転職と自らのキャリアアップを同時に思案しているのでしょう。なので、労働者・サラリーマンの「流動化」が顕著になっているため、加えて、今後、世代に関わらず転職への関心度が増加すると思われます。
退職・転職のコラム記事

新しく就いた仕事で自身のこれまでの能力を発揮できれ・・

再就職した会社で今までのスキル・キャリア生かすことができたら即戦力となって割と早く職場にも馴染めるはずです。それはつまり会社側も、即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえ問題なければ、そんなに難しいことではありません。しかも、過去の仕事内容と近い内容であれば、転職はとても楽になるでしょう。